退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1336:

2020-01-08 14:02:31 | アメリカ便り

昨晩はまるっきり寝れませんでした。

と言うのも寝る前に見たブログ。

北海道の土地がいかに中国共産党によって買われているか、と言うブログでした。

私の北海道、いや日本が無くなっていく。

その恐怖のためでした。

そんな日本の中で相変わらず日本人は反日テレビ局による、馬鹿TV番組ばかりを見ているんだろうな~、と助けようのない気持ちに溢れました。

おまけにこれまた国会議員は100万円、200万円と言った自分の一生を台無しにするに値しないセコイ金額で中国との粘着がばれてしまうし。

昨日はイランが報復処置として弾道ミサイルを15発イラクの米軍基地に打ち込んだりしているのに。

日本は原油のほぼ100%を輸入に頼っていて、そのうち88%は中近東に依存(サウジアラビア38.6%、UAE25.4%、イランは4.3%)している。

そして日本に石油を運ぶタンカーの8割はイランのホルムズ海峡を通過するそうです。

更には年間1700隻(そのうち石油タンカーは500隻余り)もの日本所有の船がホルムズ海峡を通過している。

と言うことはホルムズ海峡は日本人の生活の要となるところなんです。

ここが閉鎖されるということは日本社会、日本人にとっては死活問題なのです。

そうです、日本人の大好きなお花畑日常から引っ剥がされるのですよ。

オイルショックが起きると。

電気は使えなくなる、車は動かなくなる、トイレットペーパーは無くなる。

平和ボケの日本人には耐えられないことが起きるんですよ。

それをいまだに憲法9条がどうのこうのだから。

護衛艦は派遣されても防衛省設置法の調査・研究の一環のためと言う口実の基、行動しなければいけない。

撃たれたら、‟これって撃ち返していいのかしら?”と考えているうちに護衛艦もタンカーも沈んでしまう、なんてあほらしいことが起きかねないことをわざわざ議会で決めてやがる。

現実に戻ったらいいんでな~い。。

クジラ捕獲の時みたいに‟リサーチ”なんて船体に書かれた世知辛い

 

 

護衛艦でホルムズ海峡ですか。

ここまで日本の政治家が現実離れしたものとなってきたのはどういうことなんだ。

あほらしい。

あほらしいついでに、ちょっとうちわ事ですが。

日本では介護認定を受けてどれだけ国にカバーしてもらえるか決まりますよね。

だから私も母に、❝認定士が来たらあれもこれもできないと言うんだよ❞と言ったものです。

それを負けず嫌いの母は❝大丈夫できますよ”なんて涼しい顔で答える。

そして❝ベッドに寝てみてください❞とか❝歩いてみてください❞とか言われると、無理してでもやっちゃうんです。

だから、その日の気分で要介護3が2になったりする。

これで財布からお金が余計に出ていくなんてことが起きてしまう。

そんなことがアメリカでも起きるということが、先日主人と義父母の会話を聞いていてわかりました。

主人:結局は親父のなんとかかんとかがカバーされなかったよ。だからプレミアムを払わされた。

義父よりは頭がはっきりしている義母:どうして?

主人:親父が認定士が来た時、あれもできる、これもできるといったから。

その後の義母と義父の会話は想像できます。

と言うことで、今日は寝れますよーに。

ロビンの井戸端会議

 

 

シーダーワックスウイング

 

 

ハブグレジュンタのマミー

 

 

 

コメント (13)   この記事についてブログを書く
« #1335: おかしいな、いつの間... | トップ | #1337:思い出すな~、あの時を。 »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mrs.Coron)
2020-01-09 06:16:14
北海道・南の島が中国に買い捲られ、
日本のリゾート観光地の建物なんかは、
いつの間にやら所有者が「中国」。
パナソニックが半導体事業を中国資本に売却。・・・・軍事に利用されるのは目に見えていると思うのです。
(松下幸三氏がどう思う)
安倍降ろしに躍起になる野党、
日本国を守るために「力を合わせる」と
いう基本中の基本を忘れていませんか?
って。
ロビンの井戸端会議を見習って
「有意義な」「日本の国益」になる
話し合いしてほしいです。
日本をなめたゴーンの記者会見。
あきれ返る正当化。
人格品格を自分で貶めていることに
気付かない「金の亡者」。
「悪いのは日本だ!」という韓国と同じ。

またまた愚痴ってしまいました。
m(__)m
Mrs. Coronさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2020-01-09 07:01:23
本当に昨今愚痴る種があり過ぎます。考えると寝れません。日本は60年代70年代に戻ってほしい。昨今あまりにも個人が物欲に突っ走り、日本文化の仁義、恥を忘れすぎている。ゆとり教育、‟他人の褌で相撲を取る”的観光大国重視故の日本欠落社会。どうしてこうなっちゃんでしょうか。古き良き日本がまだ残っていた43年前にアメリカにやってきた私は、日本に帰るたびに浦島太郎です。悲しいこっちゃ。労働人口だって、戦後人口6000万人で始まった日本社会を見ると、今の1.2億人は移民に頼らなくても十分たりるはず。無駄な働き口、例えば10メーターごとに存在する24時間営業のコンビニなんかを減らせばいいだけのこと。そして正社員を増やし、就業意欲を持たせ、まともな生活をさせればいいのです。そしたら、ニートやらパートなんてことにならなくて、もっともっとプロダクティブに暮らすことができる。社会、利益主義の会社が個人の働く意欲を喪失させているんですよ。だから労働人口がどうのこうの、移民が必要だなんてことを言っているんですよ。AIがもっと盛んになると、労働人口は40%削減されるとどこかで見たことがあります。そうなると、外国人労働者として大量に入ってきた移民はどうするのですか。韓国みたいに、後々‟強制労働で連れてこられた”なんて言われかねない。先が暗いです。すみません、Mr. Coronさん以上に愚痴ってしまって。でも明けましておめでたくないのは確かです。
Mrs. Coronさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2020-01-09 07:05:07

ゴーンはそんな欠落社会の良い見本です。
徹底的に裁いてください。そして今まで不正に頂戴した有り金、財産全部吸い取ってください。
一階の上は二階 (テレビとうさん)
2020-01-09 07:57:35
マミーさんは未だ、北海道訛りが抜けていないようですね。嬉しいです。

ところで、100万ベッコのカネで中共になびくイッカイの国会議員は放っておいても次は落選すると思いますが、問題はもっと上層部(二階以上)にあるので、厄介です。
ハブグレジュンタのマミー様 (ままちゃん)
2020-01-09 08:12:31
Ayn Rand女史の著書Atlas Shruggedを思い起こしました。彼女の示唆した世界中の国々がマルクス主義国家化されていく、云々、真面目であればあるほどアトラスのように全世界をその肩に背負って苦しむ市井の人々は、どうしたらよいのか、と言ったら、やはり小説中の人物、フランシスコ・ダンコニアのごとく、「肩をすくめればよい」のだろうけれど、その人々の中には、個人個人が自由主義・資本主義を擁護し、守っていくところを、逆に大きな政府のために働こうとする動きがあるのは今の世に似ています。日本もアメリカも、野党には策はなく、現政府への揚げ足取りに躍起となっています。

テレビとうさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2020-01-09 10:21:01
一階の上は二階に座布団5枚差し上げます。最高!! 本当に何国人のために政界にいるんだか分んない狸じじーはキックアウトです。
私の訛り、ハイ私道産子なんで。いいべさ。
ママちゃんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2020-01-09 10:39:25
私は本当に昨今の日本にはがっかりさせられることばかり。あまりにも平和であまりにも衣食住満たされている国民のなりの果てが、とどのつまりマルクス主義、チュチェ思想、共産主義と言った反民主主義に対するあこがれなんでしょうかね。馬鹿じゃねーの、とひとこと言いたいです。ママちゃんのブログを読んで安らぎを感じています。これからもよろしくお願いします。
Unknown (Mrs.Coron)
2020-01-09 17:10:51
松下幸三・・・・って誰?ですよね。
松下幸之助氏の間違い。
というのはお分かりいただいていると思うのです。
職に就くことをせず、親の年金に依存。
それをよしとした親の年代。
どこかの歯車がかみ合わなくなってしまった結果です。
その年金を支給されていた親が
亡くなったあとの自分の人生設計ができていない年代。
親の年代が悪いのか、
子の年代が悪いのか
とどのつまりが、
親が悪くても子は立派に自立するという
ものです。そうだと信じたい。
「人格」は成長過程で自分で責任持って
形成されるものだと信じたいです。
社会に生きていくのに
「良し」「悪し」「ちょっとした思いやり」を判断できる人格を持ってほしい。
・・・・と、グタグタ言いながら、
わが身を振り返ってみます。
二階・・・ (maru36)
2020-01-09 18:27:51
重ね重ね お詫び申し上げます。
私の実家が有る と言っても選挙区は違うみたいですが
あんな輩を当選させてしまい、誠に申し訳ない限り
誠に恥ずかしいばかりです。。。
maruさんへ (ハブグレジュンタのマミー)
2020-01-10 00:21:41
おはようございます。今年は少しゆったりとした生活を送るようできればいいですね。いつもいつも忙しそうなので、Maruさんの老体(失礼、私よりは若いですね)を心配しています。そうです、和歌山出身二階は悪いやっちゃー。でももっともっと悪いのがいると思いますが。今回の500.Com問題でどこまで行きつくか。期待してみています。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事