心の風景  認知的体験

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

医師の働き方改革 年1900~2000時間上限 地域支える勤務医残業 厚労省案

2019-01-15 | 社会
病院通いをするようになって、医師にお世話になっているだけに、
この厚労省案には、びっくり仰天。

患者側からは、意外に医師多忙は見えないが、
データ、事例によると、すさまじい働き方になっている。
びっくり仰天である。

教育界にもあるが、医療界にも、おかすことのできない使命がある。
それをたてに、もっと働け、しかも、失敗は許さない圧力が強烈に働いている。

それでも医師不足という言葉は使われずに、医師偏在が背景にあるという。
そうかなー

医師会も、もっと医者を増やそう」という方針を打ち出したらどうだろうか。
もっとも多忙医師は、個人クリニックではなく、病院にだけ偏在しているのかなー

「参考」
以下のサイトに、多忙にならざるを得ない事情が解説されている。

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20190112-00110967/



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 真山仁「オペレーションZ] | トップ | 退屈。それはあたらしい文化... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事