ジュンギがチョアヘ

ジュンギ大好きな私の独り言

東京国際映画祭

2006-09-30 20:10:33 | インポート

42flzavms85os85ng24242f01047164419_7

王の男が招待作品として出品される(*^。^*)

絶対、絶対チケットゲットだと思いはりきっていたけど

やっぱり競争率激しかったようです。

当然のように私は外れたけど、友人が当選しました。

良かった(*^。^*)感動した(*^_^*)めちゃめちゃ嬉しかった(^_-)-☆

これでやっと生ジュンギに会えます。

嬉しい~~~です。

早く来い来い10月21日!!!

しかし、その日は授業参観。。。。

なんでそんな日と当たるのだろうか、

でも大丈夫、昼が終わったら休暇とって

レッドカーペットへGO!!

コメント

神話のコンサート

2006-09-27 13:54:30 | インポート

9月24日日本武道館の神話のコンサートへ行ってきました。

楽しかった ^_____^

釜山で7月に見たときも凄く楽しかったけど、

今回、武道館でも凄く盛り上がり最高でした。

コンサートツアーだから内容は釜山と同じだろうと

思っていたのだけど、かなり違っていました。

大きな違いは、釜山では神話以外の出演者はなかったのだけど

今回は前座?誰?の4人組が出てきて2曲歌いましたが、

なかなか、可愛くて、歌も上手でした^^

神話は相変わらずかっこよくって、文句なしです。

ソロのところで、ドンワンがXJAPANのTearsを歌ったのだけど

一番の高音部で声が出ず・・・・・。

本人が一番ビックリしたのだろうけど、

釜山では舞台から落ちるし、武道館では声が出ないし

ドンワンどうしちゃったの~???でした。

ヘソンの所では日本沈没のテーマを一緒に歌っている

ソンミンが出てきて、素敵なデュエットを聞かせてくれました。

彼女は歌が凄く上手ですね。^_^

ヘソンの甘い声と良く合っています。生で聞けてラッキーでした。

チョンジンはサラリーマンのようなスーツで1曲歌い、

次に上着を脱いでパワフルなダンスを見せてくれました。

アンディはラップをかっこよく聴かせてくれました。

今回アンディがあまり目立たなかったような気がしました。

そして、いつもかっこいいミヌはあくまでもかっこよくって^^最高でした。

もう少しだけ背が高ければ言うことなしですね。

でも、笑顔も可愛いし私としてはミヌが1番です!!ボンボンボン

今回のコンサートのチケットは私たちは抽選に漏れてしまい

なんだ~~ファンクラ入ったのに取れないの~とへこんでましたが

釜山で知り合った人が余っているということで分けてもらいました。

いや~言ってみるものですね。

カメラもいい物を持っているものですね~~^_^

行かれてほんと良かった!!それもアリーナでしたし。

韓国では写真撮っても大丈夫でしたが、日本では絶対だめです。

コンサートは韓国で見るに限るかもしれません -_-

また行きたいな~。神話はもうとうぶんないだろうから残念。

コメント

四月の雪ーディレクターズカット版

2006-09-12 15:31:43 | インポート

四月の雪=ディレクターズカット版=を見てきた。

相変わらず少ない台詞でたんたんと物語は進んで行くのだけど、

通常版に比べると物語の内容が分かりやすくなっていた。

何といっても、インスとソヨンの心の動きが唐突でないことが良かった。

通常版では、デート?に出かけお茶を飲みながら「何処へ行きたい?」と

聞いた後が”ホテル”でのシーンだったので、そりゃないだろ~と

思ってしまったけど。

ディレクターズカットでは食事に行きデートをして映画を見てキスをして、

などホテルまでのプロセスがあったから自然だった。

映画館での手を握ってからのキスシーンがきれいだったね。

DVDが手には入ったらいっぱい見ちゃいそうだな。

少しずつ見たことが内部分が挿入されている感じで

あっ、ここ見たこと無いと思う部分がいくつかあったように思う。

最後の方で、病院を退院したスジンとマンションに帰り暮らすシーンがあった。

普通にインスがキムチチゲを作っているシーンがあり

スジンが昔仲の良かった頃のビデオをインスを呼び2人で見るのだけど

そこにはしらけた雰囲気が流れていた。

そこで流れたビデオに映っていたヨンジュンがかっこよかった^^

その辺のシーンはネットでもなかったし、BOXにもなかったので

こんなシーンも撮っていたんだ~という感じだった。

ベットに入り冗談っぽく「しようか?」と言うスジンに笑って答えるインス。

インスには好きな人がいるのだろうなということを感じていたのだろうね。

「すきな人がいるでしょう?」と聞くとインスは

微妙な間をつくり「うん」と答える。

きっといつかはそお言わなくてはいけないことを分かっていたのだろう、

スジンから切り出す「私たち分かれましょう」の言葉。

そこでスジンを抱きしめるインス。

インスの心の中はどんなだったのだろうか?

愛しあって結婚したはずなのに、こんなことになってしまい

スジンの口から分かれの言葉を言わせてしまったことに

なんだか不憫な気持ちになり抱きしめたのかなぁ・・・と思ったのだが、

どうなんだろう?

そして、引っ越し荷物の所でジャジャンメンを食べるシーンになる。

この辺も全部カットだったから離婚したのかな?という感じだったから

友人は、えっ離婚したの?と通常版を見たときに言っていた。

分かりにくいよね実際。

私は、お引っ越しだから離婚したんだろうなぁ~と思ったのでした。

ラストが4月に降ってきた雪を見て、サムチョクへ向かう二人を

想像させて終わったけれど、ディレクターズカット版では

サムチョクで再開して2人で車に乗り、「何処へ行くんですか?」

「何処へ行きましょう?」の台詞で終わっている。

私的にはすっきり終わってくれたなという感じだけど、

終わり方は前の方がいいという人もいるね。

ラストの曲も変わっていた、これはロードの方が好きだ。

コメント