退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1026: 毎日離婚を考えながら結婚記念日

2018-05-28 08:21:43 | アメリカ便り
金曜日は私たち夫婦の33回目の結婚記念日。
結婚式前夜、車の中で、“本当に結婚するのか”、“もうしょうがない、親戚が来ているんだから、するしかしょうがないだろう”てなことを話していたのが33年前。
結婚してからも、毎日“離婚”という言葉が頭をいったりきたりしながら33年。
自分でもよく続いたと思います。
これも子供たちのおかげと思います。
その子供たちも大きくなり、今度は孫(まだまるっきりその気配はありませんが)のために、毎日“離婚”を考えながらも夫婦でいくことでしょう。

本当に変な結婚、結婚生活です。
でも、こう思えるのも、私が独立しているからと思います。

自分の考えを持ち、いつ離婚してもよいだけの職(もう退職しましたが)を持ち、そしてある程度の蓄えを持ち(靴80足ばかりではありませんよ)、常に前を考えてきているからと思います。

最近、娘に彼氏ができたようで、娘はその人にメロメロですが。
“すごく、かっこいい”、“みんなに好かれていて、どうして私みたいなのが好きになったのかわからない”とか、いろいろいってます。
昨日はメールで写真を送ってきました。
“どお? かっこいいでしょう”と娘
“髪の毛が長いし、ひげ面だからよくわからない。お母さん切ってやろうか”と私。
その後、返事がありません。
昔から、私は一言多くて、それが時々命取りとなっております。
でもこの彼氏も来週からクリーブランド、オハイオに移っていきます。
麻酔科医の研修医だそうです。

娘には、“独立精神で行きましょ”と昔から言ってますが、“恋は盲目”、難しいでしょうね。

今日はこの辺で。

ハブグレジュンタのマミー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« #1025: 永遠の0 | トップ | #1027: 式 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~(^O^)/ (ぎこまめ)
2018-05-29 10:23:18
タイトルに思わずうんうんと頷いてしまいました~(笑)。
とは言っても、一人で生きて行く自信は無いし、わがままが通るのは夫だけなので、今は良しとしてますが。
一言多いの、私も直りません。(#^.^#)
結婚記念日 (onecat01)
2018-05-29 11:51:21
ハブグレジュンタのマミーさん。

 貴方のブログを拝見し、私も計算してみました。なんと、今年で48回目になります。

 計算しなくては分からないくらいですから、私たち夫婦は、結婚記念日なんて、頭からありません。だからと言って、「離婚」も考えず、惰性のまま、本日まで来ました。

 自分の考えを持ち、独立できる仕事を持ち、蓄えも持ち・・と、なるほど納得いたしました。

 妻も私も、そんなものなしで、怒ったり笑ったりしながら、生きてきました。もしかしますと、日本だったから、こんな私たちでも、生きてこられたのかと、改めて、日本という国に感謝いたしました。

 それを教えてくれた、貴方にも、感謝です。

 でも、娘さんの恋人へのコメントは、ちょっと余計でしたね。思わず吹き出してしまいましたが、褒めてもらいたかった、お嬢さんには、ショックだったのだろうと思います。

 これからも、貴方らしく、愉快なブログを綴ってください。
ぎこまめさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2018-05-29 23:32:00
コメント、ありがとうございます。
“自分(相手も)が良いと思う”ことが大切です。
私はアル中親父にボランティアー母の家庭で育ったため、独立精神が一般人より大きいと思います。それがいいのか悪いのかわかりませんが。私の子供たちは私のことをどう思っているのか気になりますが。娘にも良く話しますが、“自信”というのは訓練次第、考え方次第でどうにでもなると思います。
ぎこまめさん、訓練してみる?:) 
onecat01さんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2018-05-29 23:51:27
いつもやさしいコメントありがとうございます。アメリカは、誕生日、母の日、結婚記念日とかの“何とかの日”というのをしつこいぐらいやりますね。カード交換だけでもやります。誕生日なんか60歳過ぎたら、静かに過ぎ去ってほしいのですが。onecat01さんのところは仲がいいのですよ。私のところは仲が良いと言う訳ではないですが、離婚しなければならないほどの理由もない。誰かが言ってましたが、“離婚に費やすエネルギーを考えたら、しないほうがいい”。こういう風に考えなくてはいけないことは、仲の良い夫婦から考えるとかわいそうなことと思われるかもしれません。でも私には、帰る家があり、好きなことをやって、たまに長く日本に帰っても文句を言わない主人がいるということでよいのです。主人はどう思っているかわかりませんが。夫婦、家庭で何がいいかわからないのですよ。こんな母親を持った娘、息子が時々不憫に思えますが。これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事