北信に舞う蝶たち

「信越自然郷」長野県北部を中心に撮影した蝶を紹介します。
(その他、冬は野鳥、星あり) ※写真の無断使用禁止

春から夏へ その他のチョウ

2018年06月22日 | チョウ類

アオバセセリから始まり、オオルリシジミや、ヒメシジミなど春から夏へのチョウをUPしてきましたが、まだ他にも撮りましたので、ここにUPします。

◇コミスジ

超普通種ですが、思いの外飛翔がうまく撮れました。

 

◇オナガアゲハ

珍しくはないのですが、花のないこの辺りで、しっかり止まっているのに遭遇するのは珍しかったですね。

 

◇アカタテハ

 

◇アサギマダラ

5月から6月に見るのはそれほど珍しくありません。

この個体はメスのようですので、この辺に産卵したかもしれません。

その卵が、7月以降羽化して、高原の涼しい場所に登るようです。

 

◇ギンイチモンジセセリ

雨が降りそうな日でした。

そうなると、翅を広げています。銀一文字はよく見えません。

 

次回以降はゼフィルスかな○○○シジミかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオルリシジミ

2018年06月18日 | チョウ類

北信のオオルリシジミもなかなか維持が難しいようです。

一応、「北信濃の里山を保全活用する会」に入会させていただきました。

◇オオルリシジミ

最初に現れたのはメスでした。

オオルリシジミも例外ではなく、今年は少し早めに発生しているようです。

 

そのため、こんなボロもいます。

 

メスが盛んに産卵する姿をたくさん見ました。

 

比較的キレイなメスもいます。

 

このメスは新鮮です。

やはりオスは痛みが多いようです。

 

メスに近づくオスを発見!

交尾をしようとしましたが、拒否されていました。

 

数はそこそこいました。

もう一週間早いとよかったかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメシジミ

2018年06月15日 | チョウ類

ヒメシジミの発生地はかなりの多数で発生する。

そのため写真も普通のシーンでは飽きてきてしまいます。

なるべく面白い画を狙いましたが、こんな感じでしょうか。

◇ヒメシジミ

雄がかなり集まっている場所を発見。

下にいる羽化直後のメスに交尾を迫っているようです。

まだ翅が伸び切っていないのがメスでしょうか。

このあと、交尾したペアがいましたが、なんと写真が全部ピンぼけでした。

 

こちらは交尾写真(別個体)

 

キレイなメスを発見

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギンイチモンジセセリ

2018年06月11日 | チョウ類

昨年見つけた、町内のギンイチモンジセセリのポイントに出かけてみた。

今年は早いと踏んで1週間ほど早めで行ってみました。

気温が高いと止まらなくなるので、朝早く出かけた。

少しすると、黒っぽいのが舞っていた。

◇ギンイチモンジセセリ

狙ったとおり、キレイな個体がいた。

まだ涼しかったのかすぐ止まってくれた。

春型はくっきりの銀一文字がはっきりしている。

北信州では、1化のみの発生のようで、夏型は見ない。

9時ころになるともう止まらない。

ギンイチモンジセセリの飛翔は藪に入ってしまうので難しいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏のチョウ 第2弾

2018年06月10日 | チョウ類

前々回のアオバセセリの時期に同時に撮れたチョウたちです。

◇トラフシジミ

初夏と言いながら、春型です。

 

 

◇クモガタヒョウモン

ヒョウモン類では、先陣を切って出てきます。

新緑のバックが爽やかです。

 

 

 

◇ダイミョウセセリ

 

◇モンシロチョウ

モンシロチョウの飛翔も美しいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加