京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

夏まつりへ剣鉾の練習  7月26日・27日   

2010年07月29日 | 日記
●7月27日(火)

 市民派議員レポート夏号の発送第一弾を終える。

 午後、民主党京都府連の宇都宮事務局長らとこの8月5日・6日に開催する自治体議員ネットワークの研修会の下見に亀岡は湯の花へ。研修会場や部屋を見せてもらい打ち合わせ。それからこの4月に亀岡の府会議員補欠選挙に立候補された藤村さんの案内で「篠ファーム」に。激辛唐辛子「ハバネロ」を中心に地域の農家と協力しながら「京しずく」と名づけられた茄子など実に丁寧に地域特産の高級野菜を生産、販売している。保津川沿いの畑も見学。
 そして水戸黄門などの撮影にも使われる武家屋敷「へき亭」を見学。籠や刀なども展示されていて、江戸時代にタイムスリップした。昼食会場にしたいなあ。

 帰途、丹波縦貫道路は高速道路無料化社会実験で大渋滞。まいった!夜は、吉田神社境内で剣鉾の練習。小学6年生の富田さん。実に見事な足の運びで芯を取りながら見事に剣鉾を差す。脱帽。少女剣鉾差しの誕生だ!スポーツニュースで阪神首位に! やったね!

●7月26日(月)

 10時から議員会。この9月市会に上程される地球温暖化対策条例の改正について環境政策局から説明があり質疑。ぼくはすでに委員会で説明も受けているし、他用もあり遅参。また焼却灰溶融炉のダイオキシンが検出問題で委員会に住友重工を参考人として呼ぶことに同僚の意見を聞く。

 11時から第一応接室に京都サンガのU-15チームが「マンチェスター・ユナイティド・プレミアム・カップ」に日本代表で出場することになり、市長表敬訪問。ぼくは正副議長と共にくらし環境委員長ということで同席。京都サンガはこのところ調子が悪いが、中学生のこのチームは少年たちを育成してきた成果だろう。第二の松井大輔選手が育つことを期待したいね。中学生で海外遠征できるなんて素晴らしい。がんばってきて。

 午後は、環境政策局の部長と委員会への参考人招致の問題を巡って懇談。

 その後事務所にて市民派議員レポートの発送作業の手伝い。黙々と糊付けをする。

 夜は、吉田神社の境内へ。この31日の土曜日が吉田区民夏まつりなので剣鉾の練習をする。久しぶりに「桃源」という剣鉾を差す。定年退職した近所の60代の鈴鹿さんも初めての練習参加。なかなかのものですよ。夏の夜空に剣先が光り、鈴(りん)の音が境内に響く。ぼくが60歳前の手習いで始めて3年目。足の運びなど上達はしないけれど、奥が深いなあ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 暑いね。 7月22日ー25日 | トップ | 夏まつり 7月28日ー31日 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事