(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

マキタ180㎜充電式ディスクグラインダ 試してみました。

2018年06月15日 11時18分59秒 | 土木工事現場

こんにちは、田中です。

完全な梅雨入りですね。

さて、今回は現場で新たに購入したマキタの電動工具のテスト報告です。

通常舗装版のカッター入れと言いますと

アスファルトカッターという機械でアスファルトを切断します。

専門のカッター施工業者もおりますし、割と小型なカッターで自社施工も行います。

しかし、小型なアスファルトカッターでもトラックなどの荷台から降ろす際に人力で1名ではちょっと重いですよね。

やはり2名で行うか、重機によってつりさげる作業が必要になります。

他にエンジンハンドカッターなるものもありますが、それなりに重いです。

舗装版を切断するなら、やはりアスファルトカッターの方が結果的には安全できれいに施工できます。

それでもほんのちょっとしたカッター入れでそういう機械を取り扱うのも手間ですし

どうしてもここだけ・ちょっとだけということも多数発生します。

そこで・・・今回マキタのこの商品を買ってみました。

18V*2の36Vの180㎜充電式グラインダです。

最近当社は電動工具をマキタの18Vに移行しておりますが、18V*2の36V

ですとかなりの重作業にも使えそうです。

さっそくやってみました。

やや距離がありますが試験的です。(S崎さん、あんまりブログチェックしないでね。

過負荷をかけますと自動停止しますが、これはかなりのねばりがあります。

驚くほどに簡単にカッター施工ができました!

この後、舗装版の撤去から掘削までスムーズ。

まあ、既存の舗装厚がやや薄かったのですが、それでも軽くてこれほど簡単に切れるなら逆に安全です。

以前、14.4Vの頃の当初のベビーサンダーですと、ほんのちょっとの負荷によりすぐに止まってしまい

使い物になりませんでしたから、やや心配でしたが。

こういう小機械類は購入時のコストに見合うだけの作業人工が稼げるかどうかが判断の決め手に

なりますが、もっと大事なのは機械を大事に長く使うことですよね。

丁寧に大事に扱って下さいよ~。

故障する前に早めにメンテナンスできるよう、きちんと収納するように心がけて下さいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お庭のお手入れも行っており... | トップ | Houzzに当社が掲載され... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

土木工事現場」カテゴリの最新記事