湯めぐり四方山話

湯めぐりは 人・風物との出会い

有福温泉「御前湯」

2016-01-13 | 島根の温泉
山陰には、有福温泉という名湯がある。
ここの共同湯の湯は、大変に透明感があり美しい。
忘れてはならない郷里の大好きな共同湯。
私のプロフィール画像は「有福温泉・御前湯」の浴室風景なのだ。

・・・・・・・・・・温泉博士の雑誌に掲載された私の記事より・・・・・・・・・・・・・・

福有りの湯 肌にうるわし 有福温泉
         「御前湯」(共同湯)
                 島根県 有福温泉 外湯
                            ~女鷹ちゃん~

今は亡き私の祖母は「有福へ行ってくるで」と米を持って 
農閑期になると決まったように、いそいそと四~五日は出かけていた。

祖母の法事で帰省した折、祖母が好きだった「有福の湯」に家族四人で立ち寄った。
あの夏は海水浴帰りの客が「御前湯」(外湯)には溢れていた。
脱衣所の床も砂でザラザラし、ゆっくりとは「湯」を味わえなかった。

今回は、
幸いにも六月の平日に帰省でき「本来の有福」を味わう絶好のチャンスと意気込み、
実家の妹に頼んで車を出してもらった。

温泉街の外れにある無料駐車場の景色や御前湯に行くまでの狭い山沿いの石段は、
かすかに覚えがあった。



そのうちに大きいレトロ調の建物が見えてきて「御前湯」だった。

受付はユニークな円柱状の作りで味がある。
平日の朝十時の訪問なので脱衣所にも、人けがなかった。

脱衣所の壁側に浴槽に通じる湯の通り道がセメントでつくられていて、
その湯路の上は木の蓋が隈なく置いてある。
蓋の上に座ると温かい。

長椅子が、別に設けてあり「湯路の蓋には座らないように」と注意書きがあるが、
昔の雰囲気がそのまま残っている。

妹と来たのは小学生の時以来なので、はしゃぎながら浴室に入った。
先客が一人だけ、静かに体を洗っておられた。

浴室は明るく清潔で朝の光に溢れていた。

浴槽には透明な湯が並々と満ち溢れていて、うっとりとする光景だ。
久しぶりの郷里の湯に感激し静かに喜びをかみしめた。

石鹸もシャプーもボディソープもすべて揃っていた。
湯温は四十二~四三度くらいで入りやすかった。
湯は無色、無臭で信じがたいほど透明である。
「湯そのものがこの上ない宝」に感じられ、入浴中、何度も手にすくい、
色や臭いを確かめ、すべすべの湯を思い切り楽しんだ。
海水浴シーズンとは大違いの静寂なひと時。

入浴後は、二階の「有福温泉の歴史や写真」が展示してある休憩コーナーで一服した。
明治・大正時代の写真をみて、千三百五十年続いた古湯の歴史と風情を味わった。

有福には他に二つの外湯「早月湯(さつきゆ)」と「弥生の湯」がある。
早月湯のすぐ前に、新しく街中の「外湯巡り無料駐車場」ができていた。

車を停めた街はずれの無料駐車場の近くには「有福温泉荘(有福温泉療養研究所)」がある。
原爆被害者の方々の温泉療養所だ。
観光案内所の近くには温泉付きの老人ホームもできていた。

古くから温泉旅館や外湯が充実していた「有福」は
       山陰屈指の湯治場で、私の祖母が通い続けた山合いの名湯だった。

★有福温泉「御前湯(ごぜんゆ)」温泉データー★
(住所)  島根県 江津市 有福温泉町
(tel) 0855-56-3353
(入浴時間)  7:00~21:30
(休館日)   年中無休  だが・・ 
(2月頃に 源泉の掃除などで3~5日休みます。)
(入浴料) 大人(中学生以上) 300円
      小人(小学生)   100円
      家族湯    1000円(1時間)
(泉質)  アルカリ単純泉
(効能)神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
   うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
(湯温) 浴槽内 約42~45℃ (源泉温度47.5℃)
(駐車場)
  ・温泉街の中に一つ   ・やや街はずれに一つ     ★合計2つ無料駐車場あり
   (さつき湯の前)   (原爆療養所「有福温泉荘」の裏)
(交通アクセス) 
★車   江津駅・浜田駅から 20分 
     広島駅から  1時間30分
     松江から     2時間 
★バスで   江津・浜田駅から 35分
      ★広島駅から直通バス有り  1時間50分
『島根県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 関金温泉「関の湯」 | トップ | 出雲湯村温泉 「湯乃上館」... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よさそうだ~。 (温泉サムライ)
2016-08-22 16:10:35
本当に透き通ったきれいなお湯ですね(^_^)

近くにも数軒共同湯があって、
はしご湯も楽しめそうだ。

宿泊でどこかおすすめのお宿はありますか?
あったらコッソリ教えてくださいね。
では・・ (hitareri)
2016-08-22 20:19:09
旅館「樋口(ひぐち)」がいいと思います。
(ここは、実は私の家の遠い親戚で・・)
親戚なので「一度は来てくれ~!!」と言われていたので、同級生の従妹一家などと一緒に?行った覚えがあります。
私が小学6年の時でした。
「食事+お風呂」で丸一日、家族や親せきで休憩に利用したことがあります・・
それ以来行ってないですが・・
すごい内容の料理で、魚が多いし、質もよく、美味しく~もう虜になりました。お腹一杯!!
お風呂ももちろんよかったはずですが・・
食べた料理ばかり覚えているって、どれだけ当時から食いしん坊だったのか!!今も変わらず!!
実家が浜田市なので、有福温泉は日帰りができる範囲だったので・・他の旅館も泊まったことはありません。

下記に「有福温泉」の宿泊宿一覧HPを貼り付けました。(宿泊の予算と照らし合わせて検討してください)
http://travel.rakuten.co.jp/onsen/shimane/OK00715.html
いいですね(^_^) (温泉サムライ)
2016-08-26 21:02:48
客室に露天風呂を装備した本格的な旅館ですね。
お料理も海鮮物以外など充実していて良さげです。

温泉サムライ単独で宿泊するにはもったいないような。
たまにはのんびりゆったり静養するにはいいかもですが、
ついついはしご湯に右往左往。

結局最後は湯あたり、のぼせで疲れてしまうのです。
これが貧乏サムライの悲しい性なのであります。
有福温泉へ赴いた際は必ず寄りますね。

貴重な情報をありがとうございますm(_ _)m
貧乏サムライの悲しい性!? (hitareri)
2016-08-26 21:31:49
「貧乏サムライの悲しい性・・・」ですか?
我が家も、似たような状態です。
我が家の湯旅は、行った先の「地元の共同湯に一杯入りたいので」
泊まる所は・・ついつい温泉(お風呂)さえよければ、安くて清潔なところならどこでもOKです。

有福に行かれたら、「御前湯」「さつき湯」「やよい」などの共同湯にも行ってくださいね・・

コメントを投稿

島根の温泉」カテゴリの最新記事