【じごく耳】基本的人権は~現在及び将来の国民に対し侵すことのできない永久の権利として信託されたものである

国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。


今度の選挙は『市民+野党共闘』と(自民・公明+希望)の闘い。我らの主権を護ろう

2017年10月05日 | ☆ツブヤキ・つぶやき☆

 幽霊の正体見たり枯れ尾花』という諺がありますが、希望の党を立ち上げた東京都知事の小池氏を見て、直ぐにこの言葉が頭を

過りました。ただ、本来の意味(恐れられている人や物がつまらないものであることの例え)とは少し違います。

小池氏がつまらない訳ではなく、逆に都知事選では全く触れられなかった“思想・理念”が全面に押し出されて、現政権の安倍首相

の考え方に酷似していて、我ら民にとって「恐怖」の存在だという事が鮮明になったからです。

「正体を現したな~」という事でしょうか。

北朝鮮の危機を挙げて、彼女が以前から唱えていた憲法改正(平和憲法の柱である九条の改正が主)、憲法違反の安保法制の支

持、を掲げています。

現実路線だとか何とか言っていますが、北朝鮮に対して交渉の「こ」の字もしないで、挑発するばかりのトランプ政権の言いなりにな

る事なのでしょう。米国が予てから熱望していた“一緒に戦争しよ~”を実現するのでしょうか。

☆米国軍産複合体は「北朝鮮危機」のおかげで『特需』に沸いているようです

https://mainichi.jp/articles/20170927/k00/00m/030/072000c

こんな絶望的な理念の党と自民党、維新等と連携されたら、確実に我ら民の主権と平和が侵害されるでしょうね。

絶望、否、希望の党だとか名称は明るいけれど、彼らの思想や理念に我ら国民の明日は見えてきません。騙されてはいけない。

 崩壊した民進党の枝野氏が「立憲民主党」を立ち上げましたが、希望の党の小池氏は、その名称を「立憲ナントカ~」と小馬鹿にし

た発言をしました。彼女は、他の新党の名称すらマトモに覚えられないらしい。傲慢さが鼻につく発言に吐き気~!

それにも関わらず、この『立憲民主党』のツイッターは、僅か3~4日程で11万人以上のフォロワーがあったそうです。

小池百合子さん、市民の力を見くびってはいけない。

今度の選挙は、我ら民の知性と感性と人間力、洞察力の如何で決まります。

しっかりと候補者の発言の真偽を見極めましょう。

☆東京新聞10月5日

☆drサキ様より

 

 

 

 ☆西会津サウンドネットワークさんのブログより

☆安倍政権の4年10か月

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017100502000115.html

 

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「ミサイル来るぞ~!」煽り... | トップ | 大手新聞・テレビの方達、選... »
最近の画像もっと見る

☆ツブヤキ・つぶやき☆」カテゴリの最新記事