退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1069: 今日は何、“書こうかな~?”です。

2018-08-07 09:39:43 | アメリカ便り
只今、8月7日朝8時15分です。
豪雨です。
今朝のアニマルシェルターでのボランティアーはやめようかね。
と書いたところで、雨が小降りになってきました。。
こういう豪雨でも“シャワー”と呼ばれる、“蛇口を明けて、閉じて”、“ここは豪雨でも1寸先は晴天”なんてことがしばしば起こります。
雷がだんだん遠くなっているので、雨ももうやむかな?

今、日本では、東京医大の男性優位の合格判断、日本ボクシング会のチンピラ山根が問題になっているそうですが。

東京医大問題ですが、先日ユーチューブかブログか忘れましたが、女性医師が言ってたことに納得。

“男性優位はこの世界では周知のことです。まともに点数だけで入試を決めていたら、女性医師が多くなり、社会は眼科医と皮膚科ばかりになり、救急医やら外科医が少なくなる”。

やはり女性のほうが勤勉なのでね。
眼科医と皮膚科はアメリカでも9:00-5:00的な職業で、呼び出しやら緊急手術なんてことが少ない医療のため、なり手が多いそうです。
だから、娘も2年生が終わるときに受けた、STEPIというテスト結果で、点数が比較的高くないと皮膚科医などの楽な医者にはなれないそうです。
医者でも考えることは同じなんですね。
つまり楽な仕事のほうが良い。
わかります。
結婚して子供なんか生んだら、育児に家事大変だもの。
だって、男は頼りにならないから、ほぼ100%女の負担になる。
たとえ、医者という大変な仕事を抱えていても。

ここで日本の男性優位的入学に関して一言二言。
入試は正当に判断されるべきです。
それをしないと、入試のためだけに、その1点のために、極端に言えば幼稚園から勉学に(親にとっては多大な出費)一生をささげてきた子供たち(私にとっては勝手にやってくれといいたいですが)に対する正義がなくなる。

だからここはアメリカ式に、入試は*一応*正当に行い、入ってから振るい分けの判断ができるようなテストをしていけばいいのです。
医学部に入る前から“将来おきるであろうと言う推測”で合格の判定をしてはだめでしょう。

*一応正当*の意味:アメリカの医学部入学にはMCATというテスト結果以外に、大学での成績、ボランティアーの時間、推薦状、エッセイ、面接などなど、過酷な審査があります。
だから、そのたくさんある審査過程で、どの程度の不正が行われているかわかりにくい。

余談ですが、日本の韓流トップスター小室ケイが入ろうとする、ロースクールも上記のような小室ケイが絶対入らないような、過酷な入試プロセスがあるのですが。
裏口入学しかありえないでしょう、小室ケイが入れたのは。
昨今アメリカは弁護士が多くなりすぎていると、賢くないアメリカ人でも思うようになってきたぐらい、弁護士になるのが簡単になってきましたが、それでも“ニューヨークで弁護士の資格を取る”っていってますが、それほど簡単ではないでしょう。
でも秋篠宮家も、眞子様がどうしても結婚したいと言うならば、眞子様を勘当すればいいじゃないですか。
1億円以上の支度金として使われる、税金も払わなくてすむし。
そこまでしたら、きっと、小室ケイも“俺やめた。”と、金の切れ目が縁の切れ目になるのでは。
イギリスのエリザベス女王の兄弟(?)だった人もアメリカの離婚女性と結婚するために王室と手を切ったじゃないですか。
眞子様もそのぐらいの覚悟をしてほしい。
このぐらい欠点だらけ韓流と結婚したいのなら。

チンピラ山根ですね。
やくざの腰ぎんちゃく、韓国からの不法入国者、韓国に帰れ、としか言いようがないですね。
日大のアメフトの何とかと言う人、石破さんと同様、顔が良くない。
不細工とかいう問題じゃなくて、“信用できないずるがしこい”顔の持ち主、顔で損すると言えばそれまでですが、“顔は言葉以上に物言う”なんて言葉あったっけ。

PS.今日の夜か明日には義理のところに行っていた主人が帰ってくる。
最後の私の“蜜月”は終わりになる。
買い物に行こうっと。


ハブグレジュンタのマミー


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« #1068: サンフランシスコ講和... | トップ | #1070:北海道民に告ぐ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事