SERENDIPITY

求めずして思わぬ発見をする能力。私が一番大切にしている感覚です。

DVD『THE 3名様』REVIEW☆

2006年06月24日 21時42分56秒 | DAILY LIFE
監督・脚本: 福田雄一
 「水10!ココリコミラクルタイプ」「SMAP×SMAP」などで注目の構成作家。 
 劇団<ブラボーカンパニー>の座長として、
 作・演出を手掛ける一方、映画『逆境ナイン』では脚本を担当するなど、
 幅広いジャンルで活躍中

原   作: 石原まこちん
 『THE3名様』週刊ビッグコミックスピリッツ(毎週月曜発売)連載中!!



THE3名様とは、
小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」に連載中の石原まこちん原作のマンガ。
このマンガの大ファンであった俳優3人がプロデューサーに
直談判したのが企画の発端なのだ。
2005年夏、秋と2作続けて(季刊誌的に)発売され、大きな話題を振り撒いた。DVDオリジナルコンテンツながら大ヒットの快挙を成し遂げ、
この春、待望の第3弾発売となった。

この秋、公開が待たれる
「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」の
塚本高史、佐藤隆太、岡田義徳の3人が、
グラウンドからファミレスに舞台を移し、
ドリンクとポテトフライを手にひたすらダベりまくる「THE3名様」。

友達からこのDVDの存在を聞き、
兄に連絡したらすでに持っているとのことで
名古屋から大阪に来るときに持って帰ってきてもらった。
これが、超おもしろい。
青春空振り系、脱力コメディ。
青春遅咲き型、ゆるゆるコメディ。
など、ゆる~いサブタイトルがついています。
しかもこの3人、私の大好きな3人。
熱いです!熱すぎます!
でも、こんなDVDの存在を知ったのはごく最近で情けない・・・
情報に疎くなってきてるなぁー反省・・・。



興味のある方は一度、ご覧下さいませー☆




コメント

SAMURAI BLUE☆

2006年06月24日 21時16分23秒 | DAILY LIFE
連日のサッカー放送でずっと寝不足です。
いろんな国のプレーを見るのは楽しい☆

日本は残念ながら予選敗退でしたが、
みんなよく頑張ったー☆お疲れ様です。



ブラジル戦試合終了直後、中田(英)がピッチから
起き上がらなかった。
この光景には胸を打たれた人は多いと思います。

中田は3大会連続出場しているけど、
次の2010年の大会には出場できるかわからないし、
きっと体力的にも年齢的にも今大会に懸けていたと思います。
最後のワールドカップかもしれないと思うと、
中田と同世代の私はすごく複雑なキモチになって、
中田の涙を見た瞬間、泣いてしまいました。



そして、私がもっとも応援している宮本キャプテン。
イエローカードの累積でブラジル戦には出られなかったけど、
ベンチから一緒に戦っていました。
彼もまた、同世代なので、複雑なキモチだったと思います。
ピッチから起き上がらない中田に声をかけたり、
三都主や他の選手にも声をかけていました。

サッカー好きな私がブログでワールドカップのことを
書かないのはなんでー?と感じていた人もいるかもしれませんが
日本の試合はハラハラ・ドキドキしてしまって
コメントできなかったのだー。

日本代表のみなさま、サポーターのみなさま、
お疲れ様でした!熱い日々をありがとう!!


コメント

映画『嫌われ松子の一生』REVIEW☆

2006年06月24日 20時40分00秒 | CHINEMA


監督 中島哲也
出演 中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子

山田宗樹の人気小説を映画化した話題作。
昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。
お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。
夢を抱いて就いた教師の職をクビになり、
どうみてもダメダメな文学青年にお金を貢ぐ日々。
やがてソープ嬢となり、挙げ句の果てにヒモを殺害。
刑務所に入ることに。
そんな壮絶すぎる女・松子の人生は、不幸なはずなのに、
なぜか彼女を応援したくなってくる。
男たちに利用され、搾取され、捨てられる松子。
でも彼女は誰を責める訳でもない。
53歳、河川敷で死体となって発見された彼女の生涯を探る甥が見たものは?

「下妻物語」の中島監督がCGやミュージカル・シーンを挿入するなど、
原作小説に敬意を払いながらも挑戦的な演出で、
愛すべき松子の一生を作り上げた。



映画の演出は色や花のCGなどが印象的で
とってもかわいい。
内容は結構、過激だったけど、なぜか笑える。
そして、脇役も知らない人がほとんどいない。
↑上の画像左は東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦。
↑左の画像は官藤官九郎。



↑中谷美紀の新境地となる作品だったかも?


コメント (2)

映画『DA VINCH CODE』REVIEW☆

2006年06月23日 05時31分44秒 | CHINEMA
監督 ロン・ハワード
出演 トム・ハンクス 、オドレイ・トトゥ 、イアン・マッケラン 、
   アルフレッド・モリナ 、ジャン・レノ



ルーヴル美術館で起きた館長殺人事件。
容疑者となったラングドン教授は、
無実を証明するために被害者の孫ソフィーと共に、
ダ・ヴィンチが仕掛けた 最大の謎に挑んでいく。
24時間、ヨーロッパを横断する壮大なサスペンス・ミステリー。
2000年間隠されてきた、人類の歴史を揺るがす謎とは?

2003年の刊行以来、44カ国語に翻訳され、
全世界で5000万部を超える驚異の大ベストセラーとなった
ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」。
事実に基づきながら、独自の解釈と大胆な想像力を加え、
超一級のエンタテインメントに仕立てられたこの小説は、
日本でも510万部を突破、現在も売り上げは伸び続けている。
この空前の大ヒットを受けて、
ダ・ヴィンチにまつわる数々の謎について語られた関連本が続々と刊行、
TVでも特集番組が組まれるなど、
もはや「ダ・ヴィンチ・コード」は小説を超えた社会現象と化したのだ。

ワールドカップ日本VSブラジルを見ながら更新してます。
眠さとの戦い・・・。
今、前半を終わったとこ。

さて、今年最大の話題作、見てきましたー☆
ルーブル美術館へも行ったことがあるので、
映像を見るのが楽しみだった。

本を読んでいたのでストーリーは把握していた。
キリスト教の歴史とか、ダヴィンチの謎とか、
ロマンを感じずにはいられません。
本の中ではわかりにくかったことが、
映像によって再確認できてよかった。

主役のロバート・ラングドンは、
ダン・ブラウンのほかの作品にも出てくるので
本読んだときに、トム・ハンクスの顔を想像してしまいそう。





 
コメント (3)   トラックバック (3)

京都、宇治へ☆

2006年06月18日 13時18分35秒 | TRAVEL
高校時代からのお友達と宇治へ行って参りました。
朝から曇りで、途中から本格的な雨・・・
梅雨だからしゃーない!

お京阪に乗って宇治へ。
電車降りたらすぐに有名な宇治橋が見えた。



↑紫式部像と宇治橋


そして日本かおり風景百選の道でもある、
平等院表参道を歩いて平等院へ。
宇治茶のいいかおりがたまりません!!

10円玉のデザインとしても有名な平等院ですが、
世界遺産にも登録されています。

平等院は1052年、関白藤原頼道によって開創され、
鳳凰堂はその翌年の1053年、
阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂として建立されました。

いにしえのロマンを感じましたー。
現在は平成大修理をしていて、
国宝をすべて拝観することはできなかったけど
阿弥陀如来像は見ることができました。



その後、もう一つの世界遺産、宇治上神社へ。
本殿は平安時代後期に建てられた
現存するわが国最古の神社建築であります。
ひっそりとした感じでしたが、
ずっと昔からここに建ってるんやなぁーと思うと
なんとも言えない気分になります。

観光を終えたので、休憩・・・



↑茶だんごと煎茶セット

宇治といえば、お茶!!
茶だんごは甘さひかえめでおいしい。
煎茶は一人ずつ小さな急須がついていてかわいい☆
自分用の急須が欲しくなりました。

次回は、平等院の修理が終わった頃に
桜の季節と紅葉の季節に訪れたいと思います☆


コメント (3)