退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1351: ピースボート入港、そしてアメリカのインフルエンザは果たしてコロナ?

2020-02-16 07:00:31 | アメリカ便り

おはようございます。

日本から帰ってきて3日目、今日も朝4時起きでした。

こんな状態が1週間ぐらい続くでしょうね。

日本から入ってくるコロナウイルスに関するニュースは悲観的なものばかり。

ドンドン感染者が増えて行っています。

そのうちに日本人もあちらこちらの国から入国拒否をくらうかもしれないです。

クルーズ船の外人達がようやくチャーター機で自国に帰れるようになったとのこと。

でも’どうしてもっと早くにこれをやらなかったんでしょうかね。

もう乗客乗務員3700人余り全員が感染していると思った方が良い勢いで感染者が増えて行っています。

そんな中、コロナウイルスが広がりを見せていた12月26日、中国アモイに入港したピースボートのオーシャンドリーム号がその後2月15日に横浜港、そして16日に神戸港に入しました。

アモイでも横浜港でも乗客は下船して観光したそうです。

神戸港ではどうなっているかはわかりませんが。

このことは一切ニュースとなりませんでした。

どうしてなんでしょうか?

12月26日と言えば中国全土にコロナウイルスが広がりを見せていた時期、そんな中そんなところに入港、下船し観光した乗客を検疫なしに横浜でも下船させるとは。

水際対策もへったくれもあったもんではない。

本気になって中国関与のすべての船、人は日本入国禁止にしないと、、、

更には今朝のニュースでは、中国富裕層の日本国籍獲得が裏で盛んにおこなわれているとのこと。

日本の医療を受けるためです。

中国のマスク支援で日本における、左翼地域が明らかになっている中、そういう地域で日本国籍を簡単に獲得させてくれる議員を通してこういった不正が起きているそうです。

日本土地買収、国籍獲得、中国のひそかな侵略はコロナウイルスエピデミックと言った機会をも好機にする中国人の’貪欲さを見せつけている感じです。

それに対して日本政府が打つ手もないのが(と言うか、手を打とうともしないのが)歯がゆいし、更にはそんな中国に対して手を貸す行為をしている日本の左翼は非常に腹立たしい。

ピースボートと言えば、左翼系と変な宗教が絡んだ得体のしれない団体が陰で運営している、‟友好ボート”。

名前は良いけど中身は何をしているかわからない。

そんなピースボート、私は10年ほど前に、世界一周99万円と言うチラシを日本の居酒屋で見て‟おっ、安~”と思い、中身も‟土地の人と友好を広めるのが目的”とか歌っていたので、友達と一緒にやろうかと話していた時期があった。

でもそのうちにピースボートを調べるうちに、”❓❓❓❓”と言うことになってやめました。

これに乗っていたら、私も変な宗教団体に加わり、変な思想を持つものになっていたかもしれません、、、、いや絶対ありえないけど。

途中で、腹が立ってケニアかなんかで下船なんてことになっていた可能性はありますが。

それから今朝のニュースではアメリカCDCがインフルエンザに罹った人にコロナウイルス感染のための検査をするように言い渡したそうです。

と言っても全部が全部ではないでしょうが。

これまで、アメリカ国内では毎年、1万人以上が‟インフルエンザ”で死亡しています。

今冬は今のところ1万3千人で、過去10年最高の死亡率を示しています。

実は昨日のユーチュブ記事では今までインフルエンザで済ませていた感染症がひょっとしたら、SARSとかMERSとかだったかもしれないという意見が出てきたと書かれていました。

ちょっと、ちょっとです。

ハブグレジュンタのマミー

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« #1361: 帰ってきました。さ... | トップ | #1352: 嘆かわしや、でも絶... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事