退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#1214:日本の行方は何処へ。

2019-05-24 07:44:16 | アメリカ便り
毎日1分刻み(ちょっと大げさかな〜)忙しい日々を娘と送っています。
昨晩は娘を家に一人残し、友達3人と飲み会。
娘の卒業に対して、“私への”お祝いをしてくれました。
いつも私の小言を聞いている友達なので、娘の学校滞在中、私が大変だったことをよく知っているのです。
私の欠点は、母に対しても子供たちに対しても、その不満をまともに聞いて、”あ、どうしよう、なんとかしなくては“、と心の中で、結構”悩む“ことなのです。
娘に対しては、この”悩み“は私が生きている限り続く感じがします。

昨日はお墓参りをして司法書士のところ。
1年かかって、両親の家の名義変更がおわりました。
日本に住んでいたら1年もかからないのですが。

その司法書士オフィスの前で、老害ジジババが“憲法9条改正反対”と、虫の息で言いながら署名をやってました。
“クソ老害”と、私の心意気がサングラスをかけた視線から感じ取ったのでしょうか、私のそばには寄って来ませんでした。
嫌ですね、こう言った国、子供たちの将来をになう大事な懸案に対し、“井戸端会議”的にごちゃごちゃ集まってやるって。
こう言った老害、パークゴルフ三昧でいてもらった方が、国のためになるでしょう。
知ったかぶりをする、浅知恵の老人が反日民族同様に日本をダメにする。
戦争が起きたら、”黙って負けろ“。
“人を殺すなら自分が死んだ方が良い”なんて、絶対、事が起きたら、他人を殺してまで、自分が助かりたいと思うような人たちが、こういうことを平然と言っている。
私が心配するのは、大人の決定で、子供たちの将来が左右されるということです。
老害、黙ってパークゴルフに熱中していてください。

しかしながら、今回の旅行では外人旅行者の多さはもちろん、ふつうに日本で暮らしている外人の多さにも焦りを感じました。

観光という、“他人のフンドシで相撲を取る”受動的社会体制が、“日本の産業”と闊歩している現日本。
更なる外人労働者受け入れを推進している日本。
日本人の福祉より、外人の福祉を重んじるに日本。
他国他国民から食い物にされるだけの、“思いやり精神、誠実さ“をうりものにしている日本。
これが通用するのは今の台湾ぐらいでは(いつまで続くかわかりませんが)。
国は利益関係でしか繋がらないのです。

そして、自国他国に対する日本人の無知。
“敗戦国だからしょうがないべさ〜“と言った、戦後、GHQにより遺伝子に植え付けられた、物事に対する“諦め感覚“。

日本、心配!!

ハブグレジュンタノマミー


コメント