シニア主婦 68歳の独り言

2月で68歳に~

ここ10数年動きのない生活続けています。
何気ない日常と晩御飯をup

人生の終盤は?

2017年02月12日 | 日記

おはよーございます^^



人生なんて いつ終盤を迎えるかわかりません。

もうすぐ67歳になります。

夫は75歳

あと何年生きれるのかな~

イヤ 生きていないといけないのか、、

ネガティブですね、すみません。。。

体調不良がありながら 長生きしたいとは思わないけれど

死に対する恐怖はあるので・・・死期が近づくのも恐いです、、然り

余命宣告されたら わたしは、延命治療はしたくない。

もともと薬の副作用が出やすい体質

普通の人以上 治療で苦しむはず、、それは耐え難いし、

先に希望が見えなくなると 病魔と闘い続ける勇気が湧きません。

現在闘病中の方には申し訳ない内容になってしまいましたが、、、本音です。

人生を諦めないで闘病し続ける方は、強い方だと

その人の置かれてる環境にもよりますし

その場になってみないとわかりませんが






昔 飼い犬が、最期を迎えようとしてる時に

獣医さんに 安楽死させて欲しいとお願いしたんです。

苦しむの見てられないから

自分なら そうして欲しいから

獣医さんは この子は多分 このまま静かに逝くと思いますよといって、拒否されました。

それ以上強くは言えず 見守る事になりました。

その夜 息が荒くなり かなり苦しみました。

翌朝もまだ・・・

辛くて、涙が止まりませんでした。

今でも あの時の事を思い出すと涙が・・・

16歳で天国に召されました。

庭にある犬小屋 お茶碗 ミニバケツ ( お水 )を見る度に、なんで?ワンだけ、いてないの、、と涙が・・・

外で散歩中の犬を見ると、涙が・・・

一年ぐらい? そうして泣いてました。

あ、バケツのお水を換えるの忘れてる とか 御飯ずーっとあげてなかったとか、、何度も夢を見ました。

もっと遊んでやればよかったとか、、

ワンがいる頃は パート勤めをしていたので忙しかった、、、

でも朝は15分 夕方は1時間くらいお散歩も連れて行き

広い庭で放し飼いにしていたので繋がれている犬に比べれば幸せだったと思います。

雑種だったけど頭のいい犬で お散歩は引っ張る事無く私に合わせて歩いてくれたし

途中 立ち話してる間は シットして大人しく待っています。

時々、チラッっと私の顔を見上げます^^ 目が合うと^^早く行こうよ~と飛び掛かって催促^^

で、なるべく視線を感じながら、見ないようにして^^ 

それが、面白い~^^可愛かった~^^

も一度 犬を飼いたい気持ちはありましたが 

犬より長生きできる自信もないし 無責任な事はできないので、、諦めました。

犬と楽しい生活されてるブログを拝見すると羨ましいなと思います。。。


↓ ↓ ↓  応援ポチ よろしくです!


にほんブログ村


にほんブログ村



日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ


有難うございました^^

PVアクセスランキング にほんブログ村

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妥協してまで・・・  牡蠣... | トップ | やめられない炭水化物  ご... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
延命治療は絶対いやです (biko)
2017-02-12 11:03:34
最近、疲れやすくてしんどいときが多いから、早くお迎えが来てくれないかなと思ってしまうことがあります。朝晩大量のお薬を飲むことだけでもしんどい。だから、絶対延命治療はしてほしくないです。夜眠って、朝目覚めないという死に方が理想です。そのためには身の回りの整理をしておかないとね。

てまりさんは優しいから、ワンちゃんは幸せだったと思いますよ。
bikoさん^^ (てまり)
2017-02-12 13:40:08
コメント有難うございました^^

私も 見かけは元気そうに見えるので 誰にもしんどさはわかってもらえないけど、、、
あちこち痛いし しんどいし、、情けない身体です。
でもまー家事はできるので 生きてる価値はあるかなと・・

お薬の服用をずーっと続けていくのは辛いですね!
一時的な服用ならいいけど
私は 薬でアレルギーや口内炎 胃炎 色々出ます。
病を治すために飲むお薬で、別の苦痛が・・・

うちの母が よく言ってました。
眠ってる間に死ねたらなーと、、、
母は夜中にくも膜下で発作を起こし 朝方 姉が起きて気づき救急車で入院でした。
意識はなくて、血管手術をしたけれど 3日後亡くなりました。
あっけない死ですが 母の希望通りだったのではと
よかったと思いました。
わたしも 同じように逝けたらなーと思います。

bikoさんのお気持ちも理解できますよ!
でもまだ早い、、まだまだ頑張って生きて下さいね(笑)

そうですね、ワンは 不幸せではなかったと思うようにしてます^^

日記」カテゴリの最新記事