湯めぐり四方山話

湯めぐりは 人・風物との出会い

餃子の王将(豊岡市)

2020-06-24 | 食事処・名物・地のもの

久々に王将に行った。(場所は豊岡市内)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 加藤文太郎・記念図書館(浜坂) | トップ | また人工巣塔のコウノトリに... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昔はよく行きました (屋根裏人のワイコマです)
2020-07-08 10:04:36
餃子の王将・・チェン店で店舗が拡販時には
よく行きましたが、最近はご無沙汰です。
以前は 餃子とチャーハンセット か餃子と
天津飯セットでした 
昔の社長が事件で亡くなる前は格段に美味しかった
今は時代に併せて、子供から高齢者までの
味に変わってしまった。それがいい選択で
あったが・・昔を知ってる人にとっては・・
ちょっぴり寂しいかもね~~ 
経営方針が変わった? (hitareri)
2020-07-08 11:07:18
そうなんですか?
経営方針が社長の死後は変わったのですか?

我が家は、自宅に居るときは、地元の馴染みの中華料理屋「一貫楼」に、いつも行きます。が、そこが希に、満席でしかも待ち人が多数の場合き限り、その近くにある「餃子の王将」に行きます。「一貫楼」の中華を目指して食べる気満々で行くだけに、行き先が急に「王将」になってしまったら、やはり、味は馴染みの「一貫楼」よりは落ちる?気がします。

しかし、今回のように旅行中で連日、魚料理や懐石風なものばかり食べていた時の、間に頂いた「王将」の中華は美味しく感じました。

確かに、メニューや量は、老人~幼児までのニーズに合うように多様化して、ファミリー化しているのは事実ですね。
中華の専門店・王将→ファミリー中華店・王将に路線が変わったのかもしれませんね!!

コメントを投稿

食事処・名物・地のもの」カテゴリの最新記事