心の風景

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

●音韻システム

2018-05-18 | 心理学辞典
音韻システムは、
誰かに教えてもらって学んだということではない。
ヒトという生物的種に生まれつき備わった習得装置を使って、きわめて早い時期に学習したものと思われる。

このシステムの特徴は、感情や欲求などの情意内容と密接につながっていることである。言語システムであれば、書かない、言わない、という抑制を働かせることは、それほど無理なくできる。しかし、情意と連結した動作システムでは、この抑制はあまり効かない。
外国人の情意内容と連動した動作表現は、日本人からみるとやや激しすぎるように思うこともあるが、おおむね、相手からわかる形で表出される。
しかも、話すよりも、はるかに無意図的に、およそ表現者のコントロールとは無関係に、からだに出てくる。からだは嘘をつけない。

かくして、ここでは、わかりやすい表現を考えるなど、ほとんど不要である。むしろ、自分の意図を相手からいかに隠すかの方が知りたいくらいである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ちょっと気になる仕草」女性... | トップ |  ●クリティカル・シンキング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

心理学辞典」カテゴリの最新記事