SERENDIPITY

求めずして思わぬ発見をする能力。私が一番大切にしている感覚です。

ヒロト新ユニットで「第九」を歌う☆

2007年10月26日 22時59分08秒 | MUSIC
なんとなく、ダウンタウンDXを見てたんです。
エンディングテーマが流れてきて、
声がどう聞いてもヒロト。
でも、クロマニヨンズではない。
よーく見てみるとやっぱりヒロトの姿が。



甲本ヒロトが新ユニット“藤兵衛ドンと農民たち”を結成。
10月31日に1stシングル「よろこびのうた」をリリースすることが決定した。

この曲はベートーベンの交響曲第9番第4楽章「喜びの歌」のカバー。
日本では年末の風物詩にもなっているクラシックの代表曲を、
ヒロト扮する藤兵衛ドンがロックアレンジしたナンバーだ。
ロック、ベートーベン、農民という3つの異なる要素が合体。
これまで音楽の歴史の中で幾度となく試みられてきた
「ロックとクラシックの融合」とは、
ひと味違った仕上がりが期待できそうだ。

初回限定盤は2種類の仕様を発売。
初回盤Aバージョンには収録曲のビデオクリップを収めたDVDが付き、
Bバージョンはかるた絵柄のデカジャケ仕様となっている。

農民って・・・
ヒロトの頭の中はどうなってるんでしょう?(笑)
いろんな活動をするのは大いに賛成ですが、
クロマニヨンズ活動休止とか解散とか
そういう流れになるのだけはやめてー!
ずっと続けてくださいヒロトさん!



コメント

アンパンマン☆

2007年10月24日 22時37分48秒 | DAILY LIFE
JR高槻駅近くのミスドにて、素敵なドーナツ発見!



名前をファンシーと言います。
ファンシーって毎回違うトッピングのような気がします。
かわいすぎるぞアンパンマン!

席についた時に小さい子供が覗きこんできました。
その時、ふっと我に返って、
子供用のドーナツやのに大人の私が先に買っちゃったと
反省しました。
売り切れだったらごめんよー

大人もとりこにするこのドーナツ、
おみやげにしても喜ばれるね☆


コメント   トラックバック (1)

人生初の栗拾い☆

2007年10月24日 22時26分56秒 | DAILY LIFE
先日、人生初の栗拾いをしました!
味覚狩りとか好きやのに
栗拾いをしたことなかったなんてビックリ!

宝塚駅からバスで20分ほどのところにある、
森脇観光農園さんへおじゃましましたー。

朝、11時に宝塚駅に着いた私達。
バス乗り場へ行くと農園方面へ行くバスが、
なんと、もう終わっていた(笑)
土日のダイヤは7時台と10時台に1本あるのみで終了・・・。
あえなくタクシーに乗りました。

農園に着くと受付を済ませたら、
荷台にたたみ一畳が敷かれている軽トラックが現れました。
「えーこれに乗るのー?」とビックリしたけど、
テンションはめっちゃ高い。
荷台に乗って山道をゆっくりゆっくり進みます。
遊園地のアトラクションを体験してる感覚です。
ぐんぐん登った先に栗の木がたくさん植えられた、
見晴らしの良い山のてっぺんに着いたー。

そこで栗をはさむハサミを借り、
いざ、栗拾い開始!!
シーズン的には終わりかけだったので、
近場はほとんど拾われた後だった。
新鮮な栗を求めて奥へ奥へぐんぐん進みます。
歩き回った末、立派な栗がありましたー。



へとへとになるまで歩いてたっぷりゲット!
一人800グラムまで持ち帰れます。
大きいサイズばかりを取って帰ってきたら
現地のおっちゃんにこんな立派な栗を取ってきたお客さんは
今までいなかった!と誉められ、
後からくるお客さんに栗拾いスポットを教えてあげてと
言われるほどでした。ヤッター!


頑張った後はお待ちかねのお弁当タイムです。
この日は主食は各自好きなもので、
おかずを持ち寄ろうって話になってたので、
それぞれが用意したおかずを広げて頂きました!



私が作ったのは・・・
*鶏つくねの照り焼き
*じゃがいもとツナの煮物
*シーフードサラダ
久々に料理したー☆
みんなの作ってきてくれたおかずも美味しかったです。

今回は時間がなくて芋掘りは断念しましたが、
来年は芋掘りもしたい!!

さて、持って帰った栗、
どう料理しましょう・・・。
結果は近日公開しまーす。



コメント (3)

ラーメン山頭火に行ってきました☆

2007年10月13日 20時12分48秒 | DAILY LIFE
試写会の帰りに西新地にあるラーメン屋さんへ行きました。
友人に教えてもらいました!
山頭火っていうラーメン屋さん。
小奇麗な店内で女同士でも気持ち良く入れますー。

オーダーしたのは、しおラーメン。



見た目はとんこつラーメン?と思っちゃうほど白い。
この白湯スープが名物らしいです。
塩分控えめの体にやさしいスープなんだとか。
最後の一滴まで飲めちゃうほど美味しいですー☆

涼しくなってきた今日このごろ、
ラーメンや鍋などあったかメニューの季節ですね。



コメント (2)

映画『クワイエットルームにようこそ』REVIEW☆

2007年10月13日 19時47分53秒 | CHINEMA
監督 松尾スズキ

出演 内田有紀 、宮藤官九郎 、蒼井優 、りょう 、中村優子 、高橋真唯ほか
   大竹しのぶ、妻夫木聡ほか

佐倉明日香、28才、バツイチ。職業フリーライター。
締め切りに追われ、仕事に行き詰まる毎日。
同棲相手とも、すれ違いの微妙な状態。
そんなある日、目が醒めると、見知らぬ白い部屋にいた。
そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる閉鎖病棟だった…。



松尾スズキの長編監督第2作は、
06年度134回芥川賞にノミネートされた
松尾自身による同名小説の映画化で、
松尾自らが脚本も務めている。
出演は、フリーライターの明日香役に内田有紀、
同棲相手の放送作家・鉄雄に宮藤官九郎、
患者役には蒼井優、大竹しのぶ、ナース役にはりょう、
鉄雄の子分役には妻夫木聡。



友人のお誘いで、試写会に行って参りました。
主題歌を担当しているLOVES.のライブ付きでした。

冷静に考えるととっても重たいんだけど、
個性的なキャラと笑いでシニカルに描いている作品。
ちょうどいいタイミングで少しずつ
主人公がクワイエットルームに来た理由がわかります。
ほんとに笑いが絶えなかった。細かいところまですごい。
内田有紀主演ってのも久々やったけど、
この人、老けないなぁー。

試写会ってこともあって、普通の劇場よりも
大笑いしてる人がたくさんいました(笑)
私もその一人でした。


コメント