退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

1216:あっちっち

2019-05-27 06:54:14 | アメリカ便り
札幌33度。
これはセントルイス並みです。
そんな中、我が家で恒例のバーベキュー。
去年、“幌(はっきりとなんと呼ぶかわかりません)”を買っておいてよかった。
少しは暑さをしのぐことができました。
7人の学友と火つけ役ののご主人二人。
いとこ一家と近所の夫婦。
暑い中、いつもながらの楽しいひと時を過ごすことができました。

18歳から机を並べた学友。
もうかれこれ47年余。
“3年間タダ”、そして、“女も手に職を持った方が良い”という考えで選んだ学校。
25人中23人が女という、色々な面で恵まれた環境。
今でも楽しい思い出しかありません。
だから、こうやって、半世紀近くたっても“つるんで”いるのでしょうが。

クラスは最低限出席、実験は仲間に“よろしく”と言ってレポートだけ写す、なんて、適当なことばかりしていました。
どうせ、国家試験が通れば良いんだ、なんてね。
そんな私を、仲間は嫌な顔もせずしっかりカバーしてくれました。

でもこれだけ、学校サボっていて、一体私は何をやっていたんだろう。
クラブ活動もサボるだけサボっていたし。
今思えば、わかりませんね。
でも楽しかったです。

みんな、ありがとう。
また戻りたいね、あの時期に。

今度は10月1、2日の一泊クラス旅行に向け、しっかり働くからね。

明日帰国のトランプさんと入れ替えに、羽田に着いて東京で2泊です。

では。
ハブグレジュンタノマミー

コメント