退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#776: 新聞にはこの時期、、、

2016-12-06 21:25:00 | アメリカ便り
我が家では長年セントルイスポストディスパッチという新聞をとっています。
セントルイスでは唯一の新聞で、他に選択肢がないためでもあります。
日本と違って夕刊はありません。
しかしながら、日本の夕刊って意味があるのでしょうかね。
夕刊がないからといって困るようなことはないと思いますが。
テレビでは“日本人総馬鹿番組”に押されながらもニュースもやっているし。

毎朝5時ぐらいに車から庭に投げられた新聞を名犬ジュンちゃんが、クッキーとの交換条件で取ってきてくれます。
時々寄り道をしたりするため、何回かいったりきたりしますが。
また時には新聞を加えたまま首を振ったりするため、新聞が庭に飛び散ったり引きちぎれたりします。
でもかわいいジュンちゃんのこと、何をやってもかわいいです。

そしてクリスマスが近くなる今頃、というかサンクスギビングからクリスマスの間、新聞にある連載が始まるのです。
その名も“100の援助が必要な家族”とでも言うのでしょうか。
もう15年はやっていると思います。

毎日3,4家族が紹介され、どうしようもないぐらい、そして、助けようもないぐらい貧困にあえいでいる家族が紹介されています。
どれも“助けてあげよう”という一般人の心をかきたてるように書かれています。

しかし何年も同じような記事を読んでいると、窮地に合っている人たちには悪いですが、“この人達って考えたことないの?”と思わずにはいられません。

記事のひとつを紹介します。
糖尿病、高血圧、リューマチをわずらった55才おばあさんが娘の8人の子供を育てています。
娘はドラッグ使用で刑務所に入っています。
8人の子供のうち、4人は障害を持っており、残りの4人もADH等の精神疾患を抱えている。
この段階で、この家族は黒人でおばあさんはオーバーウエイト、子供たちは父親が違うということが大体想像がつきます。
黒人と言ったのは私が別に人種差別者というわけではありません、トランプではないので。
40年の経験から現実的客観的な目で物事を見ているだけです。
アメリカ人、特に白人がこんなことを言っていたら、めちゃくちゃいわれるでしょうが。

そして、記事の最後で必ずドネーション(寄付)を募っています。

なんか私は、“かわいそう”と思うより、“腹立たしさを”覚えます。
なぜ金もないのに子供を8人も生むのだ。
金がそこそこそこある私たちでさえ二人しか生んでないのに。
子供をちゃんと育てたいと思う家族は2人か、せいぜい3人ぐらいで終わるのではないでしょうか。
医療費、学費が高いアメリカではなおさらのことです。
そんな本能的なことをなぜ考えないのかと思います。
自分がちゃんと教育を受けられなく、まともな仕事につけなかったと思うなら、どうして子供にはまともな教育を受けさせようとしないのでしょうか。
“そういう、一般人が考えるような能力が、こういった欠陥家庭には備わっていないのだ”という人が一般的と思いますが。
では聞きたいですが欠陥家庭はいつまでたっても欠陥家庭なんですか?
ヴィシャスサイクル(悪循環)はどうやったら抜け出せるのですか?
他人、政府から施しを受け続けていたって悪循環からは抜け出せません。
いつまでもサークルの中をぐるぐる回っているだけではなく、そこから力ずくで抜け出してほしいです。
昔、物理でElectron excitation(電子励起)というのを習ったことがあるけど、それと同じです。
パッと抜け出さなければいけないのです。

困っていない人の独りよがりでしょうかね、所詮。

サムとかえ子ちゃんのガラススタジオ







ハブグレジュンタのマミー



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #775: マイルで航空券 | トップ | #777:真珠湾攻撃の日に777 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
現実 (時次郎)
2016-12-07 12:40:03
周囲の人間次第でものさしが違います。

環境は大事ですね~

時次郎さんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2016-12-07 12:56:17
まさにそのとおりです。
私もよく書いていますが、“子供は環境の子”なのです。本当に環境は大事です。私の親は“環境何のその”で子供を育てました。私はそんな環境から抜け出したかったです。
そして私の子供には私が育った環境を味あわせたくないと思ってがんばってきました。その結果は?ですが。
Unknown (はまかぜ)
2016-12-07 23:40:43
アメリカでは車から新聞を庭に投げるのですか!
日本の新聞配達とだいぶ違いますね。
新聞の配達一つとっても国によって違うのだなと思いました。

子供は、育てられないのに8人も生むのはさすがにまずいと思います。
責任持って育てられる人数にしてほしいですね。
はまかぜさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2016-12-08 09:33:20
そうです。車から運転をしながら投げていくのです。昔は輪ゴム一本で丸めていたのを投げ込んでいましたが、この2,3年ほどはプラスティックの袋に入ったのが投げ込まれます。だから雨が降っていてもぬれてくっついた新聞を読まなくてもよくなりました:)
こういう人たちってそういった文化で育っていないのでしょうね。まったくの悪循環です。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事