京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

正月三が日が終わった。      1月4日-6日

2019年01月11日 | 日記
●1月6日(日)

 まだ正月気分。朝、NHKの将棋を久しぶりに見る。

 午後、事務所に。事務所の資料室に積んである資料の整理。
 行政資料では、大事なものを残し、またこの10数年間、様々な市民相談を受けたが、解決したものや今まで大事に保存していたものも一気に、雑紙として多くの資料を一気に捨てる!夕方まで、没頭。

 夜は、鴨沂高校の後輩で4月の選挙に向けて手伝いをしてくれる友人と来春の選挙情勢などを意見交換。その後、彼と、ご近所の居酒屋と学生食堂の「キャラバン」で一献交わし、さらにスタンド「トミー」に新年の御挨拶もかねてまたまた一献。今年もそれぞれのみなさん、お世話になります。これにて正月も終わりやなあ。これからは、旗開きに節分、そして京都市会が2月中旬に始まるが、4月向けて,猪突猛進でがんばるぞ!

●1月5日(土)

    <京都市学校職員労組、旗開き>

 朝、9時過ぎに、毎年恒例の京都市学校職員労働組合の旗開き。旗開きシーズンの幕開け。委員長の植田寿恵さんの挨拶はいつも含蓄のある心に沁みる話。今年はお孫さんが生まれたとかで、子供への愛情が溢れていました。女性陣が役員で頑張ってます。ぼくは年末の防災研究会に体調不良で参加できなかったことを詫びて、真夏の明徳小学校の共同作業日に激励に行ったことなどを交えて新年の挨拶。

 昼ごはんは、ご近所のみみおさんで新年初めての中華そば。美味かった。炭水化物パワーで頑張るのです!

 午後は、前原後援会の役員さんら宅を新年のあいさつ回り。

 夕方、大原は前原後援会の役員で「志野」の辻美正さんの御母堂さんの通夜が天理教によって行われました。神道のように玉串を捧げるのだが、2礼して、柏手を4回して、一礼して、4拍して、一礼をする、という式。辻さんもぼくと同世代。心よりお悔やみ申し上げます。

    <豊田勇造 喫茶「のん」での湯たんぽライブ>

 それから、新年恒例の一乗寺は喫茶「のん」でのわが友、豊田勇造、湯たんぽほかほかライブ。今年で18回目とか。今年ぼくも勇造も70歳だあ!元気溌剌な古希。今年7月6日円山音楽堂で勇造70歳の誕生日に合わして7時間70曲のフリーコンサートをするそうですよ!出会って半世紀。われら70!元気だよ!喫茶「のん」も開店して40年以上かな。マスター夫妻もお元気でしたよ!岡山の津山から今年もシンガーソングライターの吉田省吾君がヒッチハイクで駆けつけました。彼は久多の里山まつりでいつも歌っています。
 名曲「大文字」や「行方知らず」など彼のなつかしい歌を聞いて、同世代としてがんばってる勇造君を激励。豚汁も美味かった!

●1月4日(金)

 2019年、今日から仕事始め。

    <国民民主党 スタートダッシュ街宣>

 民主党時代から恒例のスタートダッシュ街宣ということで、朝7時30分に三条京阪に。維新の宇佐美市議がすでに演説を始めようと準備していたので、時間の調整をお願いしてしばし待つことに。彼も正月早々頑張ってますね。 8時前には彼のマイクの電池が無くなったとかで彼は撤退。そこから、ぼくが国民民主党2区総支部の幹事長ということでマイクを握って新年の御挨拶しているところに、山科での街宣を終えて、前原総支部長と参議院候補の斎藤アレックス君が合流してくれて朝日に照らされて、それぞれが決意を演説。今日から市役所も仕事始めということで、出勤途上の幹部クラスのメンバーが挨拶に寄ってくれる。ドライバーなどで手を振ってくれる人もいるが、反応はイマイチかな。されどここから頑張るのですよ。

 9時には散会。穏やかな朝で、それほど風も吹かずにそれほど寒くなくて良かった。今年もがんばろ!

    <近衛広場 公園体操>

 それから、新年早々の近衛広場での公園体操。今日も青空が広がり好天気。中川長重さんをリーダーにいつものように汗を流し、「今日の日はさようなら」をみんなで輪になって手話で歌う。40人程の参加者で新年の公園体操が今年も始まりました。ぼくも市会がない時できるだけ参加するようにしますね。みなさん、今年もよろしくお願いします。

 その後、事務所で年末以来事務所の資料の整理など雑務を続行。来客も新年の挨拶や相談ごとで千客万来。

 夜は、鞍馬へ。学校の教員で長年の付き合いがあったとある友人の御母堂さんのお通夜。95歳だったとか。鞍馬の団体役員さんらが多数ご焼香をされていました。ご冥福をお祈りいたします。

    <新日本プロレス 東京ドーム大会> 
 
 夜は、家で新日本プロレス東京ドーム大会の中継をCSテレビでしていたので熱中。ぼくはプロレスの味方です。IWGPタッグの3WAYマッチも内藤哲也とジェリコの試合も、そしてメインの棚橋とケニー・オメガの壮絶な試合も迫力があった。結果は棚橋が久しぶりにIWGPチャンピオンに返り咲いた。東京ドームには4万に近い観客が詰めかけ、それも女性ファンが多くなったなあ。東京ドームに見に行くのはぼくの夢?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 穏やかな正月3が日    ... | トップ | 4年ぶりのお伊勢さん   ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事