湯めぐり四方山話

湯めぐりは 人・風物との出会い

湯快リゾート「三好屋」湯村温泉

2019-10-03 | 兵庫の温泉

『日本の温泉を身近にする湯快リゾート

「湯快リゾート」のコンセプトだ。

「湯快リゾート」の名前を聞くようになったのは、いったい何年前からか?

我々が「共同湯を中心にした温泉めぐり旅」を頻繁にしていた2016年まで、各地の大きな旅館が「湯快リゾート」に賠償されていくのを何カ所か見てきた。

たとえば湯原温泉(岡山県)「輝乃湯」とか・・白浜温泉とか~

そんな我が家も、初めて「湯快リゾート」を利用する事になった。宿泊先は「湯村温泉・三好屋」

 三好屋」は、湯村温泉を流れる「春来川」を渡った場所にあった。

明るく広いロビー

 

浴衣も男女ともサイズ・色柄をここで選べる。

パソコンが無料・利用できるコーナーあり。この奥には漫画の本棚コーナーがある。

温泉街や周囲の山々が見える場所にもパソコンコーナーあり。

ゲームコーナーと奥にはカラオケ室がある(カラオケは5室あり、時間は60分の予約制)

ロビーからは、湯村温泉街が見える。

ホテルの真下を流れる「春来川」も見える。

泊まった部屋は3階(「三好屋」は7階建て)

部屋の入口に冷蔵庫あり

 

最初から布団が敷いてあるシステム(食事時間帯での、布団の上げ下げサービスは割愛)

今までよく湯治宿に泊まって来た我々には、このシステムが気楽でいい~

湯村温泉街が見下ろせる部屋で、嬉しい眺望。

さて、お風呂に行くとする。風呂はすべて最上階(7階)。エレベーターでの移動が欠かせない。

 7階で降りる。内湯(男女別)がある。内湯は夜中1時~2時の掃除以後は男女湯が入れ替わる。掃除時間以外は、ほぼ一晩中入れる。

 

最初に入った女湯の内湯は、やたらと浴室・浴槽が広いので、びっくりする。

狭い共同湯に慣れている私には少し落ち着かないが、最上階の7階「展望風呂」からは、湯村温泉街が広々と見下ろせて、実に素晴らしい眺望。

浴槽内に、背中合わせの木でできた長椅子があり・これがとっても楽チンでいたく気に入った~・・

泉質はぬるっとして肌にとても柔らかい~単純温泉だがアルカリ度が高いようだ。

どれだけ長い間こんなアルカリ性の湯に入ってないか??しみじみとお湯に浸る無言の時間が流れる・・~・・

更衣室も広い~!!更衣室の窓も大きくとってあり、湯村温泉街がよく見える。

夜中2時以後になり、男女湯が入れ替わった。もう一方の風呂は少し可愛らしい。こっちが私には落ち着く。

露天風呂は、入浴時間に制限がある。

7階エレベーターを降りて、今度は自分の足で「93段」の階段を登る。そして、やっと辿り着く「屋外の森林の中にある露天風呂」

93段の階段の最初に書いてある「結びの階段」のウンチク??(私にはウンチクにしか思えない)行きは上りばかり、93段の階段はとっても恨めしい!!

この階段を見上げたらくら、くらっ~・・と来て思わずカメラもピンボケになった・・

やはり、ただの嫌がらせ?にしか思えない。階段は93段かもしれないが、それ以外に長~い渡り廊下もある。

クタクタに疲れてやっと着いた屋外・露天風呂(露天風呂は、男女湯入れ替えなし)

更衣室から出ると下に露天風呂が見える。なかなか風流な景色だ!!

あと一息でお風呂。露天風呂への石段をタオル片手にそろりと降りる。

お~!! やっと来られた露天風呂(女湯)

打たせ湯もある。

この角度から見ると、周囲の森と一体になって、なかなかいい~森の風呂だ。

帰り道

と、私と入れ替わりに?? 93段の階段をこれから上ってくる人の青息吐息が聞こえてくる・・お気の毒に?

帰りは下りばかりで、今度は超ラクチンな階段になったと思いきや・・

 いや、いや、やはり今度は、急下降しすぎるでしょう!!

「三好屋」は源泉掛け流し宿


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 福寿の水 | トップ | 湯快リゾート「三好屋」・食... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山陰の日々)
2019-10-04 00:24:43
私も まだ 三好屋グランドホテルだった頃 一度だけ泊まったことがあります。

あの階段を上がる 露天風呂にも入った覚えがありますが 階段93段もあったんですね。
今は 上がる意欲無いな。

湯快リゾートになって お客さんが増えてるだろうに 内湯2つ 露天風呂も写真が撮れるなんて 驚きです。
初めての宿は夜眠れず! (hitareri)
2019-10-04 12:22:02
山陰の日々さんへ

実は、湯快リゾート「三好屋」は、お風呂の写真撮影は禁止です。我々が泊まったのは平日でしたが結構人が多かったです。土日・祭日はもっと溢れるばかりに多いでしょうね。しかし、初めて泊まった宿なので、できたら浴槽の写真がほしくて★入浴者が風呂に一人もいない時間帯に撮影しました★
・露天風呂は早朝の一番風呂(早朝6時前)
・関内の内湯は夜中の1~2時の浴室掃除の前(0時45分頃)と男女湯入れ替え後の午前3時頃
★入浴者が居ないのをよくよく確認し撮影しました★
宿のHPにも浴室・浴槽写真はあるので、浴槽の撮影が出来ない時はそれを利用させて貰おうと思ってました。が、初めての宿に泊まると私の場合、興奮して?(テンションが上がり)なかなか眠れないのです。「どうせ初めての宿で、夜、眠れないのなら、いっそ風呂にでも行こうか!!」で、運良く真夜中と、早朝に、無事?撮影出来ました。
そして次の日は一日眠かったです!(阿呆か!)次の日の宿は、常宿「ひだまり」だったので、何もかもよくよく勝手が分かっているので、夜は早くから爆睡・熟睡しましたよ。
私は数年前に車で通過 (屋根裏人のワイコマです)
2019-10-08 10:05:24
数年前に 国道9号線完走の車の旅でこの
湯村温泉・・国道9号から少し入って、狭い
街の中をぐるり一回り、「ここがあの吉永小百合
の夢千代日記の街なんだ~と数枚の写真を
撮っただけの湯村温泉でした。なのでその
中身は全然知る由もなく・・車の中から
しか
見ておりませんので・・今回の「湯快リゾート」
「湯村温泉・三好屋」よ~く判りました
北陸中心とした26軒のホテルを運営する
グループなんですね、少し研究してみます

コメントを投稿

兵庫の温泉」カテゴリの最新記事