(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

枕木舗装通路をゴムチップ舗装へ打替えしました。

2018年08月23日 11時14分12秒 | エクステリア現場

台風の当たり年とはまさに今年のことですね。田中です。

台風20号の接近に伴い、たっぷりの湿気と高温でムシムシしてたまりません。

台風被害に合わぬよう、今のうちにしっかり対策をしましょう。

さて、今回は伊豆高原のとある保養所の外構枕木通路の改修工事のご報告です。

こちらの建物は広大な敷地に建てられておりまして、敷地内に枕木の通路が

相当な距離設置されております。しかしながら竣工後、時間の経過と共に

枕木は劣化してつまづく原因に。

見た目は風情があってとってもいいんですがね。

今回はこれをゴムチップ舗装へ変更します。

といっても施工範囲が狭く、軽ダンプがかろうじて進入できる程度です。

既存のまま残す通路もありましたので、コンパネ養生をして通路を確保。

そして枕木を順次撤去していきます。

結構な重労働です。

腐り方もこのような塩梅です。

撤去後、路盤を作成しながら地先見切りの設置。

路盤が完成後、透水性のアスファルトを敷設します。こちらも人力運搬が大変。

そして、ゴムチップ舗装です。プライマー塗布から

ゴムチップ材を混練し~

敷き均していきます。

この時厚みは1㎝ですが敷き均しの道具がユニーク。

ユンボの排土板を加工して作ったレーキをバーナーで高温にあぶって、表面を均すのです。

手で持つ小さな金ごてには小型のバーナーが内蔵されており、温めながら端部の補正が出来る優れもの!

温めているというより、表面を焼いている感覚に近いか。

途中厚みの検査も行いながら

無事に完成しました。

陸上競技のトラックにも敷設されている商品ですので耐久性は抜群。

カラーも何種類かありますし、結構優れものですよね。

興味のある方はお問い合わせください。

 

 

 

コメント

伊豆高原 N様邸 外構工事完成しました。

2018年07月10日 07時57分38秒 | エクステリア現場

ようやく東海地方も梅雨があけました。

それにしても先週の中国・四国地方の豪雨被害はひどかったですね。

台風ではないのに、あれほどの豪雨があったというのは過去に例が無いそうで

台風7号による豪雨のあとに、梅雨前線が停滞し、太平洋高気圧とのはざまで

過去に例が無いような強風によって南からの湿気が流れ込んだことが原因のようです。

大雨特別警報が出ておりましたが、これは数十年に1度のレベルの被害が発生する恐れが

あるという警報ですが、この警報が出来てから毎年聞いているように思います。

今後はそういう被害が多数発生するのが当たり前な気候になってしまった

という心構えを常に持っていなくてはならない時代になったのですね。

さて、最近公共土木工事の報告を行っていませんでしたがそれは次回に

更新したいと思います。

今回は前々回の報告現場が完成しましたのでそちらの完成披露とします。

伊豆高原のN様邸はたまたま2件共、N様でした。

<伊豆高原N様邸>

新築されたお庭の整備を行いました。

(着工前)

(完成)

地盤の鋤取りを行い、境界沿いに朴石を積んで納めました。隣地との兼ね合いでコンクリート擁壁等を

作成できない場合はこのような朴石積が低コストで見栄えも良いと思います。

ちなみにフェンスはお隣さんのものです。

 

 

<伊豆高原N様邸②>

こちらも新築されたお庭のみの手入れになります。

(着工前)

お庭の不要樹木でうっそうとなっていました。

(完成)

不要な樹木を伐採し、乗り入れしやすい駐車場を作成しました。

斜面は大幅に伐採を行い、上り下りしやすい階段も作成しました。

庭全体がすっきりしましたね。

どちらのN様共、工事のご依頼誠にありがとうございます。

今後もお庭のお手入れや建築全般にかけてお気軽にご相談下さい。

特に今回、N田様に於かれましては完成後のうれしいメールや様々なご配慮を頂き大変感謝致しております。

当社の現場管理及び作業の出来栄えを高く評価して頂いたこと、

この場をお借りして感謝の言葉とさせて頂きます。

今後とも精進してまいります。

本当にありがとうございました。

 

コメント

お庭のお手入れも行っておりますよ。

2018年05月29日 08時38分45秒 | エクステリア現場

こんにちは。田中です。

前回の更新から3週間ぶりです。

さて、当社は公共土木工事主体で施工を行っておりますが、民間工事のお庭のお手入れや

ガーデニング等の工事も施工しております。

現在ですと建物が完成してからのお庭の造成工事の物件がございます。

<伊豆高原 N様邸>

こちらN様邸は市内の不動産会社様からのご依頼です。いつもありがとうございます。

(着工前)

建物完成後、お庭全般の整地・整形・フェンス等の工事を行います。

(作業)

地盤を鋤取りして~

朴石にて境界部の土留めを行い~

全体の仕上げを整えていきます。

完成はもう少し先になりますね。

 

<伊豆高原 N様邸>

(着工前)N様はお庭の手入れ全般をご依頼です。

お庭は樹木で覆いかぶさっていて、大変でした。

孟宗竹と雑木で庭の全景がわかりません。

(作業)まずは不要樹木の伐採から~

そして斜面に階段を作成したり~

こちらの現場は駐車場の造成工事等も施工します。

 

いかがでしょうか。上記のように、お庭の手入といっても、草木の手入れから、斜面に階段を作ったりと

どんなことでも施工致します。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

コメント

ソテツ 植えました。 I様邸外構工事完成です。

2017年11月08日 15時32分27秒 | エクステリア現場

田中です。このところ、なんだかこまごまとせわしないのです。

社内もバタバタしてます。

さて今回はエクステリアの現場の報告です。

I様邸は今年の夏に開始しまして、ようやく完成になりました。

お庭のシンボルとなる樹木を何にするか、お施主様と探して決定したのがソテツです。

ソテツは成長が非常に遅く、1年で3~5㎝程度しか伸びません。

そんな中、今回はやや大きめの4m程度のソテツをシンボルツリーに選定しました。

幹高さで3.5mもあるのですが、これでも30年程度の樹齢にはなりますから成長が非常に遅いです。

その昔はソテツを食用にするために、加工をしたそうですが適切に加工しないと食中毒を起こした事例もあるそうで

なんとも不思議な植物です。

ソテツという名前の由来で「蘇鉄」が漢字表記ですから、知識の無い昔の植木屋さんが

根っこに鉄くぎを多数打ち込んで、元気になるという由来から植栽を行った事例もあったそうで

詳しくはhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%86%E3%83%84WIKI参照。

ソテツは根に土を被せすぎると良くないということで、あまり深く根鉢を掘りすぎないのがポイントだそう。

植えこんだら、幹のまわりの赤ちゃんのようなこぶ枝を払って支柱で固定します。

倒れないように4方から支柱で支えました。

他に子供ソテツも植栽して~

完成しました。

ソテツと建物の色やバランスもあって、意外とマッチしてますね。

I様、この度は工事のご依頼誠にありがとうございました。

今後もメンテナンス等で様々ご要望にお応え致しますので

末永くよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

コメント

I様邸 外構工事 もうすぐ完成です。

2017年09月13日 11時15分38秒 | エクステリア現場

田中です。台風18号が近づいています。

いつものkasayanさんのブログで確認しますと

16日の午後には台風が巻き上げる湿気により東海・関東地方も相当な大雨になると予想できます。

17日の午後には本州のうえを縦断しそうなので、このGSMモデルのままで台風が進行すると

静岡県の真上を通過しそうです。

せっかくの連休ですが、当社はお休みどころではなさそうですねェ。がっくし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、色々訳がありましてブログ掲載をしていなかった民間現場の報告です。

着工前は建物だけ完成しており、外構工事を受注させて頂きました。

地盤の整正を行って~

朴石を積んだり~

 

建物周囲の整正やもろもろを行い、現在はインターロッキングの敷設を行っています。

花壇のシンボルサークルをレンガブロックで作成して

地先見切りや単粒砕石を敷きこみながら~

下地の透水シートの上に砂を敷いて透水性インターロッキングを

敷設しています。

完成までもう少しです。

作業員の皆さん、すっごく暑いこの夏の間、本当にお疲れ様でした。

特に炎天下の中で躯体工事を頑張ってくれたT組の皆さんにもとっても感謝しております。

今週末には台風が来ますのでなんとかそれまでには、大まかに仕上げてしまいたいです。

皆さんもうひと踏ん張り、よろしくお願いいたします。

 

 

コメント

お庭の雑草対策について

2017年06月14日 13時58分58秒 | エクステリア現場

こんにちは。田中です。

今回はお庭の雑草対策として、現場の事例で紹介します。

5月の大型連休あたりから、急激に日射が強まり

木々が芽吹いて、畑などの野菜の苗を植えたりしている方も多いと思います。

畑の周りもそうですが、お庭の雑草って処理が大変ですよね。

草むしりをするには虫や、日焼け防止対策などをして

暑い中で草刈り機やバリカン・カマなどで一生けんめいむしったり・・。

それでも数週間するとまた次々に生えてきます。

 

そういう対策をまめにできる方ならまだいいのですが、遠方に住んでられる方が

伊豆の別荘の雑草対策というのも結構大変です。

下の画像は大室のK様宅です。

時期はまだ3月で、雑草が生え始めた状況でした。

地面を這うようにこれから徐々に雑草に覆われていくのですが、除草剤を散布してほしいとのこと。

まだ春先なので、いわゆるラウンドアップのようなグリホサート系の薬剤を散布するにはまだかなというところです。

グリホサート系の薬剤は葉っぱが緑の色で若々しい時に散布すると非常に効果が高いです。

葉っぱから吸収された薬剤が根っこまで浸透してやがて枯れていくので、ある程度茂っていないとやや

もったいないと思ってしまうのがケチですが。

そこで色々調べました。

JA全農新潟さんのレポートで、畑のあぜ道の雑草防除対策として

草刈りの回数を減らせる技術としての取り組みを参考に検討しましたョ。

上記のカソロンという粒状の薬剤を雑草が生え始めているこの時期に散布します。

雨が降った翌日、表土と雑草がやや湿っている状態でカソロンを散布します。

粒状の薬剤が地面に浸透し、雑草に効果を発揮するようです。

また合わせて翌日の晴天の日に、ラウンドアップを雑草に直接散布しました。

ラウンドアップは葉っぱに直接噴霧するものですから、土にまいても効果はあまりありません。

この薬剤を2種類散布してから2か月ほどしましたので効果の確認をしてきました。

するとビックリの効果が・・・

雑草が完全に死滅していましたーー!

多少の雑草が新たに生えているだろうと思っていましたが

新たな雑草は1本も生えていません。

 

花壇の部分を見てもらえばわかると思いますが、本来ならばこのように雑草が

一杯生い茂るはずです。

ラウンドアップだけで除草の場合は、もっと回数を多く散布する必要があったかと思います。

それがカソロンを事前に散布するだけで、このように効果が上がりましたョ。

今後はラウンドアップだけを夏季に散布してみようと思います。

 

雑草つながりで言えば前回の記事・・・

http://blog.goo.ne.jp/hiyoshikk/e/a8233026e0365718f171019e82ffbda7

カヤが植木を侵食してしまったあかざわ恒陽台のS様邸の現場ですが・・・

表土と共にカヤの根っこをすべて剥ぎ取りました。

整地もしなければ。

 

大変です・・・。

 

 

 

 

 

コメント

ススキ(茅)を放置してたら植木がピンチに・・・。

2017年06月06日 08時36分33秒 | エクステリア現場

こんにちは。田中です。

梅雨入りが非常に気になるこの頃ですが、最近は乾燥したさわやかな晴天

続いていますね。

さて、今年の春先に施工させて頂きました、赤沢恒陽台のS様邸です。

敷地内の斜面にデッキが欲しいとのことで完成しました。

既存の建物から降りる鉄骨階段も設置完了し、お庭を一体的に利用できるようになりました。

デッキの周囲にはレモンや甘夏の木を季節的にもベストなタイミングで植栽できました。

竣工してから1か月程度経過しまして、現地確認したところ大変なことになっていました。

やばい・・・

かやで大変なことになってる・・・。

レモンの木が・・・

完全にぼうずになってる・・。

かやの葉っぱに影響されている範囲のレモンや甘夏の木の新芽や葉っぱがすっかりなくなって

しまいました・・・ごめんなさい・。

ここまで成長しているとは、恐るべしススキ(茅)。

緊急で除草作業を行いました。

ススキはイネ科の多年草で、茅とよばれています。地下茎を伸ばして繁殖するところは

芝と一緒ですが、茎の長さは最大で2.5m程度も成長し、秋になると白い穂を出して種子を飛ばしますから

近隣に同じようなススキがあると種が飛来し、次々に増殖していきますので、非常に強力ですね。

以前のお客様で、玄関先にススキが欲しいといわれて植栽した経験がありますが

数年そのままにしたらえらいことになり、結果すべて撤去した経験もあります。

とりあえず草刈り完了しました。

けれど植栽はというと・・・

かなりのショックです。でも、一部新芽も出ていますので、立ち枯れまではしていないようです。

夏に向けて、体制を整えれば無事に成長してくれると思います。

このあと、茅の根の撤去作業に入ります。

一時的に茅の根にグリホサート系の薬剤を散布し、それでも茅の根は非常に強いのでまた生えてきます。

今回は茅の根と表土を地表全体を重機にて撤去する作業を行います。

それでも数年すると、近隣から種子が飛んでくるかもしれません。

その際には早めに除草剤で根まで枯らすことが一番だと思います。

他に表土に防草シートなどでグラウンドカバーするのもいいかもしれません。

(工事着手前はこんな感じだったのでここまでになるとは考えがちょっと甘かった・・・。

 

 

 

 

 

 

コメント

H様邸 イペが高いのでアマゾンセランガンバツでウッドデッキを作成しました。

2017年03月24日 11時29分20秒 | エクステリア現場

こんにちは。春なのに朝はまだ寒い日が続きますね。

皆様、体調にご留意ください。

今回は浮山のH様邸のデッキの改修工事の報告です。

どうしても安くしたいとのリクエストで、前回米松のKD材でウッドデッキを作成しましたH様邸です。

塗装をまめに施工しても、10年耐久性がありませんとの了解で施工しましたが

やはり徐々に各部の腐食が進行し、この際にしっかりしたデッキに変更をとのこと。

でも安くしたいとのリクエストにお応えして、今年早々の材木問屋さんの新春初物フェアーで

格安でセランガンバツーをゲットしておりましたので、そちらを使用してデッキを計画しました。

イペやアマゾンウリンなどが耐久性には優れますが、特にイペ材は近年伐採計画なども進み

供給量も少なくなり、価格も随分と上がってきています。

そこで、同じような比重の強度があるセランガンバツーの出番となるのですが・・・。

それなりに問題点もあります。

作業としては塗装前の材料の表面研磨から始まります。

イペやウリンもそうですが、特にセランガンバツーはささくれに注意です。

丁寧に表面をサンダーで#80くらいから#120の間で徐々に表面を丁寧に研磨します。

こうすることでつるつるの肌になり、手足にささくれが刺さる事故を無くせます。

その後、キシラデコールで2回塗装を行います。

基礎工事は束基礎部を事前に掘削して、均しコンを打設しました。

束基礎を設置し、根太を回していきます。

すのこを順次張っていきますが、キリの刃を何本も予備しておきました。イペ同様非常に硬いです。

 

すのこも下孔をあけてからもんでいきます。

デッキ専用のビスで施工しました。この非常に硬いビスでも、数回ばっつんと切断されてしまいました。

以前まで当社はデッキビスをSUS304の+ビスを使用していましたが、最近はもっぱらこのダンドリビスデッキ用を

使用しています。強度もあるし、角穴ビットなので角をなめてしまう恐れもありません。

そして完成です!

非常にシックにあがりました。風合いもイペとほとんど同じ仕上がりですが、コストは大幅に安くなります。

おススメですョ。

(セランガンバツはアクが発生します。下処理を行わないでそのままで使用されますと茶色い

ヤニのシミだれが出てきますので、ご注意ください。)

 

 

コメント

伊豆山 T様邸 外構工事完成しました。

2017年01月13日 10時47分33秒 | エクステリア現場

寒いっす今週末はセンター試験だというのに今季最強の寒波が土日にやってくるそう

何でも-45℃の寒気が吹き込んでくるようなので大雪が東北から北陸まで警戒されています。

-45℃というのは地球では北極にある寒気と同じだそうですから大変なことですね。

受験生のみなさんは、無理せずに栄養をとって、十分な睡眠と防寒対策をしっかりして

時間にゆとりを持ってセンター試験を無事に乗り切ってくださいね。

さて、今年の現場報告の一発目ですが、去年末ぎりぎりに滑り込みで完成した伊豆山T様邸の

報告でいきたいと思います。

T様邸は10月にお話しを頂きましたが、他現場との兼ね合いでここまで遅くなり申し訳ございませんでした。

着工前はこんな状態でした。

建物入口となっている通路の木製デッキが腐ってしまい、破損してしまいました。

木製で作成しなおしてもいいのですが、今回はお施主様のご希望により地盤をかさ上げして

土がよろしいとのことでしたので、いつもの朴石積で細工をすることになりました。

まずは、腐って破損しているデッキを解体しまして~

下地骨組みまで残しました。

柱や桁材の損傷のひどい部分は差し替えや補強を行います。

と同時に朴石を積みながら、盛土転圧をしっかり行っていきます。

通路土間の型枠や配筋を行って~

コンクリートを打設しました~。相変わらずのバケットホッパー打設です。

そして、きれいに木鏝で押さえて刷毛引き仕上げを行います。

完成です。

水がたまらないように、途中を飛び石でデザインしたり、雨だれ部をモルタルで補強したりと

当社の職人さんのみんなの知恵と工夫で完成しました。ありがとう~

施工量はそれほど多くはなかったですが、見えないところでの工夫がたくさん盛り込まれていて

詳しくは書き込めませんが、見積もりの内容通りにスムーズに完成しました。

T様、このたびは工事のご依頼誠にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

*岩本建材社長様も工事のご協力ありがとうございました。

 熱海での工事の際にはまたご協力お願いいたしますね。

 

 

コメント

あじろ山 S様邸 外構工事完成しました。

2016年07月07日 11時15分23秒 | エクステリア現場

田中です。暑い夏らしい日が続きますね。

梅雨がこのままあけてしまうパターンになりそうな気もしますが・・・。

さて、長らく施工させて頂いておりましたS様邸の外構工事がようやく完成致しました。

梅雨時と重なり、思うように土工事が施工できなかったりしてずいぶん予定よりも押してしまい

大変申し訳ありませんでした。

<着工前>はこんな感じでした。

石積も崩れていたり

庭も雑草の手入が大変だったようですし、

メンテナンスの必要の無いグラウンドカバーをしたいとのことから話がはじまりました。

前々回のブログで途中までの進捗状況を掲載しましたが

その後、駐車場の完成を見て、上の庭部の下地を整形しますが、除草を行い表土を転圧します。

ある程度平らにして、自然舗装材を㎡あたり3袋程度仮置きします。厚み50㎜程度の施工になります。

レーキできれいに敷きならしていきます。

この時の厚さの管理が重要になりますので、バカ棒等を使用して少しづつ敷き均していきます。

その後散水を行います。1㎡あたり夏季は15L程度散水しますが、乾燥状況を見ながら様子を見ます。

シャワー工法の場合です。

たっぷり散水してあげますよ~

するとこんな風になって完成です。

<完成>

しっとりとしていますが、12時間もすると十分歩行可能になります。

全景もこのようになりました。

駐車スペースも広くて、フェンスやバリカーも設置完了しました。

石積も目地モルタルを灰墨で施工しましたので朴石としっくり合いますね。

S様お気に入りの鉄棒もそのまま残しました。

S様長らくお待たせしまして大変申し訳ございませんでした。

出来栄えを喜んで頂きありがたいです。

W建築様もありがとうございました。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

コメント

外構工事各種現場報告6.24

2016年06月24日 17時29分32秒 | エクステリア現場

ブログのネタが不足気味でして・・・。

現場の数も一時の忙しさから解放され、当社の部隊が施工するだけで十分な仕事量です。

そんな中ですので、それほど目新しい作業はありませんが

順次ご報告~。

まずはあじろ山の現場です。

こちらはその後、着々と作業を進めておりますが、意外と手間がかかる作業です。

建物の裏側の狭い部分にポンプでコンクリートを打設したり

ちんまい朴石で階段を作って~灰墨モルタルで整形したり

駐車場はアスファルト舗装なのですが、意匠で枕木を設置したいとのことで下地が大変~

少しづつ枕木をセットしながら何回かに分けて舗装していきました。

手間がかかります~

バリカーも固定式やら上げ下げ式等、色々。

斫って埋め込みます。

徐々に全景が見えてきまして~

椿も植えたり~

あとはこの椿の周囲の地盤を自然土舗装材にてグランドカバーすれば完成になりますが

天候に悩まされてます~

続いては伊東市内の増築現場の外構工事ですが

こっちもこまごましてまして~狭いところでバケツリレーのコン打ちしたり

ちんまい集水桝やU字溝を設置したり~

門扉の躯体を作成したりしています。

それでもお仕事があるだけ幸せですね。

いつもありがとうございます~。

 

コメント

公共工事が0なので、民間外構工事多数施工しております。

2016年06月06日 08時25分45秒 | エクステリア現場

東海地方が梅雨入りしました。ジメジメした嫌な季節ですね。田中です。

表題の通り、当社は只今公共工事物件の施工がゼロとなっており

ここぞとばかりに民間工事を施工させて頂いておりますので、まとめて報告します。

①宇佐美の駐車場造成工事です。こちらはおなじみの不動産会社様からのご依頼です。

<着工前>樹木が生い茂って、草でボーボーです。

<完成>樹木伐採して、簡単な駐車場にしました。

②あかざわ恒陽台のお客様です。おうちの周りを造成して、駐車場を作成します。

<着工前>お庭がややさみしかったのですが

<完成・・・では無く作業中です>

既存の浄化槽周囲を整形して朴石を積んで駐車場スペースを確保しました。

③あじろ南熱海分譲地のお客様です。こちらもおなじみの多賀の建設会社様からのご紹介です。

<着工前>既存の枕木階段の枕木が腐ってしまったので、改修を行いました。

擁壁も枕木製とはちょっと無理がありますね。

<完成>

雑割石を人力で積みました。結構大変でしたよ。

擁壁も人力のみで施工しました。こっちも大変。

④続いて、網代山のお客様です。こちらも多賀の建設会社様のご紹介です。ありがとうございます。

<着工前>やはり敷地内に駐車場がほしいとのことですが、全面道路が結構な勾配18%もあります。

既存の石積もいのししの被害で崩れてしまったりしています。

<作業中>現在工事中ですので、完成はもうしばらく先ですが

石積だけは完成しました。

駐車スペースの整形に入っています。

皆様には多数のお仕事を頂き感謝しております。

公共工事が無い時でも、このようにお仕事ができるだけでも本当にありがたいです。

お付き合いさせて頂いている、不動産会社様・建設会社様、誠にありがとうございます。

これからも早く・安く・臨機応変に対応するよう、頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

コメント

浮山 H様邸 造園工事完成しました。

2015年09月02日 09時17分14秒 | エクステリア現場

H様、このたびは工事をご依頼頂き又、長らく施工をさせて頂きまして誠にありがとうございます。

ようやく、建物の改修工事と外構工事が完成致しました。

<着工前>

着工前は駐車場が手狭で、縦列駐車で2台しか駐車できませんでしたが・・・

<完成>

隣の区画と連続して駐車スペースを確保しまして、広々となりましたーー。5,6台は駐車できそうです。

鉄平石の飛び石も既存のデザインに合わせて同様に仕上がりました。

<着工前>

樹木が生い茂ってうっそうとしていた隣の区画も・・・

<完成>

すっきりひろびろーって感じです

薄暗く段差のある通路も鉄平石張り仕上げにより平らで安全な通路に生まれ変わりました。

建物までは車いすでも安全に入れるようになりましたね。

工事の出来栄えもH様に喜んで頂け、施工者冥利に尽きます。

こちらこそ本当にありがとうございます

ただ今、ご依頼の建物の2期改修工事のお見積り作成中です。

こちらは更に規模が大きいのでお見積りにややお時間がかかります。

H様、もうしばらくお待ちくださーーい。

コメント

T様邸外構ウッドデッキ(ACQ版)完成しました。

2015年05月23日 15時54分47秒 | エクステリア現場

昨日今日はさわやかな晴天でしたね。田中です。

なんだか最近はウッドデッキの仕事が多くて、まるでエクステリア屋さんのようです。

今回はウッドデッキの新規設置工事の報告です。

既存の住宅のお庭にデッキがあるといいなあっていうまさにぴったり物件です。

<着工前>

平屋の真っ白な洋風住宅で、テラスの前が空いています。もったいないですね。

この建物のテラスと連結して、ウッドデッキを設置したいとのご希望で~・・・

<完成>

反対側から~。

内部テラスから~

今回はお施主様のご予算の関係で、手すりを最小限にしたりデッキ材をACQ材(加圧注入材)にキシラデコール塗りで仕上げました。

どうしてもイペやウリン等に比べて耐久性が劣りますので、色々工夫しています。

手すりがごっつくなっているのは、布団干しとして使いたいというリクエストからです。

壁際には、根太掛けが直接コンクリートに触れないように樹脂パッキン材を挟み込んだり、

本当はコンクリート基礎が好ましいですが予算の関係でささらの土に設置する部位にキソパッキンを取付したり

工夫をしています。

造作工事は最近のおなじみになっている、K山大工とO川大工さんのコンビです。

仕事の段取りが良く、あれこれ指示しなくても上手に納めてくれます。

テキパキ動きが良い二人です。いつもありがとうね。

今回もばっちり図面通りに完成しました。

T様、お仕事のご依頼誠にありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

コメント

W様邸 樹脂デッキ改修工事 完成しました。

2015年04月25日 09時18分41秒 | エクステリア現場

いやーあったかくなりましたねー。昨日は網代の気象観測所では26℃を記録したそう。

早くも夏日到来ですね。田中です。

長らく施工しておりました、浮山のW邸デッキ改修工事がようやく完成致しました。

<着工前>

デッキ下地の桁が大きく破損していました

仕上げ材のデッキはイペ材という高級材を使用していましたが、下地の米松がNGですっかりボロボロ。

新築後5年程度でこうなってしまいましたので、解体して下地を鉄骨で作成し、樹脂デッキ材を使用して~

<完成>

すっかり別物になって仕上がりました。

特にすのこの部位はこんなに変化しましたよ。

<着工前>

イペ材とはいえ、塗装を行わないと灰色化してしまいあまり美しくありませんでした

こんなに色があせていましたがこれが・・・

<完成>

すっきりきれいに納まりました。樹脂デッキ材は色あせ・耐久性に優れます。

これで半永久的にW様邸におかれましては安心して使用できますね。

腐りも心配なく、こういう大がかりなデッキテラスは溶融亜鉛メッキ鉄骨での下地をおすすめします。

施工したいという方はお気軽にご相談下さい。

お客様の建物や予算に合わせて、臨機応変に提案・お見積り作成させて頂いております。

あまりお金を掛けられないよーという方にもそれなりの方法もございますョ。

コメント