今日のブログ 明日のグラブロ
前回のブラウブロ!
 



一言で言っちゃえば
「地味」なんだけど、その実凄いクオリティの高い
作品でした。
・・いや、派手地味とクオリティは関係ないんだけど、
クオリティの高さをひけらかさない、つー意味で、な。

兎に角背景美術の凄さ。ウチはその辺詳しくないですけど、
見る人が見ても納得できるだろうな、と思える位
徹底的に描きこまれています。
かと言って、決してソレが主となるコトはなくあくまでも
「背景」である、つートコロが凄いのよ。

他にも小物やちょっとした所作など、兎に角丁寧に
造りこまれているな、つー感じです。
見る前はキャラデの野暮ったさが気になったんですが、
実際見てみるとこの世界、空気ならこのキャラデで
然るべき、と思えましたし。


お話の方も、ベタな恋話ではあるのですが、
エマ、ウィリアム両者の初々しさが非常に心地良いです。
エマの主人であるケリーも含め、人物造形もしっかり出来ている
からでしょうな。

つーか、エマさんが良いよね。
ウィリアムが一目惚れするのもわかるよ。
・・そう、「萌える」より「惚れる」の方がしっくりくる、
そんな人です。
#また、ベテラン冬馬由美を配する辺りも憎い。


・・ううむ、悪いトコロが見当たらないぞ。
いや、細かくつつけばあるんだろーけど、そういう気に
させない作品ですし。


今後2人の仲が深まるにつれ身分の違いとかの問題が
出てくると思われ、その辺余り辛気臭くなられるとちょっとな、
とかは思いますけど、大いに期待して良い作品だと思います。


この記事は

にトラックバックしてます。

[検索用]英国戀物語エマ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 今日の「魔法... 今日の「金色... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
【感想】『英國戀物語エマ』第1話~贈り物~ (『遍在 -omnipresence-』)
 ファーストインプレッションは、\"見紛うことなき小林常夫監督作品\"でした。  とにかく真面目な作品です。  自分が初めて小林監督の名前を意識したのは、『超GAL