(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

Houzzに当社が掲載されました。

2018年06月28日 10時08分32秒 | ブログ

こんにちは。田中です。最近はすっかり2wに1回のブログ更新が当たり前に

なってきてしまいました。

さて、今回は当社が「Houzzhttps://www.houzz.jp/さんに掲載されましたのでそちらのご報告です。

 

Houzz」さんはおうちに関するデザインや施工事例などを非常に多数(写真なら1670万枚も H30.6現在)

掲載されており、一般の方と設計者や施工者をつなげる・紹介することに特化したサイトです。

どなたでも無料で使用できますし、施工会社側も紹介料や登録料等は一切かかりません。

ではどうやって経営されているのか?って思いましたが、世界中にHouzz

はグループがあり、アメリカが本社のようです。

今回当社を紹介してくれることになりまして、ありがたくお願いさせてもらいました。

トップページの住まいの専門家を探すのところをクリックしたら、工務店・施工会社をクリックします。

お住まいの地域の名前を入力すると近隣の建設会社等の写真が見れます。

当社のページが出てきました。

このサイトはデザイン写真が非常に多く、検索方法がたくさんありますので

施工する側の材料にもなりますし、本当に勉強になります。

お客様も近隣の施工会社でデザイン検索できますし、おおまかなコストも確認できます。

海外の施工者・設計者の事例がこれまたとっても楽しいです。

和風とあってもチャイナが混じっていたり、奇抜なデザインもあったりして

流行がよくわかりますしね。

Houzz担当者の中嶋様、このたびは当社を掲載して頂き、本当にありがとうございました。

 

 

 

コメント

マキタ180㎜充電式ディスクグラインダ 試してみました。

2018年06月15日 11時18分59秒 | 土木工事現場

こんにちは、田中です。

完全な梅雨入りですね。

さて、今回は現場で新たに購入したマキタの電動工具のテスト報告です。

通常舗装版のカッター入れと言いますと

アスファルトカッターという機械でアスファルトを切断します。

専門のカッター施工業者もおりますし、割と小型なカッターで自社施工も行います。

しかし、小型なアスファルトカッターでもトラックなどの荷台から降ろす際に人力で1名ではちょっと重いですよね。

やはり2名で行うか、重機によってつりさげる作業が必要になります。

他にエンジンハンドカッターなるものもありますが、それなりに重いです。

舗装版を切断するなら、やはりアスファルトカッターの方が結果的には安全できれいに施工できます。

それでもほんのちょっとしたカッター入れでそういう機械を取り扱うのも手間ですし

どうしてもここだけ・ちょっとだけということも多数発生します。

そこで・・・今回マキタのこの商品を買ってみました。

18V*2の36Vの180㎜充電式グラインダです。

最近当社は電動工具をマキタの18Vに移行しておりますが、18V*2の36V

ですとかなりの重作業にも使えそうです。

さっそくやってみました。

やや距離がありますが試験的です。(S崎さん、あんまりブログチェックしないでね。

過負荷をかけますと自動停止しますが、これはかなりのねばりがあります。

驚くほどに簡単にカッター施工ができました!

この後、舗装版の撤去から掘削までスムーズ。

まあ、既存の舗装厚がやや薄かったのですが、それでも軽くてこれほど簡単に切れるなら逆に安全です。

以前、14.4Vの頃の当初のベビーサンダーですと、ほんのちょっとの負荷によりすぐに止まってしまい

使い物になりませんでしたから、やや心配でしたが。

こういう小機械類は購入時のコストに見合うだけの作業人工が稼げるかどうかが判断の決め手に

なりますが、もっと大事なのは機械を大事に長く使うことですよね。

丁寧に大事に扱って下さいよ~。

故障する前に早めにメンテナンスできるよう、きちんと収納するように心がけて下さいね。

コメント