退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1110:お久しぶりです。

2018-11-05 08:35:32 | アメリカ便り
18日に羽田に到着して以来、忙しく日々を過ごしております。
22日にニューヨークの友達夫婦、主人と合流してから和歌山、札幌近郊と遊び歩いています。
流石に疲れてましたが、“リラックスは家に帰ってからする”、と言う友達の間接的催促を身に感じ、毎日出歩いていました。
和歌山では、高野山、那智の滝、熊野古道と、距離的にはそうでもないのに、ぐにゃぐにゃ、登り下りと言った、右側運転者には最悪の運転環境でしたがなんとか札幌にたどり着きました。
熊野古道もちょっとだけ。
ニューヨークの友達は京都で納経帳を始め、行く先々で300円を払って納経してもらってました。
“私も高知でやったな〜”。

千歳ではレンタカーを借りましたが、ここでもレンタカーのお兄さんに“コンパクトカーは無理だよ”。
ニューヨークの友達は“大丈夫だよ”、というものの、私も荷物と友達のご主人の体系を見なが、無理だと納得。
でも、次に大きな車となると、8人乗りしかなく、そうなると、値段が倍近くになってします。
友達夫婦は、コンパクトで良いと固辞するので、コンパクトで良いということになり、まずはひと段落。
ときや、レンタカーのお兄さんが、“あ、冬タイヤじゃない”。
せっかく苦労して荷物を車に入れたけど、また取り出し、また別のコンパクトカーに入れ直し。
さー行くぞ、と思ったときに、お兄さんが、“あ、この車はダメだ”。
そして、お兄さん、言ったのです。
“良いよ、8人乗りの車、コンパクトカーの値段で貸すよ”、と。
ラッキー、気持ちが変わらないうちにさっさとその場を離れました。
自宅までは支笏湖経由で。
紅葉が綺麗でした。温暖化の影響でしょうか紅葉が始まったのが遅いようです。
その友達夫婦も2日に東京に向かっていきました。
5日間ほど滞在するそうです。
計1ヶ月の’日本滞在となりますが、十分楽しんだと確信しています。

さて、アメリカに残したキキちゃんジュンちゃん。
期待に外れず、トラブルっ子となっているようです。
31日にキャシーから息子とガールフレンドの手に渡りましたが、キキは聞くに耐えない、悪行の数々(?)を繰り返しているようです。
昨日は息子の家からボミ箱を倒し、その上に登って柵を越えて逃亡したとのこと。
なんと頭がいい犬だ。
息子の近所の人が見つけてくれたそうな。
仕事をして、夜は学校に行っている息子、かわいそうです。

キャシーに頼もうと思いますが、キャシーが電話に出ない。
どこに行ったか、それとも‘居留守を使っているか。
キキは主人が選んだ犬だ!!!

ハブグレジュンタのマミー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« #1109:日本旅日記 | トップ | #1110:日本いろいろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事