退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1245:反予防接種、もったいない。

2019-07-11 16:05:32 | アメリカ便り
今朝はジュンちゃんの髪を切って、ジュンちゃん、キキちゃんをシャンプーしました。
こういった半すわり作業って60才を過ぎたころから‟腰にくる”のです。
しばらく、腰の曲がったおばあちゃんみたいにフリーズ。
徐々に腰を伸ばしていって、ほっと一息。

2日ほど前から、咳、鼻水、ゼーゼーで‟肺炎になりかけているな”と思いすぐ、35年来の主治医に電話して、抗生物質を出してもらいました。

医者によって違いますが、私の医者とは長い付き合いなので、車運転してオフィスに行かなくても電話で事が済みます。

おかげで、今日はだいぶ良くなりました。あと4日間飲み続けます。
そのあと、近くのクリニックに行って血中ビタミンD濃度の検査。
と言うの4月に受けた11年ぶりの骨密度検査で骨が弱くなっていると言われたからです。
予約が取れ次第、骨の専門医に行ってきます。
40代で、歯のインプラントをした時に、歯医者が上顎に電気ドリルで穴をあけながら、‟いやー、君の骨は固いね”と言われたのに。

年を取ると脳みそも入れて、あちこち弱くなる。

血液採集までの2,3分、クリニックのオフィスで、‟Time magazine"を見ていると、”えっ”と驚く記事を見ました。
今年(1月から7月)のアメリカはミーズル(はしか)があちこちで蔓延しました。
28の州で、計1109人がかかったそうです。

そして、驚いたのは我がミズーリ州が、はしかのワクチン接種率が86%とアメリカ全土(92%)で一番は低いそうです。
ちなみに日本は96%(2017年)だったそうです。

やはり、ミズーリ州は遅れているというか、教育レベルが低いというか。
人口の95-96%がワクチン接種を受けていないと、有効性がないそうです。
と言うのもはしかにかかった個人は11から18人の人に感染する能力を持っているからです。

以前、ワクチン無用論者がイギリスで出てきましたが、宗教上の理由、選択の自由と言ったワクチンを受けない権利と合わせて、他人に迷惑をかけています。
迷惑だけだったらまだましですが、死に至らしめているケースもあります。

元サイエンティストとしての私の意見は、‟可能な必須なワクチンはすべてする”です。
最大限にサイエンスの恩恵を受けるのです。

ワクチンを受けない権利については次回にします。

ジュンちゃんキキちゃんと散歩から帰って来ると、玄関前にカラス蛇。1.5mぐらいありました。







キキちゃん。相変わらず大変です。





ハブグレジュンタのマミー








コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #1244:ホルムズ海峡 | トップ | #1246:宇宙人 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キキちゃん可愛いですね (あほうどり)
2019-07-12 10:28:06
ブログトップの画像はキキちゃんの舌がブレて写っているので少し怖い感じに見えているのでずいぶん違っている感じを受けていました。

当家も体重38キロの秋田犬が居ましたが癌があったのに個人病院の誤診で手遅れになり都内の大学病院で開腹手術をして痛い思いをさせたあげくに亡くなりました。

秋田犬は、人の言葉をよく理解して賢くて忠実この上なく、幾度も感動させてくれましたが 力が強くて家族以外に馴れないので今後を考えるともう飼えません。
 犬との生活はとても楽しく癒されます、マミーさんも今の幸せな生活を楽しんで、かつ、味わってくださいね。
アホウドリさん (ハブグレジュンタのマミー)
2019-07-12 10:54:29
コメントありがとうございます。
ブログトップはジュンちゃん(5歳半、31キロ)なんですよ。
似たような顔をしていますが、性格はまるっきり反対。キキちゃん(1歳半、22キロ)は相変わらず腕白です。大変です。
私は大きな犬が好きなので、秋田犬も好きですが、犬の方が頭がよさそうな感じなのでやめておきます。ジュンちゃんキキちゃんはオーストラリアンシェパードで牧羊犬です。もう35年間この種ばかりです。2代目の犬も癌になり、3回手術しましたが、ついにダメでした。死なれるのが嫌だからペットは飼わないという人が多いですが、私はペットのいない生活は今のところ考えられません。でも65才ともなると、ジュンちゃんキキちゃんが死んだ後、次の犬を飼う気力があるかどうか考えるようになりました。

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事