人材開発・組織開発コンサルタント「ZOFFY」の日記

人材開発・組織開発に関すること、個人的関心ごと(映画、空手など)についてコメントしています。

「与える人」こそ成功する

2015-11-22 18:33:36 | ビジネス・コラム
世の中には、テイカー(真っ先に自分の利益を優先せる人)、マッチャー(損得のバランスを考える人)、ギバー(人に惜しみなく与える人)の3つのタイプの人間が存在するといいます。

この3種類の人間が考える成功の定義。

テイカーは、成功とは、人を出し抜いて優れた成果を達成することであると考える。
マッチャーは、成功とは、個人の業績と他人の業績を公正に釣り合わせることであると考える。
ギバーは、成功とは、他人にプラスの影響をもたらす個人的なものであると考える。

本書によると、一番成功する人はギバーであり、一番割りを食うのもギバーであるとのこと。
では、ギバーであり続け、割りを食わずに成功していくためにはどうすればいいか?それは、ギバーのスタンスに立ちつつ、悪どいテイカーを見極める目を持ち、こうした相手には時としてマッチャーとして振る舞う状況対応力が必要。

ギバーであり続け、テイカーの食い物にされない処世術を持つ。これが成功の秘訣のようですね。

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)
アダム グラント
三笠書房
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 株式会社レアリゼ各種プログ... | トップ | アクティブ・ラーニングを学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビジネス・コラム」カテゴリの最新記事