ド素人のFx投資☆ 難しいチャート分析はやめて市場の空気を読む!

Fxとは外為証拠金取引のこと。高度なチャート分析は素人には難しすぎます。市場心理を読んで勝ち組素人を目指します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

来週の相場見通し 2007.7.2-6

2007年06月30日 14時52分56秒 | 来週の相場見通し
【現状分析】
6/26の日本当局の発言がきっかけで仕掛け的な円買いが起こり、27日のNY午前までだいぶ下げた。しかし27日のNY株が反発したことで円は急速に売り直され、FOMCを無難に通過して円は一段安。ただ、29日のNY株がザラバで大幅下落する場面では円買いが先行し、未だNY株との連動状態。今後もNY株に一喜一憂する展開が続くと思われ、難しい対応を迫られそうだ。さすがに中国株との連動はなくなってきたが、米中貿易摩擦はそれなりに要警戒。

また、円ショートは相変わらず高水準で、反転エネルギーは今年2月末の世界同時株安の時と同等だ。週中の円高のように、盤石に見えた円売りの空気にもやや変化が出始めているのかもしれない。ドルはFOMCで早期利上げ観測が後退し、金利低下で本格的なドル安になりそうな勢いである。対円でも相当上値の重い展開が続くと思われ、場合によっては122円台への下落もあり得そう。ユーロはドルの弱さにより上げていて、再び1.36ドル台を目指す展開が続いている。ポンドも早期利上げ観測とドルの弱さにより再び2.00ドル台に突入し、さらに上を目指す展開。豪ドルは対円で一時105円乗せも失速、一段の上値追いにはやや材料不足か。NZドルは直近高値更新後に失速、介入も警戒されるので押し目買いを徹底したい。カナダは最近の経済指標が冴えず、インフレの加速も見られないことから上値は追いづらい。スイスは経済好調で、当局のスイスフラン安牽制発言が続き、堅調な展開が見込まれる。


【来週の見通し】
来週は月に日銀短観が発表されるが、弱い場合のみ円売り材料になるぐらいだろう。

ドルは月木の景気指標、金の雇用統計と失業率が注目される。良い数値が出てNY株式市場が好感するようであれば、円売りに追い風となる。

ユーロは火のPPI、失業率、水の小売売上を見ながら、木のECB政策金利発表となる。政策金利は据え置きだろうし、今までのパターンからしてあまり材料にならないだろう。

ポンドは木の政策金利に注目、利上げでも据え置きでも動きがありそうだ。

豪ドルは火の小売売上、水の政策金利、貿易収支に注目で、上値追いの材料になるか。

NZドルは特に指標はなく、介入の可能性を睨みつつ下値を拾う戦略になろう。

カナダは木の景気指標、金の失業率で、先々週の小売売上と先週のGDP下ぶれの汚名返上なるか。

スイスは月の景気指標、火のCPI、金の失業率で一段の上昇なるか注目したい。


短↑↓ドル円 :123.9と122.4(状況により123.0)付近で逆張り
↑ EURドル :買い
↑ EUR円 :165.5付近で押し目買いか167抜けで追っかけ買い
↑ ポンドドル:水までは買い、以降政策金利に注目
↑ ポンド円 :246.2付近で押し目買いか248抜けで追っかけ買い、木以降政策金利に注目
短↑ 豪ドル円 :104.2付近で押し目買い目標105.0付近、水に利上げあれば買い
短↑ NZドル円 :介入後の押し目買い短期
× カナダ円 :水まで様子見、以降指標次第
↑ スイス円 :99.5-100.0付近で買い目標100.8付近、101抜けで追っかけ買い
※NY株は常に注目、大幅下落には要注意。なお、水は米国独立記念日でNY休場。

1クリックご協力を
『為替』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カナダドルが荒っぽい | トップ | 情報源 -My Strategy6- »

コメントを投稿

来週の相場見通し」カテゴリの最新記事