(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

コンセントにも色々ありますが・・・

2017年04月27日 13時12分41秒 | うんちく・小ネタ

田中です。もうすぐゴールデンウィークですね。

伊豆半島も木々の緑があざやかな季節になりまして、外での活動がとっても

快適で気持ちいいです。一年中こんなだといいのですがね。

さて、今回はうんちく話でもということで、コンセントについてのお話。

今ではおなじみのコスモシリーズですね。

やや大きめのパネルスイッチがすっきりしていて、高齢者の方でも手のひら全体で押すことが出来

安心感のあるデザインですよね。出始めたころは、一般的なスイッチパネルよりも高価なので

設計事務所の指定などが無い限り使用しませんでしたが、いまではすっかりおなじみになっております。

パナでは最近、ADVANCEというシリーズを出してきました。

さらにすっきり感を出して、カラーコーディネートも出来、上質な感じが表れております。

パネルの厚みが薄いので、出っ張り感が非常に少なくなっております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

近年、スマホやタブレット等の充電にはUSBを使用してというケースが多くなりました。

いままではUSBはパソコンだけでしたが、給電のためのコンセントとしてUSBの形式は

これからますます一般的になっていくと思われます。

USBの差し口とコンセントが同時に使えますので、リビングやデスク廻りはもちろんのこと

寝室や子供部屋に通常これがコンセントだよねっていう時代になりそう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家具のコンセントも進化しておりましておなじみのスガツネさんのデザインの最新版ですと

コンセントにカバーがついていてすっきり納まります。

スガツネさんも普通のスイッチ・コンセントプレートもデザインされています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当社が取引しております設計事務所さんのSUTADIO SOLAさんでは素敵なスイッチを

製品化していまして、アンティークですが懐かしいトグルスイッチです。

こういったパーツですと、打放しのRCですとか真っ白なペイント壁等のデザインにとってもしっくり

来ますね。RCの壁にプラスチック素材のプレートだと安っぽく見えると思いますので。

以上コンセント・スイッチのうんちくでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当社がパナソニックの住まいパートナーズに加盟されました。

2017年04月21日 14時44分47秒 | ブログ

こんにちは。田中です。

当社は公共土木・建築工事をメインに施工を行っておりますが

民間工事での新築・リフォーム・造園・外構工事等も施工を行っている状況が

あまりお客様に伝わっていないのではないかということから

当社のホームページやブログで様々な施工物件等を掲載してきました。

<参考>日吉建設ホームページ   https://hiyoshikensetsu-hp.jimdo.com/

<参考>日吉建設リフォームサイト https://hiyoshikensetsu.jimdo.com/?logout=1

そして、さらなる高みを目指して当社がこのたびパナソニックの住まいパートナーズに加盟されました。

会社の出入り口にもパナソニックリフォームのステッカーが貼られました。

パナソニックリフォームのホームページからhttp://sumai.panasonic.jp/sumai_create/

こちらの今すぐリフォームを始めたい方で「地図から」をクリックしますと

このように静岡県の中に指定された業者の位置図が出ます。

伊豆半島では当社しかないのでそこを更にクリックしますと

上記のように詳しく当社の明細が見られます。

「パナソニックの住まいパートナーズ」登録店は

パナソニックが応援する地域に根ざした住宅関連会社のネットワークです。

設備の入れ替えから大規模のリフォーム、さらには新築に求められるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH(ゼッチ)を通して、安心で快適に暮らせる省エネ性の高い住まいをご提案していきます

上記はパナソニックからの転載ですが、当社としては今までもこれからも同様に

お客様からの信頼と安心を重視して、細かい打ち合わせから図面作成・お見積り提出

工事施工中の毎日のメール報告(写真共)・完成引き渡し時の完成図書の提出まで

管理のスタイル(公共工事と同等)を行っていくことはなんら変わりありません。

あくまでパナソニックという企業をツールとして利用し、お客様の信頼と安心を

獲得出来るようさらに邁進していきたいという思いから加盟しました。

 

今まではあらゆるメーカーのカタログをそろえ、お施主様と1からすべて選び抜いて

仕様を決定してきました。完全オーダーですのでどうしても時間がかかりました。

パナソニックのキッチンや内装建材・家電機器等、アルミサッシ以外ならパナソニックだけで

建築することも可能ですので、お客様へのプレゼンにはスピーディに最大限活用できそうです。

その中でもお施主様のこだわりや細かい変更があっても事細かく変更対応は可能です。

ちなみにパナソニックに加盟したから、便器はアラウーノでなければならないというわけでは

ありませんのでご安心下さいネ。

今まで通りどんなご要望でも対応して参りますので、これからも日吉建設をよろしくお願いいたします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆高原さくら並木のさくらが満開です。

2017年04月15日 08時07分37秒 | ブログ

こんにちは。田中です。

伊豆高原はソメイヨシノが満開になりました

有名な伊豆高原の桜並木通りもこのとおり満開です。

桜のトンネル状態です。

行き交う車両もみんなゆっくり運転で、桜を楽しんでいるようです。運転に気を付けてほしいです。

今年はソメイヨシノの開花が遅れましたが、ヤマザクラ・シダレザクラ・コメザクラとすべてが

いっぺんに咲いてしまって、楽しむ期間が少なくなってしまうのが残念ですが

とにかくあちこちで満開なので、ぜひこの週末は伊豆高原の桜を見てもらいたいと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がけ崩れで夜間緊急呼び出し(八幡野草崎線法面改良工事)

2017年04月10日 16時06分10秒 | 土木工事現場

話は半年ほど前のH28年10月8日の夜10時頃のことです。

当日はしとしと雨でしたが、9・10月はとっても雨が多くて防水工事がままならない現場が

あったくらいですから、地面は相当に水を含んでいたんだと思われます。

伊東市の八幡野草崎線の道路下20m位下の崖面で崩落があり

国道135号線が一時通行止めになりました。

警察や消防・伊東市建設部・当社が集合して、緊急に状況確認を行いつつ、国道は安全確保の為

通行止めとなりました。旧道は崩落の恐れのある崖側を通行させないで

片側交互通行で誘導となりました。

崩落している箇所が夜間で、また急峻な崖であることによって、崖上からは状況が全く目視できません。

翌日、早朝に熱海土木事務所の判断で片側交互通行になり、ようやく国道135号線は開通しましたが

崩落した崖面を目の当たりにすることに。

結構な落差があります。80mくらいあるでしょうか。崩落面は岩塊で表土が肌別れしてしまったようです。

国135号までは法尻からいくらか距離がありますので、崩土はそのスポットにありました。

今にも崩れそうな岩塊が丸見えです・・・。すぐ上が旧道ですので危険ですね。

旧道は当日から片側交互通行で、交通誘導員さんも。

見通しが悪いところなので、出会い頭に接触事故を起こさないように発電機でライトを設置しておりましたが

現在は受電しましたので、静かです。

法面の現在の状態を把握するために、法面の法肩に電気センサーを設置してありますが

これは、㎜単位で移動量を観測し、24時間体制でメール連絡が来るようになっています。

また、センサー反応時にはパトランプと警告音で通行不可を警告します。

当該現場の工事を受注させて頂きましたので、これから法面の補強作業を順次行っていきます。

まずは、法面の樹木伐採から作業がはじまりますが

非常に危険な作業になりますので、安全第一で無理せずに作業を行ってまいります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボックスカルバートの受け入れ準備、着々と進めております。

2017年04月04日 09時33分28秒 | ブログ

こんにちは。田中です。ようやく日中あたたくなりはじめ、桜の花も咲き始めました。

やっと春が来たなって感じがしますが、今日はもう4月4日です。今年の3月は本当に寒かったですもんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今年に入って工事を進めております、伊東市発注の松ノ木畑鉄砲塚線の道路改良工事ですが

前回、構造物に影響のありそうなお地蔵様の移設の件をUpさせて頂きました。

http://blog.goo.ne.jp/hiyoshikk/e/2557b1616a1ba83a486778810f1a3fbe

その後仮設道路の作成等、現場の方は順調に進んでおります。

畑に作成した仮設通路~

緩い勾配ですが、滑り止めの鉄筋を溶接しておきます。(安全対策もばっちり

河川の中に仮設の排水管を設置してから~

既存の河川の構造物を解体しながら、河川の掘削を行っていきます。

この河川の中にボックスカルバートを設置して、その上が新たな道路になるわけです。

完成したら広くて安全な道路になると思います。

お地蔵様にも移動してもらったので、安全に作業を進めていって欲しいと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加