京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

4月になった!知事選終盤に   4月1日ー4日

2018年04月15日 | 日記
●4月4日(水)

   <三条京阪で朝の街頭ビラまき>

 朝、7時45分にママチャリで三条京阪に。民進党2区総支部として、北岡、隠塚議員らと西脇候補の公約を載せた活力京都の会の機関誌のビラまき。京阪電車から降りてくる人に手渡そうとするが、なかなか取ってもらえません。出勤する市役所の職員さんが声をかけてくれるのが嬉しいね。
 鴨川河川敷の桜は散り、柳の新緑が綺麗になってきた。8時半には散会してママチャリで春の朝風を吹かれて帰途、夷川ダムは桜の花びらでピンクの絨毯。花筏というそうです。でもペットボトルなどゴミが浮いていてちょっと残念。そして、河村製麺所の早起亭で卵とじうどん。400円。

   <京都市政と京都府政> 

 午後は、事務所でシコシコと電話作戦。
 ところで、京都市と京都府の関係である。
 京都市は政令指定都市なので、京都府政を身近に感じない。警察と河川、労働行政、それに京都府立高校ぐらいか。市内の施設としては植物園や府立病院、文化博物館などは京都府が運営している。
 かつて蜷川府政時代は歴代の京都市長とも仲が悪かった。また二重行政とでもいうべきものが多くあり、二重行政の見直しが門川市政と山田府政になって、随分進んだ。例えば動物愛護センターがそうだった。府市協調でようやく4年前かにリニュアルオープンした。門川市長は、応援演説で府市協調、オール京都でというが、府市協調は実は大事なことなのですよ。

 ニュースは海の向こうの大リーグで大谷翔平選手が打者として登場。メジャー初本塁打を放って鮮烈デビュー。スゲエ!ベンチに戻った時、初本塁打した選手を無視するパフォーマンスにぼくもびっくり。氷水もかけられた。これからが楽しみ。

●4月3日(火)

    <出町柳で朝の街頭行動と大原・静原をまわる> 

 どんよりとした朝、7時半に出町柳に。自民党の石田府議、公明党の国本市議、民進党は北岡、隠塚議員とぼくと山科で府会に出る梶原君ら呉越同舟で活力京都の会として西脇候補の公約を書いた機関誌のビラまき。来年の今頃は、府市会議員選挙の真っ最中!ライバルや。たまに通勤途中の知人から声をかけてもらうとうれしいね。
 8時過ぎにはビラまきを終えて、活力京都の会の宣伝カーで国道367号を八瀬から大原へ。大原や八瀬では桜が見ごろ。大原里の駅でトイレ休憩をして江文峠を越えて静原の里から市原を駆け抜ける。
時折知り合いの人が手を振ってくれて北岡マイク嬢のボルテージが上がる。知事選挙もあと5日。8日(日)が投票日。みなさん投票に行ってください。丸太町河原町で下車。

    <御所東小学校開校式>

10時から元春日小学校跡地に完成した御所東小学校の開校式。
まずは門川市長のブログを拝借。
―――児童代表の誓いのことばに感動!御所南小の教育が全国的に高く評価され、児童数が倍増!教育環境の更なる充実へ「御所東小」を開校!理念も施設も地域との連携も最高です!
平成7年、御所南小が開校。地域と連携し、「総合的な学習の時間」の導入、学校運営協議会の設置、小中一貫教育の実施、読解科の新設など全国に先駆けた教育実践が注目を集め、入学希望者が増え、この間児童は660人(7年度)から1250人(29年度)に!。地元9学区の代表、保護者の皆さんが、「御所南小未来構想検討委員会」で議論を重ねられ学校新設へ。
この度、春日学区・銅駝学区の子どもたちが通学する「御所東小」が開校。地域、PTA、教職員の連携の深さが誇り!水嶌春日自治連会長、辻本銅駝自治連会長はじめ皆さんのご尽力に感謝し、藤本校長はじめ教職員の皆さんと共々に、子どもたちの今と未来の為に頑張ります。―――――

 粛々と開校式が進行して、その後、校舎の見学。屋上には菜園もできるしプールも屋上に。かつては市内の過疎化で統合されてきたが、新設されるのは稀。ええ学校ですよ。国際化にも目を向けたカリキュラムも工夫されているようです。
 
 散会後、鴨川河川敷を桜吹雪の下を歩いて出町柳に。今日の昼ごはん。百万遍西の喫茶「ゆにおん」。ごはんはお変わりして紅茶がついて700円。ママさんお元気でした!
 
 午後は事務所にて、雑務と電話作戦。また京都市の人事異動など見る。組織改正では昨年は子ども若者はぐくみ局が新設されて大きな変化があったが、今年は民泊対策や宿泊税対策で増員をしていることと文化面にも力を入れようとしていることが特徴かな。退職者は浅野左京区長ら12名で、例年に比べて少ないかな。ご苦労様でした。

●4月2日(月)

 いつも4月1日はエイプリルフールでFBでタバコやめますとか、面白いことを書いて、楽しんでいるのだが、今年のエイプリルフールは、なんとなくバタバタしていて書きそびれた。残念。
で、知事選挙、シコシコと電話作戦を進めるが、自民公明となんで一緒なの、と問われることもあり、新人同士で盛り上がりもないし、有権者の反応は鈍いなあ。市長選はぼくも必死になってがんばったが、イマイチ気合が入らない。
 ニュースは、大リーグで大谷翔平選手が初先発の登板で勝利!おめでとう!日本のプロ野球もいつの間にか開幕、選抜高校野球も京都は乙訓、滋賀県勢は彦根東と近江ががんばったが惜しくも敗退。

    <自衛隊 日報問題浮上>

 国会では、2004~06年の陸上自衛隊のイラク派遣に際して小野寺防衛大臣は「存在しない」としてきた部隊の日報が見つかったと発表。南スーダン国連平和維持活動(PKO)陸自部隊の日報問題や学校法人「森友学園」を巡る財務省の決裁文書改ざんなどに続き、また公文書のずさん管理が発覚し、野党は隠蔽との批判を強めている。おいおい、財務省に続いてまたかよ!ひどいなあ。

    <「ガケ書房の頃」> 
 
 閑話休題。最近読んだ本で面白かったのは、「ガケ書房の頃」。かつて白川通に面して車の前部が建物から出ていた奇抜な建物を覚えている人もいると思うが、あれは「ガケ書房」という本屋だった。ぼくも2,3回しか覗いてないが、店主の山下賢二さんが書いた。
 昨年冬だったか、ぼくが通っている浄土寺の吉田歯科の近くに「ホホホ座」という書店があるのだが、久しぶりに立ち寄って購入したままになっていた。東京の生き返りにぼつぼつと読んでいた。彼の幼少時代から生い立ちや東京で色々なバイトをしながらの青春時代。そしてガケ書房を開店して、本屋業の苦労や閉店して、また新たに「ホホホ座」を立ち上げるまでみずみずしい文章で書かれている。左京は素敵な人たちがいるよね。これからも左京から発信を期待していますよ。

●4月1日(日)

    <娘の引っ越し>

 朝、友人に前日から借りていた軽四のトラックで娘の引っ越しで長岡京に。この10年ほどかな、長岡京で知人にサポートしてもらいながら生活していた娘が新しいマンションに引っ越すというので、ベッドや家財道具を積み込んで、直ぐ近くだけれど運び込む。仕事もがんばっています!カミサンは後片付けなどで右往左往。

    <西脇たかとしさんを応援する女性集会>

 軽トラックを友人に返しに行ってから、午後、今回の知事選挙の民進党の選対でぼくと小原舞府会議員が電話と女性部担当ということで、「西脇たかとしさんを応援する女性集会」の受付などの要員で京都駅ホテルグランビアに。公明党の女性の参加が多そうです。自民党、公明党の女性の国会議員さんに活力京都の会の女性代表が挨拶。黒一点、民進党は府連会長の安井勉市議があいさつ。
 そして、ゲストは元ユニバース日本代表の写真家・織作峰子さん。カメラマン大竹省二さんが師匠だったそうです。大竹さんの姪っ子が西脇さんの奥さんとか。小原舞府会議員がガンバローの音頭!
 会場もほぼ満員でまあまあの雰囲気。

     <山科での個人演説会>

 夜、7時45分から山科の鏡山小学校での「にしわき隆俊」さんの演説会。主催は民進党ということで、前原山科後援会や市会候補の小島信太郎、府会候補の梶原英樹君が奮闘して会場も200人程の入りでまあまあ。前原議員が元国交大臣だった頃の西脇さんのエピソードを披露。

    <豊田勇造、八文字屋でライブ>

 それから橋元連合京都の会長の車に同乗して山科から木屋町は八文字屋に。我が友、豊田勇造のライブ。八文字屋は開店してたのは1985年か、もう30年を超えるなあ。青色吐息でなんとか甲斐さんが、ほんまにようがんばってきたよ。甲斐さんや勇造に出会って50年!今日のライブの仕掛け人は百枝君。いいライブでしたよ。
来年7月6日、勇造70歳記念7時間70曲を円山音楽堂でライブ!みんな、行こうよ!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「新しい民主党」をつくる ... | トップ | 新知事に西脇隆俊さん当選 ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事