野鳥太郎

野鳥の写真

国指定天然記念物 ケラマジカ

2014-12-02 21:47:43 | ケラマジカ
 ケラマジカはニホンジカのー種で沖縄で唯一野生のシカが生息している慶良間諸島の屋嘉比,阿嘉島,慶留間島,外地島,の4島におよそ200頭生息している。17世紀に薩摩から食肉用として運ばれたシカがケラマジカの起源であるとするが本州のシカに比べると身体や角が小型の用だ,ケラマジカは日中は茂みの中にいることが多くあまり見かけないが夕方になると遭遇するきかいが多い,阿嘉島ニシバマビーチ付近や最近では港付近でも日中でも見かけることがあるが人が近ずても逃げる様子も無くあまり人間を警戒しない。

ケラマジカは沖縄の方言で「コーヌシ」と呼ばれるが,まさにこの群れの主と思われる立派な角を持った雄のシカがいた。










2014 12-01
ニシハマビーチ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« カワセミの瞬膜が | トップ | 豊見城三角池にクロツラヘラサギ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カラスが・・ (ねこすけ)
2014-12-04 11:14:14
カラスが背中に乗っていても堂々としているあたりに
ケラマジカの貫禄を感じますね!かわいい!
実物を見てみたいです。
Unknown (野鳥太郎)
2014-12-04 17:48:34
ねこすけさん
ケラマジカ可愛く見えますよね!でもカメラを向けている間ずっと睨んでたまに威嚇して来るですよね!何時突っ込んで来るか内心ひやひや出したね。

コメントを投稿

ケラマジカ」カテゴリの最新記事