三脚マンと弱力女の登山日記

登山が趣味の夫婦です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白馬岳と清水岳(2日目その2)清水岳へはお花がいっぱい

2011年04月15日 | 登山

日付 :2010年7月25日(日)

天気 :晴れ

コース:白馬村営宿舎テント場→白馬岳→清水岳→テント場→(大雪渓)→猿倉

 

 

 

 

 

 

1日目

2日目その1。 

 

 

 

 

 

 

 


ハクサンイチゲとシナノキンバイ。

まさに見ごろ。

いきいきとし、キラキラ輝いていた。

 

 

 

 

 


旭岳を振り返る。

重厚な迫力。

デカい。

 

 

 

 

 

いくつか雪渓を横切っていった。

 

 

 

 

 


ひとたび主稜線を外れると、白馬といえども人がいなくなる。

とても静かな場所であった。

 

 

 

 

 


 コマクサ。

根が丸くなっていて、ブーケのよう。

かわいらしい形をしていた。

 

 

 

 

 

 

 ウサギギク。

 

 

 

 

 

 


ミヤマキンポウゲ。

 

 

 

 

 

 


清水岳。

まっすぐデッカく、迫力があった。

 

 

 

 

 

 


南側の斜面は、剱岳の眺めとお花畑が、最高に美しかった。

 

 

 

 

 


ハクサンイチゲとシナノキンバイ。

 

 

 

 

 


縦位置でも撮ってみる。

 

 

 

 

 


コバイケイソウ。

 

 

 

 

 

 


ハナニガナ。

 

 

 

 

 


斜面にいっぱいに咲き乱れる高山植物。

人がいないこともあり、ゆっくりマイペースで写真を撮っていることができた。

 

 

 

 

 


時々、登山道を覆う雪渓が現れる。

 

 

 

 

 



 

チングルマ。

 

 

 

 

 

 

清水岳まであと少し。

 

 

 

 

 

 

 欅平を挟んで、毛勝三山もよく見えた。

 

 

 

 

 


小旭岳を通過して、

 

 

 

 

 

 


ここが清水平あたりか?

 

 

 

 

 

 


少しだけ藪こぎをする場所があった。

 

 

 

 

 


チシマギキョウ。

 

 

 

 

 


祖母谷と白馬岳の標柱。

傷んでいた。

 

 

 

 

 


登山道の脇まで、たくさんの高山植物が咲いていて、もう先には全然進まない。

 

 

 

 

 

 


 チングルマ。

 

 

 

 

 

 

 清水岳はあそこか?

 

 

 

 

 


 チングルマやイワカガミが所狭しと咲いている。

 

 

 

 

 

 

 ハクサンフウロ。

 

 

 

 

 

 


 ようやく清水岳直下にやってきた。

 

 

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の白馬岳のレポはこちら

 

 

 

 

 

 

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 飯豊山の石転び沢の雪渓(2日... | トップ | 南アルプス南部縦走(2日目後... »
最近の画像もっと見る

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事