ひよぷーこ ちゅみちゅみ日記

ちょっと思いついた事を何となく書き記したいと思います。

12月25日の日記 (次回は1月12日金曜日からとなります)

2017-12-25 08:29:44 | 日記
17/12/25(月) 曇り 16.1℃ 64.0㎏ 胃の調子→まあ良い

(みかんで開花した能力は未完に終わった) の後編ですが、

その前に...

「にーちゃん、世界卓球の選考会中継見たッピか?」

サラッと終わった印象もあるけど、張本選手と伊藤選手にはいいクリスマスプレゼントになったねぇ。

地元の子供達も喜んだことでしょう。

「ところでにーちゃん、よく見たらくちびるがぷっくらつやつやだけど、昨日はコラーゲン鍋パーティーだったッピか?」

違うよ! 口唇ヘルペスで水ぶくれなんだよ。

「あいかわらず冴えないッピねぇ」


本編に戻る

前回のあらすじ...

自家製冷凍みかんを食べようとフォークを突き刺したが、ツルンと滑ったはずみで右手親指の爪を割ってしまった小3頃のにーちゃん.....


その後、お箸や鉛筆を使う時には怪我をした親指をピンと立てるような握り方になってしまった。

爪が治ってきて色々な人が矯正しようとしたが、癖は治らなかった。

余分な力が入ってスラスラとは書けないが、利点としては固定されるので精密に書ける。

その結果...

冬休みの宿題でもあった国語の書き取りで、中野区で特賞、東京都で金賞に選ばれてしまった小3のにーちゃん。

まさに怪我の巧妙である。

賞状を家で額縁に入れてもらったが、学校では大したことは何もなかった。

玄関ホールのトイレの前にかわら版みたいに貼られたが、これじゃかわや版だ。

指が回復してきた翌年の結果は中野区金賞に留まった。

やはり握り方が邪道なのか、中学高校と進学するたびに字が下手になっていった。

ノートもまともにとれなくて、漢字もほとんどひらがなで書いていた。

キーボードも指一本。

スマホのタッチパネル様々である。


番外編へと続く...

また次回...

12月22日の日記 (みかんで開花した能力は未完に終わった (前編) )

2017-12-22 08:32:37 | 日記
17/12/22(金) 晴れ 15.1℃ 64.2㎏ 胃の調子→まあ良い

「にーちゃん、公民館に卓球でもやりに行こうッピ」

前回でもふれたけど、寒さで右手親指がぱっくり割れて何をするにも不自由だからラケットなんて握れないよ。

しかし、みかんも凍る寒さだねぇ。

今年の夏に「冷凍みかん始めました」のポップ付き自販機が目にとまった(・o・)

(切ったリンゴの自販機はあるので、)冷凍みかんがゴロッと出てくるのかと思いきや、

冷凍みかんをイメージした飲料とのこと(シャリシャリ感があるのかな?)

果汁は0.1%と小さく表記。

ジャロに電話したらどうじゃろと思った。

それはさておき...


先日の早朝6時頃に、2メートル頭上からゴミ袋に入った変色したみかんが落ちてきた。

文鳥のピーコちゃん達にあげようと冷蔵庫で保管していたが、暇がなく腐らせてしまった。

翌日のゴミ回収に備えて棚の上に置いといたのが、みかんの重さでずり落ちてきたようだ。(寝顔から15センチの距離)


ティッシュ耳栓をして寝ているので、ボサッという鈍い音程度だったが、

隣の部屋で寝ている文鳥のピーコちゃん達には迷惑をかけたようだ。

ということで、親指の傷とみかんで、昔の出来事を思い出した。


小学生時代の夏休み、旅先の電車内でのお楽しみと言えば冷凍みかん。

家でも食べたいと、みかんを冷凍庫に入れて作った。

車内販売の適度な固さを越えてカチンカチンになった。

なんとか皮を剥こうと試行錯誤したようだか、最終的にはフォークを左手に持ち、右手でガッチリみかんを押さえつけた。

力をこめて凍ったみかんの皮に挑んだが、

みかんから滑ったフォークの先が右手親指の爪を直撃!

爪の左縦半分が剥がれてしまった。

それほど痛まなかったと記憶しているが、人体模型のような赤と白のスジが丸見えになった。

日曜夜8時頃、野方駅近くの医院へと向かう。

暗がりの医院の電気がパッと付いた。

消毒をして包帯を巻いてもらった。

今でも野方駅ホームからその医院が見える。


それ以降、お箸や鉛筆を使う時には、右手親指を突き立ててかばうような持ち方に変わってしまった。(単なる癖だけど)

それは今日にまで至る。


続きは、また次回(月曜日)


12月18日の日記 (昼間は多少暖かい)

2017-12-18 08:36:32 | 日記
17/12/18(月) 晴れ 14.8℃ 64.2㎏ 胃の調子→まあ良い

朝ゆっくり手を洗う余裕がないので(文鳥関連)、とりあえず部屋にあるアルコールタオルで手をふくのだが、タオルが冷たく、左手をふくことはためらわれた(心臓に悪い)

スマホのタッチパネルの反応が良くない。

何故なら、寒さで指先が割れて固くなったから。血も出て痛い。

昨晩は歯みがきやシャンプーもうまく出来なかった。

文鳥のピーコちゃん達につつかれたら大変だが、ピーコちゃん達も寒いらしく、ダイレクトに手の中に飛び込んでくる。


朝うがいをしていたら、ピーコちゃん達が上空を通過してプラ製配管の上にとまった(お気に入りの場)

以前文鳥のぷーちゃんにブパァー!と吹き出してしまったことがある。

直接にはかからなかったけど、固まってしまったぷーちゃん(^○^)

うがい中、目の前に文鳥がいると何故か笑いが込み上げてきてしまう。

ちなみに洗面所でのうがいも余裕がなく簡易的なもので、部屋に入り、飲むヨーグルトで再度うがい。水だけよりも喉がキレイになります。

イオン、西友、日清ヨーク、森永、明治の順で薄味になります。

西友の飲むヨーグルトがちょうど良い。

また次回(金曜日)

12月15日の日記 (やや寒い)

2017-12-15 08:32:37 | 日記
17/12/15(金) 晴れ 14.8℃ 64.1㎏ 胃の調子→けっこう良い

先日自転車同士の接触事故(当て逃げ?)にあった。

ガツンガツン!

バランスを保つため「ワッワッ」と声を出すにーちゃん。

「すんません」のひと言くらいあってもよさそうだが、キューン!と行ってしまった。

師走らしい光景とも言えるが、気をつけましょう。


前回のトコろんにまつわる後日談...↓

所沢を歩いていたらトコろん展を開催していた。
(トコロテンみたい)

簡単なクイズに答えると抽選でトコろんグッズ等が貰えるらしい。

女性に「特賞大当り!トコろんの直筆サイン」が当たったが、

やや微妙な反応の女性であった(^○^)


僕にも声をかけてきた職員さん。

(風呂には入っていないが)湯あたり気味でクイズどころではなかったので、

「ちょ、ちょっと時間がないので..f(^_^」と断ると、

「時間がない...?? ( -_・)?」との反応。

一見して人をひま扱いしてはいけない。

にーちゃんは意外と忙しいのである。


また次回(月曜日)


12月11日の日記 (ゆるキャラに出くわす)

2017-12-11 08:06:30 | 日記
17/12/11(月) 晴れ 16.6℃ 63.8㎏ 胃の調子→けっこう良い

秋口の出来事...

自転車で埼玉県にある貯水池の入り口付近に差し掛かると、

目の前5メートルで、大きな黄色とオレンジ色の物体が目に入ってきた。

所沢市のキャラクター「トコろん」である!


イベント帰りというより、何かの撮影を貯水池でしていたようだ。

原付侵入防止柵でいったん台車から降りてひょこひょこ歩き、再び台車に乗る一部始終を食い入るような眼差しで見つめていたにーちゃん。

(ゆるキャラの移動には台車が使われることが多い)


その日はスマホを持っていたので写真を撮りたかったが、許可をもらうひと言が出てこなく、目に焼き付けるにとどまった。

(実演中以外の撮影ってやや失礼だし)


お子様ではなさそうだが執拗に見つめるし、何にしても地域住民だからと、にーちゃんに右手を振るトコろん。
↑(一歩間違えれば逆に失礼?)

そうそう、市役所の倉庫に帰るまでが任務。気を抜いたり、途中で「パカッ」と外してはいけない。

その後も通行人に愛想を振りまく忙しいトコろん。


↑(市職員と台車で駐車場に移動をするトコろん...(に入っている人も市職員 (T_T) )

(去り際にパシャリ_(._.)_)


帰還途中のレアケースに遭遇できて、かなり嬉しかった。


だが、にーちゃんは写真のお願いだけではなく、ある事を言い忘れた...


↑(心の声)

肝心な事も言えず、ただただ見送ることしかできなかったにーちゃんであった。


(黄色会とは? →にーちゃんとひよぷーこが結成した会派。過去記事あり)



有望な人材を逃し、落胆するにーちゃんは、まるでヤンキースのGMのようだ。

また次回(金曜日)