中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

小樽祝津へサイクリング

2019-04-29 20:39:14 | サイクリング2019
昨日の日曜日は小樽へサイクリング。

早朝の気温は一桁なので気温が上がる9時ころの出発とした。

交通量の多い国道5号線を走るよりないので小樽に行くのはあまり好きでは
ないが適度な距離と坂道がありトレーニング効果が期待できる。


銭函のループ橋。(nikon D7000 旧18-200㎜)


合流点が危険なのでここは歩道を進むことにしている、歩道橋の上で一服
入れるのがいつものパターン。


本日は風も弱く順調なペースで進んでいる、フェデラルは前車のMTB改よりも
二回りほど細いタイヤを履くせいかスピードの乗りがいい、それでいてタイヤ
の細さが欠点になることも感じられない。

張碓峠もいつもより軽々と上れた。


峠から小樽へはほぼ下りで到着する、小樽築港に到着です、ここまで25キロ
ほどの走行。


釣り人で賑わっております。


公園の時計が5時過ぎを指しているのは壊れているから、実際の時間は11時。


山の上に見えるのは昔からある「銀鱗荘」後で行ってみよう。


気温は10度ちょいくらいだと思うが日差しは暖かい、しかし指付きの手袋は
脱げない。


巨大なフェリー、新潟か舞鶴に行くやつだ。


フェリーの反対側。


小樽運河は観光客でごった返している、本日は日本人が多いように見えた。




手宮公園の桜を見るつもりだったが遠目では全く咲いておらず諦める、これは
運河の横に咲いていた、たぶん三分咲き。


祝津に行く予定ではなかったが手宮公園をキャンセルしたので行くことにする。

鰊御殿と日和山灯台。


鰊御殿の横から小樽水族館。




鰊御殿


暑寒別岳方向だと思う。


札幌方向


日和山灯台


祝津




ここでまったりと昼食。


帰りは港猫を探した、見つけたのはこの二匹のみだった。


さあーて、銀鱗荘に上ってみるか。

小樽築港駅の前から行きますがなかなかの激坂でへこたれそうになったが
ノンストップで上り切った。

平磯公園が最高地点である。


中学生の時に上ったことがあったがノンストップで上れたかどうかは不明。

当時撮った写真だが、様変わりしておりますね。


こちらが銀鱗荘。


昔の銀鱗荘。


銀鱗荘の前からの景色。


帰りは銀鱗荘から朝里へ抜けたのでいいトレーニングになりましたね。

帰りの張碓峠もいいペースで上れた。


少し進んで札幌方向を望む。


星置緑地に寄ってから帰宅した。

エゾノリュウキンカが満開である。




本日の走行距離80キロ、平均速度16.6キロ。




サイクリングランキング

写真日記ランキング

コメント   この記事についてブログを書く
« いろいろメンテナンス | トップ | D200と散歩 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

サイクリング2019」カテゴリの最新記事