チャリ乗り文造の備忘録

~釣りとロードとベガルタと~

約4ヶ月振りに長野へ。

2018年10月10日 23時42分28秒 | 四方山話
今日は支店長と面談が組まれました。
内容は定年を間近に控え、とは言え未だ2年半も有りますが、その後の人生設計をどうするか?でした。
一応、定年延長も有りますが1年毎の更新。
定年後1年後に延長cutで新たに仕事を探す事を考えると・・・ね。
なので、こうします!って事は断言せずに濁しておきました。

この面談がなければ、先週の6日から今週一杯休んで9連休の予定でした。
本来なら10日間の連続したリフレッシュ休暇を取得できるんですが。
結局、土日を入れると16連休なんて普通のリーマンには取れないですよ。
結局、今日は午後半休、明日と明後日の2日間の休みを取得しました。

そんな面談を終了した本日は約4ヶ月ぶりに長野へ戻って来ました。
山陽インターから岡谷インター迄を走り、岡谷からは新和田トンネル有料道路。
13:30に岡山を発ち上田に着いたのは約8時間後の21:15でした。
ホテルにチェクインした後夕食へ。
この時期の上田はザ・松茸!

国産なのか?上田産なのか?分かりませんが一応オーダー。
明日はJA直売所へ行って松茸をしこたま?購入しましょう!

コレだけでは治まらない私。
もう一つの上田の名物は焼き鳥。

妻をホテルに残しプラプラと吉田類の如く徘徊。
酒は地元の純米酒。

"彗"はサービス。
上田焼き鳥

"上田"と名を冠するのはタレ。
にんにくタレです。
コレを好みでかけるのが上田流。
ニンニク好きには堪らない焼き鳥です。

カウンター隣に座ってた人は尼から来た出張リーマン
その隣は来年、社会人デビューするセイガク。
そのセイガクが尼のリーマンに『飛田新地に行きたい!逝きたい‼︎』と叫んでおりました。
昔の飛田は安全だったのですが、最近の飛田は・・・ね。
中国からの家族で来日した観光客が、妻子をホテルに置いての飛田ツアー!ってのが流行ってそうで。
で、最近飛田で問題となってるのが"ビョーキ"

まあ、飛田新地に行くのは自己責任で。
私は・・・・・・・・・・
もう枯れました。
コメント