(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

1級土木施工管理技師試験 結果は・・・?

2010年10月26日 11時06分01秒 | ブログ

こんにちは。今回は今年の施工管理技師試験の結果報告です。

我が社でも、去年たけちゃんが1級土木に合格しましたが

年々倍率が厳しくなっています。ここ5年くらいで突然、試験の

傾向が変わり、学科試験での合格率が50%程度で、そこをクリアー

しても実地では20%以下の合格率という状況です。<H21年時>

1級建築施工管理技師もやはり学科30%、実地40%と厳しい結果です。

10年くらい前の試験だと、実地は70%の合格率でしたから

昔試験で合格した先輩に聞くと、施工管理技師試験は簡単だと

言う人が多いのも納得です。毎年、試験を受ける人数が減ってきています

から各種財団法人も試験の合格率を下げないと、試験による収入が

どんどん減っていくのは目に見えています。

それで厳しくしているのではという事も言えるかもしれません。

建築工事の場合は、ある程度普通の規模の工務店に勤務していれば

恐らくほとんどの建築の工種を経験できるので、試験内容に

取り組みやすいですが、

土木に関しては、ダムや港湾・トンネル等、大規模な工法は

普通の土建屋ではまず経験できないでしょう。

潜函なんて参考の図などを見ても、非常に理解しずらいです。

私は土木と建築の1級施工管理技師資格を持っていますが

どちらかというと(偏見かもしれませんが)土木の方が難しい

かもしれません。

以下社内安全訓練状況です。

Photo

 

にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

コメント

組歩って知ってました?

2010年10月20日 17時29分05秒 | 土木工事現場

こんちわ。今回は当社の土木工事で施工している

国道135号線の組歩の現場です。

組歩って初めて聞いたって方、結構いるんじゃないでしょうか

組歩は組立歩道の略語で、歩道を設置するスペースが平場

に無い場合に法肩から張り出して、歩道を設置するという

工法のことのようです。(ちょっと自信のない説明

今日現在は、その歩道下地のブロック積の補強工事の為の

配筋・型枠作業中です。間知石って、最近のは既製品で

RC製ですから表面が平らになっていますから良いのですが

この現場の間知石は、石を割って作られていますので

(一昔前は当たり前だったそうです。)

表面が見事にぼこぼこで、型枠作業も大変です。

そんな中でも型枠大工さん達が頑張ってくれてます。

作業性も悪く、曲面で三次元的な型枠を組むように

なってます。

Img_4567 U

にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

コメント

ダイビングスロープ手摺り台風被害

2010年10月14日 09時32分50秒 | ブログ

ちわっす。

今日は、川奈ダイビングさんのダイビングスロープステンレス手摺り

修繕の報告です。前々回あたりにブログでアップした内容とダブりますが

前回の台風の影響により大量の流木が漂着し、川奈ダイビングさんの

ダイバー用のスロープの手摺りが破損してしまいました。

手摺りの柱の間に巨木が挟まってしまい、波によりパイプが

切断されたり曲がったり・・・

 大型の台風が来ると修繕が発生してはいましたが、

まさか流木で被害があるとは。工場加工と現場溶接にて

対応です。ステンレスですのでアルゴン溶接しますので

風雨があると施工出来ませんし、波があると作業も

出来ません。タイミングを見計らって施工します。

 あ、気づいた方もいらっしゃると思いますが

スロープの先端の方は完全に水中ですね。どうやって施工したか

干潮時に施工しますが、特に年に数回ある大潮の時に施工しました。

満潮時と干潮時で最大、海面の水位は180㎝も年間通して差があり

ます。前回の施工時には、すっかり水位が下がって、岩にアワビや

サザエが見られました。こういうのも仕事とはいえ、自然の

すごさに驚かされますし、ちょっと楽しいです

Tesuri1 Tesuri2

にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

コメント

H邸 ウッドデッキ完成

2010年10月08日 11時00分09秒 | エクステリア現場

こんにちは。今回はH邸のウッドデッキ施工報告です。

こちらは、今年の7月に完成した現場ですが、ウッドデッキ

を安く作成したいとのことで、色々工夫して安く仕上げました。

 束は檜、大引は防腐注入の米栂、すのこを米松ですが

105*45の構造材で使用しました。

松は時間が経つと色が褪せてきて灰色のようになりますが

堅く強度があります。しかし、ささくれや松ヤニという問題も

あります。そこは十分理解をしていただき、毎年の保護塗装

を御願いしました

材料費も4万円程度、塗装さえ事前にしておけば施工は2日

で完成です。他に、すのこ材に国産杉の間伐材90*90なんかを

並べて施工しても良いと思います。表面のざらざら感も時間と

共になくなっていきます。イペ材やジャラ材も良いですが

あまりにも高すぎます。2*4材の注入材も良いですが

36㎜しかないので、大引をしっかりしないといけませんね。

 なんにせよ、ウッドデッキ等外部の木材は保護塗装を

まめに塗布することが長持ちさせるポイントです。

毎年、梅雨前に塗装をしましょう

Hi3 Hi4

にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

コメント

工事看板の話

2010年10月01日 11時44分39秒 | ブログ

ちわーーっす。ぐずっ。

鼻風邪をひいてます。のども痛いし、皆様も

風邪を引かぬようにお気をつけ下さい。

 今日は工事看板の話。みなさんもよく公共工事

の看板を見かけると思いますが、最近では

工事の内容を一般の方が見てわかりやすくしようという

お達しが来てまして、「道路舗装工事」ではなく

「道路の凸凹をなおしています。」など色々工夫して

表示されています。

先日は「道路を固くしています」なんてのを見て

ちょっと笑っちゃいましたが、地盤を締め固めて

いるんだなっとみなさんがわかればそれで良い

のですね。

そうそう、以前自分が勤めていた会社の部長さんが

以下のように朝礼で言ってました。

「舗装を直すのに、舗装を剥がして下地の路盤を入れ替えして

いた。地盤がせっかく長い時間を掛けて固まったのに

無駄な金をかけて掘り返しては税金の無駄だ!」と。

これって、知識不足なんですよね。表層が割れるのは

路盤或いは路体の沈下等複合的な理由があってのことで

舗装だけやりかえしても、交通量の多い国道では

きちんと下地から修正しないといかんのです。

そんなことを思い出した看板の話でした。

Kan1 Kan2 Kan3

にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村
コメント