"新"カラーカウンセラー松尾玖映のBless you エッセイ

ファッションカラーコンサルティング、個人スタイリストとして起業した
松尾玖映の素直な胸の内エッセイ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Bless you の2回目のお誕生日です

2007-05-12 00:30:24 | カラー
5月12日は、Bless you の満2歳のお誕生日、創立記念日です。

よく会社3年というもので、確かに強運の人でなかったら、
3年辛抱と思っていたら間違いない気がします。
私も少し希望の光りが見えてきました。

私が、ファッションカラーコーディネーターになりたいと思ったのは、
10年以上前、ミセスの洋服の企画をやっており、時折、
自分の企画した服のお客様の御意見を自分の目で確かめる為に、
直接売り場で販売していました。

お客様は旅行に行くといって買いに来られても、本当は洋服だけでなく
合わせて靴も欲しいし、ストッキングの色や口紅の色まで知りたいのです。

自分の娘と一緒にあれこれ言ってショッピングできるミセスは幸せです。
でも、息子しかいないかたも結構いらっしゃって、
何を着て、どうコーディネートしていいか分からないかたも多いのです。

でも、お店の中だけでは限界があります。

それで、早くに母を亡くした私はそんな方達と、
<娘の気持ち&ファッションカラーコーディネーターとしてのプロの目>
で、一緒にショピングアテンドが出来たらと思って、10年以上。

でも、この新しい仕事にミセスの方達がTRYするのには、
少し時間がかかりました。
有り難いことですが、インターネット世代の20~30代の男女のお客様の方が
チャレンジ精神は旺盛でした。

少し以外だったのは、「これからは男性がもっとおしゃれする時代!」と、
周りの驚きの声を気にせず、始めた男性コースが、
全体の6割のを占めていること。
やはり、普通の男性が少しずつおしゃれに目覚めています。。。嬉しい

そして、今日、とうとう50代位のミセスの方から、
「旅行に行きたいのすが、一緒にお洋服を選んで欲しいのです」と、
お電話が

たぶん、先日の日経新聞の記事を読まれて、勇気を出してお電話くださった感じです。

亡くなった母への親孝行が出来る気持ちです。
今回は、前日にサロンに来ていただき、パーナルカラーやメイクもさせていただくことになりました。そして、それをふまえて後日、お買い物です。

楽しんで旅行に行っていただけ、一緒に行くお友達や御主人から、
「素敵ねーー」と、言っていただけるように頑張ります。

今後とも地道に頑張りますので、Bless you 松尾玖映を
どうぞ宜しくお願いします。

コメント   この記事についてブログを書く
« 疲れた時はパワーヨガ | トップ | [Bless you]のホームページの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

カラー」カテゴリの最新記事