京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

暑いね。 7月22日ー25日

2010年07月27日 | 日記
●7月25日(日)

 朝、8時過ぎ吉田の今宮社での神輿やお祭りの装具などの虫干しということで挨拶だけして、すぐに岩倉のグランドへ。

 カンカン照りの朝の陽射しのなか、京都市体育振興会主催の壮年と青年のソフトボール大会。くらし環境委員長ということで議長らと来賓。11行政区の優勝チームが出場。始球式で久しぶりにソフトボールを投げる。まあまあやった。

 事務所では、朝粥の会。長年、京都市動物園で飼育係だった高橋鉄雄さんが話題提供。ゆっくり話を聞くこともなくご挨拶だけして「みやこめっせ」に。

 「左京区民ふれあいまつり2010」に参加。左京の様々な団体がブースを出して地域力をアピール。門川市長もソフトボール大会の後、開会式に間に合う。午後の舞台に第四錦林小学校の剣鉾と子供和太鼓が登場。ぼくもハッピを着て子供たちの剣鉾の横に付く。子供たちにとっては晴れ舞台、緊張しながらも見事に差して拍手喝采。

 そして左京区で育った在日3世のHYANCHA(ヒャンハ)の舞台が毎年楽しみ。今年ようやくCDデビューを果たすという。よかったよ!久しぶりに昨夜は、京都に泊まった前原国交大臣も飛び入り参加。携帯電話で記念写真を撮る区民多数。圧倒的な人気だよ。

●7月24日(土)

 朝9時から民主党京都府連において選挙対策会議。主な話題は、来春の市会議員の特に1区総支部における北、上、中、下、南区の複数擁立について。選対委員長は泉ケンタ議員。慎重な発言をしながら堂々たる采配ぶり。悩ましい問題を抱えつつどう解決の道を探るのか。もうちょっと時間がかかるのかな。

 10時半から参議院選挙が終わって初めての府連の常任幹事会。厳しい選挙戦であったが、当選を果たした福山議員も公務多忙な中、参加。山井会長、前原大臣も出席して今後の「ねじれ国会」の運営についても言及。予断を許さないな。でも京都府連としては意気軒昂。上京区から府会議員選挙に出馬する大槻ゆずるさんもご挨拶に。しっかりした女性候補です。
 
 午後は社団法人京都鴨沂会の理事会。今後の日程など話し合い。

 夜は、聖護院の夏まつり。地域の各種団体の人たちがお世話役。みたらし団子やタイヤキ、輪投げや金魚すくいなどで子供たちは大喜び。

●7月23日(金)

 猛烈に暑いよ!議員レポートの発想作業の準備。少し涼しくなってから北白川のとある友人の家に。小倉町のマンション計画についてこの間の、請願の審議の模様や地元住民の動きなど懇談。署名運動も始まった。疏水べりの御影通のところに5階建ての80数戸の学生マンションが立つ予定だが、その基礎になる造成工事も終わったようだ。ちょっと高台になるから圧迫感はありそう。建築基準法や新景観政策に適法であっても施主はやっぱり考え直して欲しいね。

 夕方は、事務所でわがチームのメンバーで参議院選挙の総括や今後の日程など議論。各街頭行動やビラ撒き、ポスター貼り、電話作戦など全力を尽くした。この経験を来年春の市会議員選挙に向けてがんばることを確認。

●7月22日(木)

 市民派議員レポート夏号印刷が上がってくる。発送の準備作業にかかる。

 午前中、来客はインターネットで中高生の英語自習広場を開設している坂東君。この3年間、地道な取り組みを続けてきた。この夏の終わりに京都の学校で遊び心のある実践的な英語広場を実現したいと奮闘中。

 午後は、京都コンサートホールで京都創世フォーラム。暑い中、ママチャリで走ったらもう倒れそう。「創造空間・京都の魅力と発信」と題して、世界に向けて発信をしている太田達、喜多俊之、竹内佐和子、濱崎加奈子さんが討論。「国家戦略としての京都創世」がこの5年ほど取り組みが進んできた。歴史・文化都市京都をどう創造するのか、ウンチクを聞く。いわば井戸端会議の雰囲気やな。司会は友人の文字裕子さん。お疲れさんでした。

 夕方は、この6月に上條恒彦さんと野田淳子さんを招いて開催した「ヒューマンふれあいコンサート」の主催者である経糸の会の運営委員会。2回の公演で1500人の方にご参加いただいた。収益金は、いくつかの福祉施設に寄付をすることになる。関係者のみなさん、お疲れさんでした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 夏本番 7月15日ー21日 | トップ | 夏まつりへ剣鉾の練習  7... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事