退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1302:佐藤かつひこさん

2019-10-23 08:43:33 | アメリカ便り

おはようございます。

今日は今のところ晴天です。

でも、ここは山に囲まれて(関係あるのかどうかわからないけど)天気がコロコロ変わりやすいです。

昨日はお墓に行って、3家族分(我が家、兄嫁の実家、おじさん)お花を添えてきました。

私は別に宗教というものに 関心があると言うわけではありませんが、先祖を敬うという意味で、お墓参りと母が京都から取り寄せたという大袈裟な家の仏壇に手を合わせることはかかしません。

先祖がいたから、今の私がいると言う真実に感謝の意味で。

昨日はレイちゃんと娘が夕飯にやってきました。

”嫌いな人を見たことがない“、と言うTACOを作りました。

もちろんレイちゃんたちはいままで何回か食べたことがあります。

食事の後、どういうわけかメルカリというものを始めました。

娘さんが自分のアカウントを持っているということで、私の好きな“佐藤かつひこ”さんの絵を探してもらいました。

5年ほど前にリフォームしたリビングルームに飾る絵を探していたのです。

佐藤かつひこは奈良に在住していた絵描き陶芸家その他諸々の人です。

2、3年前に亡くなりましたが、この方の絵を最初に見たのが京都でした。

母と二人で京都清水寺を見て坂を下っていると、一つの奥に引っ込んだ、“はいってこなくてもいいよ〜、好きでやってるだけの店だから“という感じの店を見つけ、入って行きました。

そこで、“如何にも私にぴったり“と言う絵に出くわしたのです。

“赤富士“です。

佐藤さんは自分の描いた絵、一つ一つに“言葉”と言う絵も入れるのです。

この赤富士と共に描かれた言葉は、

不二なるいのちは汝なり

不二なる光明又汝なり

汝偉大なり貴なり

昨晩は娘さんのおかげで、5つ目の佐藤かつひこさんの絵を購入することができました。

ハブグレジュンタノマミー

 

ハブちゃんキキちゃん、きっとこんな感じで私の帰りを待っているんだろうな〜

コメント   この記事についてブログを書く
« #1301:私の1日 | トップ | 1303:先が心配 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ便り」カテゴリの最新記事