(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

良い年を迎えられますように。

2009年12月26日 08時47分03秒 | ブログ
クリスマスも終わり、早くもお正月体制に入って来ました。
今年中に来年1月の段取りは全て終わらせるのが
建築監督の役目?工事工程表の2月分をまとめています。
 伊東市市民運動場公衆トイレ整備工事では
順調に工事進行中で、捨てコン打設、設備土間配管
完了です。年明けすぐに基礎の配筋・型枠の段取りです。
もう1件の沼津静浦の住宅も基礎が完成し、本日、
外部埋設配管を施工して、現場閉鎖です。
しかし、ここに来てまた1現場増えまして、伊東商業高校の
職員住宅の改修工事の契約を先日済ませました。
金額は少ないものの、官庁物件が2件同時進行というのは
ちょっとかったるいです。でも、この時勢で忙しいというのは
ありがたや、ありがたや。
すんなり段取りが済んで、ばたばたしないように心がけていきます。
しかし、公共物件というのは書類が多いです。
施工計画書を全部の業種分作成するだけでも大変なエネルギーと
時間を掛けなくてはならず、その時間の確保に他がちょっとずつ
犠牲になってます。最近はいかに簡単、早くに書類を作成するかと
いうことにテクニック使っています。エクセル、ワードが普及している
現在では、文書作成も大分楽になりましたけどね。
 先日の地震の件ですが本当に終息したみたい。
あれ以来、ゆれは全く感じません。地震騒ぎも終わりです。
今年も締めくくりだけは良い年になりますように。
それでは、良いお年をお迎え下さい。
Toire2
コメント

伊東に群発地震がまたやってきた

2009年12月22日 18時33分07秒 | ブログ
クリスマスですね。ここのところ、急に寒くなりました。
先週は、ここ伊豆伊東地区で群発地震が発生しまして、
とっても怖かったです。伊東市内でもどうやら元和田地区
(国道135旧道沿い)や田代地区が被害がありました。
トヨタのディーラーやドコモショップ、東海車輌さんや他にも
旧道沿いはガラスがばりばりに割れていました。
ガラス屋、サッシ屋が大忙しでしたね。
風評被害もあり、宿泊客のキャンセルも8000人程度
あったようです。しかし、伊豆高原や八幡野地区では
伊東市での震度が5弱でもそんなに大きく感じませんでした。
多分4程度ではないかと思います。
ここ浮山地区などは溶岩で出来た地盤そのままなので
断層なども無く、揺れが大きくなかったのではないかと推測
します。
それにしても、この暮れの忙しい時期に地震なんてひどいよー。
年末年始は静かに温泉に浸かって過ごしたいという観光客が
確実に減るのではと心配です。
伊東市は早くも終息宣言をしました。昨日と今日も揺れを感じません
ので、本当に終わったようですよ。
皆さーーーん、安心して下さい。伊東は平和ですよ。
冬花火も予定通り行うそうです。
コメント

富士山はきれいだな

2009年12月14日 14時22分57秒 | ブログ

冬らしくなってきました。

町はクリスマスの装いがちらほら。我が家もようやく

ミニクリスマスツリーを出しました。

今のツリーは発光ダイオードが光る物や光ファイバーを

使用していたり、節電タイプが主流です。

昔は電球色しかなかったようなきがするけど、今はとっても

華やかでいいです。しかも安い。エコですね。

 先日、沼津の現場でコンクリート打設を行いました。

気持ちいい晴天でコンクリート日和でした。

現場からは綿帽子をかぶった富士山がよく見えます。

美しい。

 今年もあと少しで終わりです。年内に来年の段取りを

して、平和な年明けにしたいなあっと。

Huji

コメント

中国の建築現場出向のこと。

2009年12月04日 11時48分01秒 | ブログ

こんちわー。

この間、今年の中国でマンション倒壊の現場の件を書き込みしました。

私も社会人になって1年目にいきなり中国の現場へ出向命令が下り、

建築現場へ行って来ました。その時の事をちょっと書きます。

 

 現場は上海から飛行機で1時間ほどの江蘇省の連雲港市

にある、とある温泉賓館の新築工事現場です。

自分の会社の中国の子会社が請け負い、工事をはじめたものの

現地下請け業者が運転資金が底をつき、工事がストップしていました。

私の上司と2人で約2ヶ月ほど現地に滞在していましたが、

ここで中国の人々の性格や本音にずばり触れて、びっくりすることが

たくさんありました。

まず、工事がストップしている原因を話し合うのですが、ここで現地の通訳

(もちろん中国人)を雇ったのですが、これがひどかったーー。

業者と当社と施主(会社)との打合せ会は怒号が飛び交う壮絶なけんか

状態で、通訳の除(じょ)さん<60歳くらいのおじいさんでした>なんか

右に左に汗をたらたら大きな声で説明しますが、どうも話がかみあわない。

とりあえずその場をとりつくろい、次回の予定を決めて再度打ち合わせです。

昼食後、郊外を車で移動中のこと、除さんに「ここは景色がきれいですねー。」

と聞いたら「はい。天気はいいです。」・・・???

食い違いの原因はこれかーー!。上司にこの件を伝えると

それでも打ち合わせは何となく通じたからいいんじゃないということで

そのまま、除さんとのすばらしい2ヶ月を過ごしました。

除さんは老人だけど・・・・続きはまた今度。

コメント