保険屋さんは腹黒くなければ生き残れない

いろいろ勉強している選ばれたファイナンシャルプランナーと保険屋さんを一緒にしては駄目だ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

適切な治療の為には 保険に詳しいFPよりも医療に詳しいFP

2017-05-18 21:30:00 | 妄想

保険相談

前立腺がんを患ったお客様のお父様の話。

お客様のお父様(70歳)が67歳の時に前立腺がんに

なってしまいました。お医者様の言う通りに治療したのですが、

手術をしたことによって尿漏れの後遺症でずっと悩んでおられました。

医療保険に加入されていたので、ちゃんと給付金も振り込まれ

保険や保険の担当者に不満は全くないとのことでした。

先月お客様から相談がありました。

お父様が骨盤にガンが再発したというのです。

紹介した病院(病院というよりも専門医)で放射線の名医の

治療を受け 完治。

その時 その先生が

「前立腺も私だったら手術なんてせず、尿漏れなんて

100%なかったのに 残念です。」との話。

医療保険が必要だとお考えの方へ

是非 保険に詳しいFPでは無く医療に詳しいFPを担当者に

するべきです。

そんなFPが病気の時に最善の治療と保険をサポートします。

保険マンモスは全国で優秀なFPを手配してくれます。

保険相談 

私は保険募集はしていないFPなので、質問、相談だけなら

承ります。

 

『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「知りたいこと」と「知るべ... | トップ | 舌ガン 地元で舌を半分切る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

妄想」カテゴリの最新記事