魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

第70回 おさかな食育クッキングレポート

2017年03月11日 | 料理教室

3月4日(土)に第70回「おさかな食育クッキング」が開催されました。
今回の食材は「真鯛」「ホタテ稚貝」「真ダコ」です。

3月のレシピはこちら😋 


今回も弊社の相談役が、本日のおさかな食材の豆知識と鯛のさばき方を実演指導しました。


ウロコ引き、または包丁を使い、尾から頭方向へウロコを取ります。
今回は専用のウロコ取りで!包丁ですとまた難易度が上がります・・・

えらぶたに沿ってえらを切り・・・
口元と頭のところを切り離してえらをとります。

おなかを開くと内臓が出てきました。
皆さんから悲鳴も・・・(笑)


内蔵をきれいに水洗いしたら、三枚おろしにして完成です!

頭も切り落とします。
またまた皆さんから悲鳴が・・・(笑)

今回は鯛のおろし方のみ指導して終了です!

次は東北女子大学の講師の先生より
本日のレシピの手順の説明がありました。

さっさっとイタリアン鯛飯の完成です。

調理手順の説明が終わりましたら、各グループ席に戻り調理開始です!
写真はこちら。

ホタテの稚貝はタワシでよく洗いキレイにしていきます。

今回も学生さんに作っていただきました。

タコは食べやすい大きさに切ります。
本日のタコはジャンボサイズ!食べ応え抜群です。

グリルで焼いた鯛を、ご飯、ホールトマトをつぶして調味料を混ぜ合わせた上にのせます。
炊き上がる前でも鮮やかで美味しそうです!



完成したグループから、試食開始。
今回のお料理も楽しく、美味しくできましたでしょうか!?
お疲れさまでした!

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 生真たらことカブのさっぱり... | トップ | ホタテ稚貝deクラムチャウダー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

料理教室」カテゴリの最新記事