退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1045: 東京裁判:渡部昇一氏「日本の歴史」から

2018-07-03 09:36:53 | アメリカ便り
私はほぼ毎日朝3キロ夕方3キロ歩きます。
もちろんかわいいワンちゃんたちのためですが。
犬でもいなかったら絶対にこんなことしないでしょね。
家でテレビを見ていたほうが良いって言って。

今まで長らく毎週火曜日の朝に隣の芝生の草刈に来ていた人たちはメキシコ人だったのですが、最近はいつの間にか白人に変わっていました。
きっとあのメキシコ人たち、トランプ政策のおかげで国外追放にあったんでしょうね。

息子が先日昔通っていた大学町にあるメキシコレストランに行こうとしたら、もうなかったそうです。
経営者が国外追放にあったそうです。
メキシコ人はよく働くのですが。
昔、働いていた会社では、長らく黒人が清掃業務をやっていたのですが、これまたある日突然ボズニア人に変わりました。
別に人種差別ではないですが、黒人はあまり働かない。
そして、ましになったとはいえ、ブルーカラー的仕事をする白人もあまり働かない。

トランプは、メキシコを含んだ南アメリカから M13やら、その他のギャング、犯罪者が入り込んでくるし、アメリカ人の仕事が少なくなるから違法移民はだめといっているけど。

犯罪だらけのアメリカ、スパニッシュ系ギャングがいなくなったからといってアメリカの犯罪がすくなkなるとも思えない。
スパニッシュ系移民がいなくなったからといって、アメリカ人(特に黒人)が仕事をするかというと、そうでもないと思う。
日本の在日みたいに生活保護で生活を続けると思うし、もし仕事に就いたからといって、メキシコ人たちのような低賃金では働かないと思う。
そうなると結局は、消費者負担になるでしょうね。


昨日は侍ジャパン惜しかったですね。
世界ランク3位のベルギーに3-2までいけたんだから。
前監督のハリルをプレイヤー一揆(農民一揆ではなくて)を起こして首にしたと聞きました。
そんな監督の下でワールドカップ出場権を、そして新しい監督となってわずか2ヶ月あまりの西野さんの元でトップ16まで行ったのだから。
プレイヤーと西野さん、よくやった。

東京裁判はまたまた次回にします。

渡部さんの東京裁判の紹介は“国際法を無視した勝者によるリンチ”。

ハブグレジュンタのマミー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« #1044:今日は“戦後”をお休... | トップ | #1046:東京裁判:渡部昇一... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事