ひよぷーこ ちゅみちゅみ日記

ちょっと思いついた事を何となく書き記したいと思います。

運動をしてきました、2016冬。(食いしん坊編)

2016-02-29 08:28:01 | 日記
帰宅途中、トイレに行きたくなり
公民館に立ち寄ることに。
その後 併設されている図書館をチラッと覗くも
足早に駐輪場へと向かう...


お昼ごはんとしてカロリーメイト等を持っていったが
運動中はあまり食欲が湧かずに殆ど食べず仕舞い。
(ロビーで ゼリードリンクをチュウチュウ、
グリコの[毎日果実]は薄くて食べやすかった)

ちょうどこの頃お腹が空いてきたので
残りのカロリーメイト類を食べることに。


駐輪場で目立たずスマートに口に入れていたつもりだが
後ろから歩いてきた男性に いきなり

[あーっ!! ! 食いしん坊!] と言われる...( ゜ェ゜)??
(0.5秒後 心の中で 力なくコケる僕)

男性はそう言い放つと 振り返りもせず
公民館(図書館)の中へと消えていった。

はじめは独り言かなと思っていたが...

確かに午後4時に外で何か口に入れていれば、それは
食いしん坊と言われても仕方がないかなとも...


あれこれ考えながら6本目のカロリーメイトを
頬張っていると、(やっぱり食いしん坊?)

さっきの男性が戻ってきた!( ゜A゜ ) !


(あーっ!! まだ食べてる!)

そう言われるんじゃないかと思い
戦々恐々と身構えながらも 少し期待をしていたのだが、

男性はチラッと見る素振りも見せずに
自転車で立ち去っていった。

これ以上の関わりは無用、というより
一気に僕への関心が失せたという感じだった。


それにしても、今時食いしん坊なんて言葉...
たぶん初めて言われた。
全身に何とも言えない(くすぐったい)脱力感が...


(スーパー食いしん坊 という異色グルメ漫画は
面白かったです。
いつかネタにしたいのだが 単行本が行方不明)


また中頃(木曜日)... (次回はピンポン本編)



















運動をしてきました、2016 冬。 (ニャンコ編)

2016-02-25 08:23:21 | 日記
.....運動後の帰り道、電柱に貼り出されている
猫の里親募集を兼ねた 保護型猫カフェの広告が目に留まる...
(7ヶ月が2匹 と11才の猫)


ここから3駅先の線路沿いに店舗があるのだが 
僕は時々その前を通るので
陽射しの当たる窓際で まどろむニャンコを目にする。

それを見ると里親になった人は、たまには猫ちゃんを連れて
猫カフェに遊びに出向いてほしいなとも思ってしまうが、
現状はそれどころではなく、色々とても大変らしい。

そもそも里親は頻繁に現れるものなのか?
僕は猫を取り巻く諸事情を殆ど知らない。


1時間1000円(ドリンク付き)ということらしいけど
1人でも複数名でも同じ料金なら
友達同士で入りやすいし、運営も順調にいくような...?
(中学生以下は半額らしい)


今思い出したが 西友でのレジ待ちの時、
前の男性がカゴいっぱいに猫の餌を買っていました。
(最初はカミソリか何かかと思ってギョッとした)

5000円だったので50個ほどか?(パウチタイプ)

店員さんがレジ処理をしては男性が袋に入れていくという
絶妙のコンビネーションで、さながら餅つきのようだった。
(店員さんもクスクス笑っていました)

たぶんNPOとかの職員さんだと思う。


その日の帰り道に、連れ立って歩く2匹の猫に遭遇。
遅れがちな1匹に対して 猫パンチをあびせるリーダー格の猫。

猫は孤独を好むと言われるが
仲間がいれば、それはそれで充実しているように見えた。
(ちなみに僕は猫以上に孤独を好む...というか それが自然)


去年この辺りで 猫にまつわる事件が起きたので
長らくこの道を避けていたのだが...
何処からともなく集まってくるニャンコ達。
(あまり良い事ではないのか?)


猫ブームと言っては何だけど(空前の猫ブーム とはNHK)
多分この先、色々な事が良い方向に向かうのでは?

話を戻す...

...会場内でポカリが買えず(自販機の急な故障)
浸透圧に劣る他の飲料水を飲んだせいか
妙にトイレに行きたくなり、

図書館併設の公民館に立ち寄るのだが、そこでは
さらなる事態が待ち受けていたのである。

次回 (食いしん坊編) へと続く...


また来週...

おまけ...(秘蔵っ子紹介シリーズ第3弾)
学生時代にUFOキャッチャーで取ったもの⬇

押すとニャーニャー音が出たが とうに電池切れ。
ワンコのもある。









運動をしてきました、2016 冬。 (インコ編)

2016-02-22 08:16:32 | 日記
近場のピンポン競技会に出てきました。(たぶん)

以前のブログで、原監督の退任会見を引き合いに出して
今後出るのかどうかについて少し触れましたが、

昨年の会見ではなく、第一次原政権時の退任会見の言葉、
[私には夢の続きがあります] という文言を
オチに使うつもりでした。

つまり、いつも通り出掛けてきたというわけです。
(詳細な得点経過などを記載する予定とも書きましたが、
あまり意味がなさそうなので それは控えることに)


先ずは、行きと帰りの話を...

僕は、行きこそ 毎回寸分違わぬ経路で
会場へ向かいますが、

帰りは 色々降りかかったものを軽減するために、
何処に寄るということもなく
ブラブラゆったり帰ることにしています。(クールダウン)


損傷した各部位(心身両面)の修復を行うべく(またアザできた)
今回もご多分に洩れず脇道に逸れていき、
気分的にも迷宮へと いざなわれていくのですが、

近所ではないし、住宅地だが 川や谷や丘が入り組んだ場所を
自転車を押しながらボーッと歩いていた僕は、
知らない道に迷いこんでしまいました。


気がつくと 窪地にポツリとある公園にたどり着きました。
見上げると、コンクリートで固めてはあるものの
急峻な崖があり 20メートル上には住宅が...

土が剥き出しの斜面もあり、行政も把握しているであろう
ハザード地帯の雰囲気が...

そこで1羽の大きな尾長の鳥が 目に入り込みました。


その鳥は大型な黄緑色のインコと思われ、
崖上の 鬱そうとした樹林へと帰還していきました。

日本古来の野鳥ではないはずなので
飼育されていたものが逃げたのかどうなのか?


真冬の日本での珍しい光景に目を丸くしていたら
続けざまに 同じ種類の鳥が樹林へ入っていきました ( ゜Д゜)!

耳を澄ませば 色々な野鳥の鳴き声が響き渡り、
まさに別天地といった様相を呈していました。


そんな幻想的な風景に心を上書きされてリフレッシュ。
最寄り駅とは違う 隣の駅をひたすら目指すことに...
(まだ道に迷っている)

暫くすると[駅はこちら方面]という住民手作りの看板が。
どうにか線路沿いにたどり着く。

踏み切りが開くのを待っていると、電柱に貼り出されている
猫の里親募集を兼ねた 保護型猫カフェの広告が
目に留まりました。


猫話は木曜日へと続く...

(2月22日、今日は猫の日だあー)














番組収録に駆けつける!? (後編)

2016-02-18 08:22:56 | 日記
(前回までのあらすじ)
遠投競技会を断念して、電気店で長野オリンピックを観戦、
地味に帰宅することとなる...

後日、[炎チャレ]のテレビ放送を見ました(録画もしたと思う)
数百名が参加したとのこと。

本格的な社会人選手などがいないのはもちろん
草野球選手もあまり見受けられず、
本番前には参加者同士でキャッチボールで肩慣らしをしたり
楽しいイベントとなったようです。

球場で完結すると思っていましたが、優勝者がスタジオへ。
ウンナンの二人やゲスト達に囲まれて
華やかなエンディングとなりました。

それを見て、[行かなくてよかったぁ] と安堵しました...


当日、電器店で見たオリンピック放送が
TBS系列だったとしたら、
TBS長野冬季五輪テーマ曲は TRFの [ Unite The Night ]、

懐かしいです。
長野冬期五輪の歓声が甦ります。


また来週...



番組収録に駆けつける!? (中編) 

2016-02-15 08:29:42 | 日記
(前回までのあらすじ...)
TV番組の遠投競技会への参加を決意し、川崎球場に向かうも
靴を間違えたことに気づき、いったん帰宅。

運動靴に履き替えて、再出発をしたのだが...


駅の近くの運動場に ウォームアップをするために立ち寄る。
遊具も何もない 長細いグラウンドで、
持参した硬球を遠投しようと 軽快にステップをきざみ、

全力で腕を振りにかかったが、妙な体の違和感と共に
手前3メートルにボールがぽとり...( ゜A゜ ).......


肩が痛いわけではなく、
全身が運動を拒絶した感覚に陥った。
前夜に一夜漬けと称して
全力投球をしたことが仇となったのだろうか?

とにかく、[こりゃアカン] ということで
川崎球場に向かうのを断念したのでした。


この日を境に今日まで、僕の身体能力は
異変をきたすこととなるのであるが、
昔の記憶に照らし合わせて
いきなり運動をするのは やはり良くない。


この頃の真冬の午前8時頃は冷え込みも厳しく(今年は暖かい)
古本屋の10時開店まで、日なたで待機。
その後コジマ電機に立ち寄りました。

長野オリンピックも開幕して4日目、
祝日だったことも重なり テレビ売り場には大勢のお客さんが。
[ブラウン管]には快晴の長野が映し出されていました。


木曜日(後編)に続く...