京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

連合議員フォーラムなど    1月21日-23日

2018年02月08日 | 日記
●1月23日(火)

    <京大前で無電柱化に向けて実証実験>

 わが地元の京大前の東一条東の工事現場に。京都新聞にも掲載されたが、無電柱化に向けて電話や電力のケーブルを直接埋設する実証実験。センサーが地中のケーブルの様子を探知するという。ヨーロッパなどでは普及しているらしいが、日本では全国で京都と東京だけでの実証実験らしい。いやはや技術は進んでいるのですな。関係者のみなさん、寒い中、ご苦労様です。無電柱化の工事のコスト削減ができるとのこと。期待しています。
      
    <民泊ルールのこと>
 
 午後議員団室で、教育委員会の担当者と大原尾見分校の廃校のことで色々と意見交換。

 また民泊プロジェクトチームの担当者から市民意見募集の結果について説明に。多くの意見が寄せられている。民泊で生活環境に影響が及ぶ市民と民泊の事業展開を図る事業者とはもちろん立場が違えば、見解も違う。
 国では住宅宿泊事業法が6月15日から施行されるのだが、その法律との整合性と京都特有の京町家や路地での民泊の生活への影響との調和をどう図るかが苦心のところ。2月市会で条例制定がされるが、大いに議論することになる。
 
 夜は、自治労市職労の区役所支部の連絡会の旗開き。日頃は会えない各区役所の区長や組合員さんらと久しぶりに会えて歓談。毎晩、新年会と旗開きでだいぶ肝臓も弱ってきたかな。

●1月22日(月)

 この間、議員レポートの新春号の発行に向けて作業を進めてきたが、ようやく校了だあ!新春号を早春号に変更しました。2月中旬以降にみなさんに発送できそうです。
 
     
   <市バスの混雑問題についてどうするのか>

 午後、交通局のメンバーと議員団で勉強会。テーマは「市バスの混雑緩和に向けた取り組みについて」。この2,3年、海外からの観光客が大挙してやってきて、市バスが混雑するといううれしい悲鳴!特に東山は清水寺や西大路は金閣寺へのバスはキャリーバックを持った旅行者で混雑して市民が乗るのも大変。
 観光シーズンには、臨時シャトルバスを走らせ、「前乗り後降り」に実証実験もして今後は実施されるが、その課題や、市バスから地下鉄に誘導するために市バスの一日乗車券カードを500円から600円にする代わりに地下鉄・市バス1日に乗車券を1200円から900円にすることにするという提案も。
 ともあれ10年ほど前までは市バスは赤字続きで、地下鉄も四苦八苦してたが、増えすぎて困るという事態に。色々と知恵を絞って市民の足を守る使命にがんばってくださいよ!
 
    
 夜は、わが地元の聖護院学区の新年会。手帳に書くのを忘れていて友人から電話があり、急遽走る。辻川さん、連絡くれてありがとう!錦林小学校や近衛の先生、また熊野神社界隈にある銀行員のみなさんも参加されて賑やかな新年会。会場の聖護院御殿荘は今年で3回目でした。

●1月21日(日)

 昼前、みやこめっせでの「文学フリマ京都」を覗く。同人誌など多彩なたくさんの出展者でびっくり!わが友、福岡の小野進一君も「潮流」を並べてがんばってました。彼とは学生時代の大丸の配達のバイト仲間。
 
 昼前、日中友好協会の新年会に。長く日中友好のために尽力されてきたメンバーと華僑総会の人たち、府会議員らも多く参加。二胡の演奏が正月らしく会場も盛り上げてええ感じ。去年は確か大雪やった。

 ゆっくりしたかったが、途中で退席して、遅参したが民進党京都府連の常任幹事会に。知事選に向けての話や3月に予定している定期大会に向けての話など。

   <連合議員フォーラム>
  
 その後、京都駅前のホテルで連合京都議員フォーラムの臨時総会。

 橋元会長の挨拶のあと、国会議員は希望の前原、山井、泉議員に立憲の福山議員もそれぞれが挨拶。労組関係者に民進党の府市会市町村議員に立候補を予定している幹事のみなさんも参加。
 
 規約の改定などの議案が提案。

 そして、「働くことを軸とする安心社会」の構築を通じた希望と安全な社会、生活環境の改善による真の「ゆとり・豊かさ」を実現するため、目的と政策を共有する政党及び政治家との協力関係を重視し、政策実現のめざし政治活動を積極的に推進するとして、常に政治(政治家)との関わり方、また志す方との関係性を大事にし、府内地域の再生・活性化に更なる政治勢力の拡大をともに共有し展開するとして、連合京都の運動方針に賛同し、その実現に向けて相協力されることとして各議員と協定を結び、連合京都議員フォーラム会員となること承認された。

 もちろんぼくも協定にサインしましたよ。みなさん、今後ともよろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 未来の京都研究会 京北を視... | トップ | 今年最初の教育福祉委員会 ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事