羊のプチ冒険

フランス語と英語の通訳案内士(未年生まれ)が考える、こんな事、あんな事・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デジャ・ヴュ・・・déjà vu・・・既視感

2015-01-24 22:38:58 | 日本と日本人
もう、見飽きるくらい、ですね。同じパターンの、苦戦、あるいは敗戦。何のことでしょう・・・サッカーです。

アジアカップの対UAE戦。おっとりと試合に入ったところ、相手はハイテンションで一気に攻めてくる。速攻から、早々に失点。その勢いに気圧されたかのように、守備陣は下がり気味となり、前線との距離が少し開いて、得意の細かいパスがいつものようには繋がらない。横パスやバックパスが増える。攻撃陣は、焦るのか、いつも以上にシュートが枠に飛ばない。押し気味に支配を支配しているように見えて、ただ時間だけが過ぎていく。後半同点に追いつくこともありますが、結局1点が遠く敗れることもある。23日は、同点まではいきましたが、そこまで。PK戦で、敗退。

以前よりくさびのパスが良く入るようになったとか、内容面を評価する声もあるでしょうが、結果を見れば・・・何回見たことでしょう。監督が変わり、選手が変わっても、同じような試合展開。見飽きてしまいました。どうしてなのでしょう。国民性としか言いようがない・・・そう思えてしまいます。

サッカーは国民性を表すと言われます。きっと、他のスポーツでも言えるのでしょうが、個人競技より団体競技の方が、国民性が見え易いのでしょうね。なにしろ個人競技では、個人のキャラクターが立ってしまうこともよくありますが、10人以上のチームにもなれば、平均的国民性が現れやすのではないでしょうか。ラグビーは15人ですから、サッカーよりも国民性が出やすいと思えてしまいますが、しかしラグビーの場合、代表チームにその国のラグビー協会に所属している外国籍の選手も加えることができるので、状況がちょっと違ってきます。その点、サッカーは、国籍で縛りがありますから、その国の国民性が丸見えになってしまうのではないでしょうか。

その「サムライブルー」を通して見えてくる国民性とは・・・まずは、なんといっても、敗因の理性的な分析が少ないこと。誰がどこを怪我していたとか、湿度が高すぎたとか、日程的にきつかったとか、事前に対処すべき事柄、相手チームも同じ状況であったことが、原因として列挙されます。あるいは、トカゲのしっぽ切りで、誰かをスケープゴートとして排除し、傷をなめ合う。その時、排斥されるのは、外国人監督など、チーム内の多数派に属さない、いわゆる異質な人。異質を排斥する日本、ということは以前から言われてきました。排除されたくない、疎外されたくないから、長い物には巻かれよ、右に倣え、Me too・・・これが、二つ目の国民性でしょうね。

また、強い相手だと分かると、委縮してしまう。チャレンジ、冒険を、無謀と非難する、そんな冷めた目。怖じ気づきやすい・・・だからこそ、弱きに強く、強きに弱い。これが、三つ目。

こう書いてくると、まさに、天に唾するようなもの!!! 私の中にこそ、こうした気質がある。しかし、それは、至って当然です。海外暮らし16年と言っても、30過ぎまで、日本国内で生きてきたわけですから、純国産。フランスなどを鏡に日本を見るようになり、こんな点は変えて行った方がいいのではないか、そうでないと、幸か不幸か、国際化してしまった世界で、孤立してしまうのではないか・・・そんなふうに思ってしまうのですが、ふと、我が身を振り返れば、そこに映っているのは、わが姿。Oh my God、Mon Dieu・・・

私的問題はさておき、と日本的話題の変え方をして、ここで語るべきは、サッカー日本代表の今後。日本人選手の特徴を技術的な面のみならず、メンタル面も含めて理解しようと考える、しかも世界のサッカーに精通している監督が必要です。自分がスペイン・サッカーのファンだからスペインで監督をやっていた人、という決め方ではなく、日本人選手の内面にも光を当てる、あるいはメスを入れて、少なくともサッカーをやるときのメンタルを変えることができる、そんな監督が求められます。選手交代など、監督としての確かな手腕が前提として求められることは言うまでもありませんが。アギーレ現監督がこうした条件をクリアする監督であるなら、続投を。

そして、選手。より多くの日本人選手に、世界のサッカーを、その深さ、バラエティの広さを実感してほしい。そうでなければ、相変わらずの、井の中の蛙。内弁慶な選手で終わってしまいそうで、とても不安です。仲間でつるんでいれば楽しいですが、そこには刺激もなく、安穏あたる陽だまりがあるだけです。そこから成長することは、難しい。今まで以上に強い日本代表になってほしい。そのためにも、海外でのプレーを。そして、代表の試合も、強豪国とのマッチメーキングをより多く。しかも、アウェでの試合を。極東まで遠征してくれるのは、1軍半であったり、2軍であったりすることもあります。ぜひ、1軍同士のガチンコの試合を。強豪国との試合に慣れれば、委縮することも減るのではないでしょうか。スポンサーやテレビ局を説得して、ぜひとも、アウェで強豪国との試合を!! この仕事こそ、サッカー協会の焦眉の仕事なのではないでしょうか。

頑張れ、日本サッカー。もう、応援するのは止めた、と一瞬思ったものの、50年におよぶファン歴。そう簡単に、止められるものではありません。お願いですから、ぜひ、23日と同じような、いつもの苦戦パターンは今回を最後としていただきたい。そう、切に願います。
コメント   この記事についてブログを書く
« 通訳案内士って、どんな資格? | トップ | 通訳案内士試験、合格、おめ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本と日本人」カテゴリの最新記事