退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1174: マッチングデイ

2019-03-13 08:04:42 | アメリカ便り
まずは一言。
日本政府は何やってんだ、まったく。
いつになったら馬韓国への制裁が始まるんだい。
まだ馬韓国からのたかり、ゆすり、ぼったくりが足りないというのだろうか。
何を待っているのか、まるっきりわからない。
日本国民はしびれを切らして待っています。
馬韓国が自爆するところを。

今日は久しぶりに主人と娘のところへ行ってきます。
それも‟あのボーイング737”に乗って。
737Max じゃないからだいじょうぶかな~と思いつつもやはり心配です。

さて、マッチングデイと言っても日本の皆さんはもちろん、アメリカの大部分の人も知らないでしょうが。
娘は5月に医学部卒業ですが、それと同時に全国の病院で研修医を始めます。
その研修医先選びのため、医学部4年の11月ともなると、生徒たちはインタビュー攻めにあいます。
30ぐらいの大学付属の病院にインタビューの申し込みをして、平均12,3のインタビューを受けるのです。
娘も11月から2か月の間に主にアメリカ中西部、東部の病院12のインタビューを受けました。

そしてマッチングをするのです。
つまり、娘が行きたい病院のランク付けをし、インタビューをした病院も娘のことをランク付けします。
そしてお互いマッチしたところへ研修医としていくのです。
例えば、娘は病院Aに行きたい場合、リストのトップにAを書く。
病院Aも娘を欲しければリストのトップに娘の名前を書く。
そしたら娘はめでたく病院Aで研修医をすることができる。
でもそのリストがマッチしなければ、どうなるか私は知ったことではない。
リストに3つぐらいは書くことができるので、何とかなるでしょうが、何とかならない人もいるそうです。
娘から先日、‟マッチングする病院がありました”と言う報告がありました。
インタビューが終わるごと、心配性の娘から、‟マッチングする病院がなかったらどうしよう”との電話があったことが遠い昔です。

今回の娘のところへ行くのは、そのマッチングセレモニーのためです。
次回は5月卒業式と引っ越し。
と言うことはアパートの掃除もしなくてはいけないだろうし。
これで最後かな?
娘に手がかかるのは。
いや、孫ができたらまた話は別でしょうね。

では、またまたジュンちゃんキキちゃんはお留守番です。

ハブグレジュンタのマミー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #1173: 3.11 | トップ | #1175:くだらないですが読... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mrs.Coron)
2019-03-14 07:52:09
国際裁判所への提訴も視野に入れ、
日韓請求権協定に応じるよう働きかけていく・・・云々。と
日本政府は言っていましたが、
なかなか行動が伴わない。
そうこうするうちに、韓国の裁判所が出したおかしな判決、日本企業の賠償やら差し押さえ、挙句は国連人権高等弁務官事務所へ書簡を送るという行動に出るようです。
日韓請求権協定など、無視続けて北へ前のめりになっている今の韓国政府。
どこまでお人よしのわが日本政府。
日本の常識が通じる相手ではないと
早めに行動してほしい。

本当に。 (ハブグレジュンタのマミー)
2019-03-14 23:45:08
歯がゆい日本政府の対応。いつもながらです。レーダー照射という我が国にとっては、韓国を叩きのめす最大の好機を逃してしまった。相変わらず、いいようにされている。つまり小国韓国になめられきっている。誠に恥じきことです。どうしてこなるんでしょう。韓国がこうなったのも日本政府自体が問題なのです。その失態を国民にも味あわせている。夢も希望もなくなります、今の日本は。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事