心の風景

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

2018-08-13 | 癌闘病記
抗がん剤という強烈な副作用を伴う薬を点滴注射しているので、
ほかの薬との不適合などが気になる。
でも、医師も薬剤師も、ほかの薬の服薬、あるいは服薬中止について
とりたてて何も言わない。
しかし、8か月もたつとだいたい副作用や効き目について見当がついてくる。

整腸剤は、処方の半分がちょうどいい。
降圧剤は、やめても、血圧は正常範囲なので、中止
膀胱関係は、まだ確定ではないが、やめてもほぼ大丈夫そう。
と思いきや、夜の頻尿の兆しがあるので、服薬中止を中止することにする。

というのが現状。

年寄りが、袋一杯の薬を処方してもらっているのは、
服薬中止の判断を誰もしてくれないからではないか。

慎重に自己判断しながら、減薬していくしかない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本女子ソフト、万歳!! | トップ | あっはっは。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

癌闘病記」カテゴリの最新記事