京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

久しぶりの代表質問   2月19日ー23日

2018年03月05日 | 日記
●2月23日(金)

<市会本会議 代表質問2日目>

 10時から本会議。代表質問の2日目。

 午前中は、公明党の湯浅、川島、西山議員が登壇。西山議員が、原稿を読み上げずに一部分を暗記して質問したのには敬服。
 午後1時から、わが議員団の団長の山岸たかゆき議員が登壇。
山岸議員は、平成30年度予算案について、また過日雪の中、新潟県三条市の嵐南小学校を視察ことや小中一貫教育サミットのことなど紹介して、小中一貫教育の取組に答弁を求めて、伏見区向島地域の小中一貫教育について要望。またSNSを活用した若者の悩み相談の充実と健康長寿の取組の充実について、そして、明治維新を記念して、国民により身近な桃山御陵について質疑。

   <鈴木マサホ 久しぶりの代表質問>

 そして、1時40分頃から、一昨年11月以来、久しぶりに本会議で登壇。それなりに緊張。
 まずは昨年7月に永年在職30年表彰を受けたのでそのお礼。そして、下記の項目で質疑。
<第一質問>
1 世界文化自由都市宣言40周年と国際交流会館について
2 琵琶湖疏水通船事業について
3 科学地球儀の青少年科学センターでの設置について
4 地球温暖化対策と再生可能エネルギーについて
  〇地球環境京都会議と「京都宣言」の発信について
  〇地域に根付く再生可能エネルギーについて
  〇京都市として再生可能エネルギーの積極的使用について
  〇地産地消のペレットの普及について
<第2質問> 
5 市バス・地下鉄事業について 
  〇乗客増80万人対策について
  〇経営健全化団体からの脱却の決意について
6 宿泊税の周知徹底と民泊業者からの徴収の徹底について
7 民泊条例で市民生活を守り観光客の受け入れについて(要望)」
 
 第一質問が終わって降壇するとき、眼鏡を壇上に置き忘れて苦笑。
 市長や副市長からの答弁は、まあまあでした。

 なお京都市会HPから録画で本会議の模様が見ることができます。いちど見てやってください。
http://www2.city.kyoto.lg.jp/shikai/
 
 その後、維新の森川、菅谷議員、京都党の江村、森議員が登壇してそれぞれの持論を展開。
代表質疑の後、予算特別委員会で質疑されてきた平成29年度京都市一般会計補正予算や台風による倒木での損害について和解が成立したので賠償の額の決定について可決。

    <民泊条例、付帯決議をつけて修正案を可決>

 またいわゆる「民泊条例」なるものは、「京都市住宅宿泊事業の適正な運営を確保するための措置に関する条例の制定」と関連して「京都市旅館業法に基づく衛生に必要な措置及び構造設備の基準等に関する条例の一部を改正する条例」のことなのだが、第5条に「地域住民との間で住宅宿泊事業の運営に関する協定を締結すること等」を入れる修正案が出されて賛成多数で可決。、
 
 さらに、監視指導の強化、防火対策のの徹底、防音対策の指導し、法令などを守らず市民生活を脅かす事業者には断固とした措置をとることなど指摘をして、全庁的な協力体制と円滑な運用。駆けつけ要因の市長特例の慎重な運用、施行後の状況の把握と必要な見直し、現地対応責任者の実効性の担保、ゴミ処理方法の配慮、京町家の保全が進む施策の検討の6個の付帯決議をつけて、各会派からそれぞれ提案説明や賛成討論が行われて立ったり座ったりで散会したのは午後5時を回っていた。
 
 ともあれ、この2,3年急増する外国人観光客を対象にした「民泊」が各所にできて住民生活に大きな影響が出る一方、政府が、民泊の規制緩和を進める住宅宿泊事業法が6月に施行されることもあり、かんかんがくがくの議論をしてきたが、ようやく条例が成立した。地域での市民生活の安全はもとより観光客にも安心な宿泊施設になればいいのだが。それにホテルの建設ラッシュがあり、雨後の竹の子のごとく、民泊がオープンするだろうが、バブルはどこかではじけまっせ!
 
 代表質問の終わり、ほっと一息。ご近所の居酒屋さんのトミーにて一献。FB友達もいて楽しいひと時。

●2月22日(木)

   <市会本会議 代表質問1日目>

10時から京都放送の中継もある本会議。

 今日は自民の吉井、西村、下村、島本議員が10時から午後にかけて登壇。以下、主な質疑項目。
・平成30年度予算編成・文化庁移転に伴う取組に、・京都市の将来を見据えた道路ネットワーク、山科区をはじめとする市内周辺の民間バス運行地域におけるバス路線の充実、技術職員の確保と能力向上、市営住宅における管理運営、京都市中央斎場の利便性向上、小中一貫教育の充実、 上下水道事業における技術継承、災害の多様化に伴う救助体制、市バスの混雑対策、中央卸売第一市場の今後、新景観政策の今後の方向性、人口減少・超高齢化社会対策など

 午後からは、共産党の山中、西村、山田議員が質疑。
・予算編成と市長の基本姿勢,社会保障の拡充、中学校給食,奨学金制度、大型公共工事の見直し,宿泊税、民泊,ホテル急増問題から市民生活を守る問題、原発再稼働と使用済み核燃料の問題、・憲法と改憲の動きに対する市長の見解、生活保護費削減の撤回、子どもの医療費支給制度の拡充、・国民健康保険料の軽減,・介護保険料引き上げ中止、・敬老乗車証現行制度の維持、職員の長時間労働の解消,・公契約基本条例、・消費税増税中止、・中小企業振興基本条例の早期制定、マイナンバー制度の中止など。野次も飛ぶことなく淡々と質問がされて、市長、副市長、各局長から答弁。 
 睡魔との闘い。5時前に本会議は散会。

 本会議後、議員団室には、龍谷大学の土山希美江ゼミの学生さん二人来室。ゼミの研究テーマとして両性カップルが里親になる制度について各自治体での実情など調べていて、請願をしたいと相談に。山本ひろふみ議員と一緒に話を聞いてアドバイス。マイナーな問題なので、担当者とも勉強会をしようと提案。
 
 夜は、明日の本会議での代表質疑に向けて再度確認と朗読してみて時間調整のため原稿修正など。

●2月21日(水)

   <議員会 市役所再整備工事、工期見直し>

 10時から議員会。
 市役所再整備事業について、行財政局に議員団室に呼び込んで改めて工事の現状について聴取して意見交換。
市役所前の広場もすでに工事現場化しているし、押小路通の北側の元駐車場跡や西庁舎の新築工事も順調に進んでいるが、本庁舎は、各階、居残りしながらの工事で進めようとしていたが、騒音などで執務もできなくて大きな見直しが必要になり工期も延びることになった。で予定より1年遅れて、すべて完成するのは5年先になる。
 
 民泊条例を巡っては、自民、公明、共産など各会派の態度が見えてきて、自民、維新からは修正案も提案されてきて、また付帯決議についても調整が進み、随時議員会を開催しながら態度を決めて行く。

 午後、3時を過ぎておおむねまとまり、本会議場で予算特別委員会が開催されて討論結了。その結果、原案に対して地域住民との協定の締結を書き込んだ修正案を自民、公明、民主でなどで賛成多数で可決し、付帯決議もつけられることに。
 
 なお民進党議員団を代表して中野洋一議員が賛成討論に立つことを決めて原稿の点検なども。
 
 夜は、議員レポートの発送準備作業の名簿チェックなども。

 平昌オリンピックでは、スピード女子団体追い抜き「金」で高木美帆・菜那姉妹と佐藤綾乃選手が金メダルを獲得した。高木美は1500で銀、1000で銅のメダルを得ているので、金銀銅の三つのメダル。すごいなあ!
 
●2月20日(火)

   <左京区民作品展>

 朝9時過ぎに左京区民作品展。毎年、この時期に左京区民が応募した絵画、写真、書道、手芸品などなどが大会議室に飾られて、いつものように百万遍保育園の可愛い園児による鼓笛隊で今年もオープニング。関係者にご挨拶して退席。
 市役所に着いたのは10時過ぎ。10時からの議員会に間に合ってよかった。まずは日程など諸々の報告があり、補正予算についての審議状況が各分科会のメンバーから報告があり、民泊条例や特に課題がある事案については議論を深めることにして、おおむね賛成する方向に。
 民泊条例については、議員団が申し入れしてきた諸課題がルール化されたが、まだまだ課題もあるので付帯決議を付けることなど検討することに。担当は中野洋一議員が素案を作って意見交換しながら成文にしていく。またぼくも代表質問にも民泊条例について述べるのでその書き直しも。

 昼休み、鴨川をぶらぶら散歩。ポカポカ、もうすぐ春ですね〜
 5時ごろまで色々と検討。

 随時時間があったので、代表質疑の原稿を読み上げる練習も。なにしろ持ち時間が23分なので、毎回のことだけれど、ばたばたするなあ。

 夜は、事務所で2月23日(金)にぼくが代表質問に立つことと24日(土)に<未来の京都 公共政策研究会>の研究会を開催するのでその案内をメールで送る作業も。

●2月19日(月)

   <予算特別委員会 補正予算を審議> 

10時から29年度の補正予算を審議する予算特別委員会。ぼくは第2分科会。保健福祉局は障害者自立支援給付金の増額など、都市計画局は、市営住宅の改善事業と、嵯峨野は古都保存地区の二尊院近くの樹木が昨年秋の台風により倒木して墓石などに被害が出たので損害賠償の案件。建設局は、山科駅のバス停の上屋整備や新駅梅小路駅の事業について説明があり、それぞれ質疑。民進党は山本、隠塚議員が質疑。

 その他、第一分科会と第二分科会で議論された補正予算の項目は、南部クリーンセンター、新庁舎整備事業、宝ヶ池公園体育館新設事業、中央市場食肉市場の整備など。

 夜は、代表質問の点検など、また遅くなったが、市民派議員レポート早春号の発送準備作業も。

 ニュースは、昨日の平昌オリンピックでは、スピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得し千メートルで銀メダルも獲得した小平奈緒選手が記者会見した模様など。韓国の銀メダルの選手とウイニングランしたときに抱き合っている光景が感動的でした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2月市会始まる      ... | トップ | 色々な行事と連日の予算特別... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事