Hit-Chanのワクワクしてるよ!(Hit-Chan's WakuWaku Life!)

アメリカのミネソタでワクワクした事を綴っています。
Hit-Chan's exciting life in MN!

めいの米国のパスポートを取る (Get May-chan's US passport)

2019-08-19 08:54:37 | めいちゃん (May-chan)
どもども。
Hello!




皆様、いかがお過ごしでしょうか?
How's your day going today?




さて、めいの日本のパスポートを取った経験をこのブログでご紹介したんですが、今日はアメリカのパスポートを取った経験をシェアしていきたいと思います。
So, I already wrote how much time and energy I needed to get a Japanese passport for May-chan here. Today, I wanto to share my experience that I got a US passport for her here.




日本のパスポートの手続きに比べて、アメリカのパスポートを取るのはかなり簡単でした。
Compared to all the work that I needed to get her Japanese passport, the process and paperworks to get her US passport were much easier and less stressful.




まずは、こちらのサイトに行って申請書を作成します。
The first thing that I did was printing out an application form on this website.



日本と同じで、オンラインで申請書を入力してそれを印刷するか、空白の申請書を印刷して手書きで記入することができます。
Same as Japanese application, you can either enter your information online and print out the form or print out a blank application form first and fill your information by handwriting.




Hit-chanはオンラインでソーシャルセキュリティー番号というめちゃ重要な個人情報を入力するのが心配だったので、空白の申請書を印刷して手書きで記入する方法を選びました。
I personally preferred printing out a blunk form first and then handwriting May-chan's information since I was concerened about the risk to enter May-chan's SSN online.




必要書類は。。。
Here are the documents you need to apply for a US passport.




・申請書(新規申請・15歳以下・更新などで様式が違うので気を付けてください。)
Application form for children under 16 (FYI, application forms differ in first-time, minor, renewal...)



・子供の国籍確認書類とそのコピー1部(出生証明書を提出しました。)
U.S. Citizenship Evidence and 1 photocopy of it (We used birth certificate.)



・親子関係を証明する書類とそのコピー1部(出生証明書を併用できました。)
Parental Relationship Evidence and 1 photocopy of it (We used birth certificate for this too.)



・両親の身分証明書とそのコピー1部(私達はパスポートを提出しました。)
The parents' ID and 1 photocopy of it (We used our passports.)



・写真(申請する場所によって写真を撮ってくれる所もありますが、Hit-chanは日本のパスポートに使用した写真を米国のパスポート用のサイズに加工して使いました。)
※頑張って写真を撮って加工した様子はこちらの記事に書いています。
Photo (Some passport offices take a photo for you, but I took one at home, editied it online and printed it out at Target.)
Here's こちらの記事 how I took May-chan's passport photo.




そして、15歳以下の子供のパスポートを申請する際に、日本の申請手続きと大きく違うのは、アメリカで15歳以下の子供のパスポートを申請する場合は、両親揃って申請する場にいなければいけないという事です。
The biggest difference when applying for a passport for children under16 between Japan and the US is that both parents must autorize the issuance of the child's passport for US one. And the most simple way to do it is that both parents go to an office with the child in person for the passport.




一応、日本のパスポートの時も、シカゴ領事館のホームページには・・・
According to Chicago consulate of Japan's website,




アメリカにおいては、父母の双方が親権を有する場合に、一方の親権者が、子を他方の親権者の同意を得ずに国外に連れ出すことを刑罰の対象としています。実際に、アメリカへの再入国に際し、子を誘拐した犯罪被疑者として逮捕されたり、ICPO(国際刑事警察機構)を通じて国際手配される事案も生じており、当館では、在留邦人の皆様がこのような不利益を被ることを予防する観点から、子の旅券申請の際には、他方の親権者の不同意の意思表示がない場合であっても、旅券申請に関する両親権者の同意の有無を口頭にて確認させて頂いておりますので、あらかじめご承知下さい。
シカゴ領事館ホームページより
In a few short words, they say that in the US law, when both parents have the custody of the child, it's illegal that one parent takes out the child out of the country without consent from the other parent. Due to the rule, Consulate of Japan in Chicago, they verbally confirm that both parents agree to issue a Japanese passport for the child.




とあり、もちろんAndyっちは同意していたんですが、急にシカゴ領事館から電話がかかってきたりしてもビックリすると思うので、事前に書類到着の確認の電話をした時にその事を尋ねたら、「この電話で確認としますから、大丈夫ですよ。」との事で、Andyっちが出るまでもありませんでした。(笑)
Of course, Andy agreed on me applying for May-chan's Japanese passport. Though, I thought that he would want to be mentally prepared for a call from the Japan consulate so I asked them how and when they would call Andy to get his consent. Then, the person on the phone said, "Oh, we can make this conversation with you as the confirmation, so it'll do." So..., they didn't even need Andy to talk to them. LOL




そんな感じで、両親の同意という点だけで見れば、アメリカの方が日本の手続きよりもかなり厳しめです。
Just like I said, only in the point of parents' agreement for the issuance of child's passport, the US rule is way more restrict than the one in Japan.




上記の書類を自分で記入して、パスポート申請の受付をしてくれるオフィスに提出します。
(既に持っているパスポートを更新する場合は、一定条件を満たしていると郵送で更新できるみたいです。)
Anyways, when you get all the documants ready, you go to a passport acceptance facility and submit your application.
(When you renew your passport and meet some conditions, you can do the process by mail too.)




この受付をしてくれるオフィスですが、こちらで検索すると家の近くのオフィスを教えてくれます。
To find a facility near you, this online page will help you.




Hit-chanもこれを使って近所のオフィスを検索したんですが、20マイル以内に10か所ありました。
I also searched on the website and found 10 offices within 20miles from my houes.




ただ、オフィスによっては、新規や15歳以下のみ受付などの条件があったりするので注意です。
Still, depending on the office, they only accept applications for first-time or minor, so you want to pay attention if they would accept yours or not.




幸いにも、我が家から一番近いオフィスでは15歳以下の申請可能で、事前にオンラインで予約してからという事だったのですごく便利でした。
Luckily, the one closest from our house accepts application for minor, and it was very convenient that I could make an appointment online beforehand too.




で、先に言った通り、AndyっちとHit-chan、めいの両親共に申請オフィスに出向かないといけないので、Andyっちの仕事終わりの時間に予約を入れて行ってきました。
As I said above, both Andy and I had to be present to submit the application as May-chan's parents, so I made an appointment on a time that Andy can make after work.




申請書を提出すると、すべての書類の確認がされて、その後その書類に偽りが無いという宣誓?(受付係の方の前で手を挙げて「間違いありません。」と言う。)をしました。
At the office counter, the lady reviewed the application and all the documents at the counter, and we took an oath that the information on the documents were correct.




実は、持って行っためいの写真ですが、写っているめいの顔のサイズが規格サイズよりちょいと大きかったんです。
Speaking of the picture that I took for the passport, May-chan's face on it was a little bit bigger than the standard size. Oops!




ですが、受付係の方がボスに確認してくださり、ボスが「これくらいなら無問題!」と言ってくださったので、無事、書類を受け付けてもらえました。(日本だとダメって言われてただろうなぁ。アメリカのこういう柔軟なところ、好き。笑)
So, the lady at the counter asked her boss about it, and thankfully, he said "This should be fine!" (I bet that Japanese office is generally too restrict to accept even such a tiny gap. I really like it when they are very flexible even in the government work.)




で、通常ならばパスポートが送られてくるまでに6週間から8週間の時間がかかるそうで、日本では最短で6日間で取得できるのに比べるとえらい長いですねぇ。
They usually take about 6-8weeks to issua a passport, and it's way longer than the procedure to get a Japanese one, 6days at the fastest.




この書類を提出したのが7月15日。
Andy and I submitted the application on July 15th.




めいと日本に行くのが9月最初の週なので、念のために「お急ぎサービス」を利用する事にしました。
I took May-chan to Japan on the first week of September, so we chose to use thier expedited service just in case.




このサービスを利用するとですねぇ、通常6週間から8週間かかるところが、なんと2週間から3週間で作ってもらえるのです!
When you use the expedited service, you can cut the process time from 6-8weeks to 2-3weeks!




ただし、当然ですが手数料がかかります。
Of course, you need to pay some money for the privilege.




日本のパスポートは全部で$55で作ってもらえましたが、アメリカのパスポートは「お急ぎサービス」手数料も含めて、全部で$175でした。(高ーい!!)
I could make May-chan's Japanese passport for $55, but it costed $175 for total to make her US passport including the expedited fee. (So expensive!)




内訳で言うと、申請料が$80で、オフィスに払う手数料が$35、そして「お急ぎサービス」手数料が$60。
The details are $80 for the application fee, $35 for the acceptance fee and $60 for the expedited fee.




いやぁ、もっと早く申請しておけば、$60を節約できたのに・・・無念。
Oh well, if I had started working on the application earlier, I could have saved the $60...Too bad.




で、7月15日にオフィスに出向いて申請書を提出し、「お急ぎサービス」のお陰で、その12日後の7月27日に無事パスポートが郵送で送られてきました!
Anyways, 12days after we submitted the application on July 15th, we could get May-chan's passport on July 27th by mail thanks to the expedited service!!





こちらが記念すべきめいの最初のアメリカのパスポート
This is her first US passport!





これも期限が切れても思い出に残して置くんだろうなぁ。
I'm going to keep this even after it expires for sure.




という訳で、めいのアメリカのパスポートも無事に取れたので、これで初の日本旅行に向けて一番大事な準備が終わりました!!
Okay, this is all how I got May-chan's US passport. Now, she has both passports and are ready for her first trip to Japan!!





↓応援クリックお願いします。(Please click these buttons to vote for my blog.)



にほんブログ村
Comment   この記事についてブログを書く
« 気になっていたガーデンに行... | TOP | BMWじゃなかった! (It wasn'... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | めいちゃん (May-chan)